サラリーマンのたかがみの部屋です。

【改善】職場の雰囲気が悪い原因と対処法【辛い毎日からストレスゼロへ】

悩んでる人
悩んでる人

・職場の雰囲気が悪い、辛い

・職場の雰囲気が悪いせいでストレスを抱えている

・職場の雰囲気が悪いときはどうしたらいいんだろう

こんな風に考えていませんか?

 

 

✔記事の内容

・職場の雰囲気が悪い理由

・職場の雰囲気が悪いのは改善できない

・【体験談】職場の雰囲気が悪い中で働き続けるとどうなるか

・職場の雰囲気が悪いときの対処法

 

職場の雰囲気が悪いと辛いですよね。

毎日長い時間を過ごす職場は気持ちよく過ごしたいものです。

 

空気の悪い中に長時間いると、非常に暗い気持ちになります。

 

結論をお伝えすると、職場の雰囲気が悪いのは改善できません。

もしもあなたが、職場の雰囲気を変えようと努力しているなら、無駄なのでやめましょう。

職場の雰囲気を変えようとすると、あなたは多大なるダメージを受けます。

 

それよりも自分を大事にした働き方をしていきましょう。

 

本記事を読むことで雰囲気の悪い職場で苦しむことがなくなり、自分を大事にした働き方ができるようになります。

 

職場の雰囲気が悪い理由

職場の雰囲気が悪い理由をお伝えします。

職場の雰囲気が悪い原因は大きく分けて2つあります。

・仕事内容がしんどい

・働いている人間がヤバい

 

順番に解説します。

 

 

職場の雰囲気が悪い理由①仕事内容がしんどい

 

職場の雰囲気が悪い原因①は仕事内容がしんどいからです。

 

仕事内容によって職場の雰囲気は大きく変わります。

仕事内容がしんどいとストレスが溜まりますよね?

みんながイライラするため雰囲気はどんどん悪くなります。

たとえばクレーム処理などがわかりやすいでしょう。

クレーム処理は誰もやりたくありません。

 

誰もやりたくない仕事の場合、押し付け合いが発生します。

押し付け合いがあると、助け合うはずの仲間が敵になるのです。

 

職場の雰囲気は最悪になります。

 

 

職場の雰囲気が悪い理由②働いている人間がヤバい

 

職場の雰囲気が悪い理由その②は働いている人間がヤバいときです。

仕事がまともでも働いている人間がヤバい場合、雰囲気は悪くなります。

 

✔やばい人の例

・パワハラ上司

・人間関係をかき乱すお局さん

・話を聞かない後輩

・働かないおじさん

 

やばい人がいる職場だと雰囲気が自然と悪くなります。

人間関係の悩みは非常に深刻です。

 

たかがみ
たかがみ

やばい人と一緒にいると、人間はすぐに病みます。

私もやばい人に囲まれて病んだ時期がありました。

 

やばい人にはできるだけ関わらないようにしましょう。

 

職場の雰囲気は変えることができない

職場の雰囲気が悪い場合、職場の雰囲気を変えようとがんばっていませんか?

 

職場の雰囲気を変えようとするとあなたがしんどい

 

悩んでる人
悩んでる人

自分が職場の雰囲気をかえてやる!

 

この考えは素晴らしいことですが、辞めたほうがいいです。

職場の雰囲気を変えようとすると、あなたがしんどい思いをします。

大変な仕事とやばい人がいるから雰囲気が悪いわけですよね?

 

雰囲気を変えようとすると、それらを抱える必要があります。

・仕事を押し付けられる

・やばい人の相手をさせられる

あなたがどんどんツラくなっていきます。

 

 

職場の雰囲気は変えることができない

職場の雰囲気が悪いのは改善できません。

職場の雰囲気を変えられない理由は、原因が対処不能だからです。

 

どんなことでも変えるためには原因を取り除く必要がありますよね。

雰囲気が悪い理由は先述の通り2つです。

・仕事内容がしんどい

・人間がヤバい

 

この2つは基本的に変えることができません。

・部門の仕事内容はあなたの裁量に関係なく、会社が振り分ける

・他人を変えることは不可能

 

原因を取り除けないため、職場の雰囲気は改善できないのです。

 

【体験談】職場の雰囲気が悪い中にいるとどうなるか

私の体験談を少しだけお話させてください。

職場の雰囲気が最悪のところで働いていました。

・仕事内容はクレーム処理

・残業時間は100時間越えが当たり前

・パワハラ上司

・仕事の押し付け合い

 

夢と希望にあふれていた私は雰囲気の悪い職場を変えようと必死に頑張りました。

しかし、職場の雰囲気は変えることが不可能ということを悟ります。

人間一人の力ではどうしようもないことは存在するのです。

それでも頑張り続けたら、非常に大きなストレスを抱えました。

ストレスが蓄積され続けた結果、私は30歳の若さでガンになりました。

発見が早かったため、後遺症などはなく現在は元気に過ごしています。

 

しかし、少し発見が遅れていたら死んでいた可能性がありました。

この経験から雰囲気の悪い職場を変えるよりも、自分を大事にするべきだと思うようになりました。

私の例はやや極端だとしても、自分を大事にした働き方の重要性はわかると思います。

 

 

職場の雰囲気が悪いときの対処法

職場の雰囲気が悪いときの対処法をお伝えします。

基本的には「自分を大事にした働き方」をしてください。

 

✔自分を大事にした働き方

・仕事を断る

・いい人にならない

・転職活動する

 

順番に解説します。

 

対処法①仕事を断る

 

対処法①は仕事を断りましょう。

雰囲気の悪い職場の仕事はしんどいだけです。

できる限り仕事を断ってください。

 

鬼上司
鬼上司

仕事を通して経験を得ることは大事だ!

仕事は断らずに何でもやらなくては!

この考えは場合によっては、正しいです。

 

しかし、しんどい仕事が必ずしも経験につながるとは限りません。

雰囲気の悪い職場の仕事は基本的に後ろ向きなものばかりです。

後ろ向きな仕事では得るものはありません。

・成長にもつながらず

・しんどいだけ

あなたにとってプラスになることはありません。

やる意味はないので、断りましょう。

 

 

対処法②いい人にならない

 

対処法②は嫌われる勇気を持ちましょう。

雰囲気の悪い職場でいい人になろうとすると地獄です。

 

悩んでる人
悩んでる人

真面目に頑張っていれば、誰かが見ている。

いつか、いいことがある。

 

これは幻想です。

少なくとも雰囲気の悪い職場ではありえません。

 

あなたの人の好さに付け込んで

・仕事を押しつけられる

・嫌な仕事ばかり回される

・責任だけ取らされる

 

職場のためにあなたを犠牲にする必要は一切ありません。

自分のことを最優先にした働き方をしていきましょう。

 

対処法③転職活動をする

 

雰囲気の悪い職場の対処法③は転職活動をしましょう。

根本的な解決を図るには、別の職場で働くしかないからです。

 

雰囲気の悪い職場にいてもプラスになることはありません。

見切りをつけて転職してしまいましょう。

 

悩んでる人
悩んでる人
転職は怖いな

 

転職は人生の大きな決断のため、恐怖を感じるのは自然なことです。

しかし、転職と転職活動は全く別物です。

 

とりあえず、転職活動をしてみて、条件の良いところから内定が出てから転職を真剣に検討すればよいのです。

私も最初は恐怖を感じていました。

 

そんな人には転職エージェントは非常にお勧めです。

担当として親身にサポートしてくれるからです。

・転職活動のすすめかた

・転職の方向性の考え方

・現在の仕事の悩み

・キャリアプラン

 

転職エージェントに登録は無料です。

転職活動にはデメリットが一切ないため、やらないほうが損をしています。

 

私も転職エージェントに話を聞いてもらって不安を解消していきました。

 

 

職場の雰囲気が悪い原因と対策~まとめ~

 

職場の雰囲気が悪い原因と対策

・職場の雰囲気が悪い原因は仕事か人間

・職場の雰囲気は変えられない

・雰囲気の悪い職場にいると病む

・雰囲気の悪い職場から離れよう。

 

雰囲気の悪い職場にいてもいいことは何もありません。

・仕事で成長できない

・ストレスを抱える

 

基本的にはテキトーに仕事をやり過ごしながら、別の職場で働けるように動きましょう。

 

別の職場で働く方法

・異動のチャンスを待つ

・転職活動をする

 

もしもあなたがすぐに異動できそうな状況ならば、異動を待つのはありです。

しかし、いつ異動できるかわからなかったり、異動できない状況の場合は転職活動しましょう。

 

そもそも、異動は自分の力だけではどうしようもありません。

しかも異動先は自分の力では選ぶことができないですよね?

会社側に主導権を握られている状況です。

 

転職は、自分で能動的に職場を選ぶことができます。

転職活動で自分の希望に合った会社を選んで応募していけばいいのです。

・年収アップ

・やりたい仕事

・雰囲気の良い職場

 

私は転職によりこれらをすべて手に入れました。

 

転職活動は早ければ早いほどいいです。

なぜなら、早いほど選択肢が増えます。

 

今の職場はいつか抜け出そうと考えていますよね?

 

そのためのアクションはすぐにでも起こしましょう。

人生を変えるのは行動だからです。

 

この5分の行動があなたの人生を変えることになります。

 

自分の人生の主導権を自分で握りましょう。

最新情報をチェックしよう!