サラリーマンのたかがみの部屋です。

【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法【すぐ実践できて効果がある】

・仕事の繁忙期である

・部署全員が忙しいので甘えていられない

悩んでる人
悩んでる人
仕事が辛いけど頑張らないといけない。
頑張る方法を知りたい。

どんな仕事にも年間を通じて繁忙期と閑散期という波がありますよね。

繁忙期には「仕事の頑張りどころ」が発生します。

あなたは今仕事が辛いけど、頑張らなくてはいけないという状況にいるのではないでしょうか?

繁忙期に「残業月150時間越えが3か月続く」という経験をした私が、自身の経験の中で編み出した「仕事の頑張り方」をお伝えします。

この記事を読むことで、仕事が辛いときに頑張ることができるようになります。

誰にでもすぐに実践できて、効果のある方法を9つ紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

そして「仕事を頑張らない方法」についても、あわせてお伝えしたいと思います。

仕事を頑張らないということも非常に重要なことです。

矛盾しているようですが、最後までお読みいただくことで、理由がわかります。

 

仕事が辛いときに頑張る方法を全部で9つ紹介

仕事が辛いときに頑張る方法をお伝えします。

最初に結論をお伝えすると、仕事が辛いときに頑張るための方法は、大きく分けると2種類です。

・上手に休むこと

・上手に気分転換すること

上手な休み方を5つと上手な気分転換の方法を4つ紹介します。

 

仕事が辛いときに頑張る方法~なぜ休むことと気分転換が必要なのか~

どれほど優秀な人であっても休まずに働き続けるのは不可能です。

働き続けることでパフォーマンスは確実に低下していきます。

休むことで体力を回復させ、パフォーマンスを維持することができるのです。

また、人間は機械ではありませんので心のケアも必要となります。

適度な気分転換を行い、心の休息もとりましょう。

 

仕事が辛いときに頑張る方法~休みかた5つ~

まずは上手な休み方を5つ紹介します。

 

しっかりと睡眠をとる

忙しくなると、睡眠を削りがちになります。

しかし、忙しいときほど意識的に睡眠をとるようにしてください。

やはり休むことの基本は睡眠です。

眠ることで体も心も大きく回復します。

他の時間を削ってでも睡眠は確保するようにしてください。

 

食事をとる

食事もしっかりとるようにしましょう。

忙しくなると食事もおざなりになりがちですが、削ってはいけません。

できるだけ、バランスよく3食を同じ時間にとると、さらに効果的です。

ゆっくりとよく噛んで味わって食べることで気分転換にも最適となります。

 

30分に一度5分の休憩をとる

こまめに休憩をとるようにしましょう。

おススメのサイクルは30分に1度です。

かなり頻繁に感じるかもしれませんが、人間の集中力の限界を考えると30分1周期が理想です。

休憩のすごしかたは、スマホを触らず「外の景色をみる」、「軽く歩く」ことをお勧めします。

負担をかけがちな脳や目を意識的に休ませてあげましょう。

 

お昼に15分程度の仮眠をする

休むことの基本は睡眠とお伝えしました。

睡眠をさらに強化する方法としては「昼寝」が有効です。

昼食後15分程度、机の上で昼寝をとりましょう。

頭がすっきりとするのを感じられるはずです。

 

お酒を控える

飲酒の習慣がある方はお酒を控えるようにしましょう。

「お酒を飲むと気分転換になる」という意見がありますが、総合的に見るとマイナスです。

お酒を飲んでいる瞬間は、気分転換になるでしょうが、飲酒すると次の日がしんどくなり、さらに眠りも浅くなります。

結果、次の日に疲労を持ち越すことになるのです。

仕事が忙しいときほど飲酒の誘惑は強烈ですが、勇気をもって控えるようにしましょう。

 

仕事が辛いときに頑張る方法~気分転換のしかた4つ~

続いて上手な気分転換の方法を4つ紹介します。

 

マインドフルネス瞑想を実施する

1日のなかで、意図的に心を空っぽにする時間を作りましょう

そのためには瞑想が効果的です。

具体的な瞑想の方法をお伝えします。

瞑想の方法

・できるだけ、静かになれる場所でリラックスした態勢をとりましょう。

・目をつぶります。

・ゆっくりと深呼吸を繰り返します。

・呼吸を吸うとき・吐くときに「自分の呼吸」を感じてください。

・感覚で心を満たしていきます。

・この時に湧き上がってくる感情を否定しないでください。

・感情を「自分は今、こんな気持ちになっているんだな」と「客観的に」感じるようにしてください。

・5分ほど「自分の呼吸」と「湧き上がってくる感情」に集中することを繰り返します。

徐々に心が落ち着いてくるのを感じられるはずです。

 

気分転換に他の会社のことを調べる

仕事に集中すると、どうしても視野が狭くなりがちです。

必要以上に自分のことを追い込んでいないでしょうか?

視野を広げるためにも他の会社のことも調べてみましょう。

調べ方として一番簡単なのは求人サイトをみることです。

条件を設定し、どのような求人がどのくらいニーズがありどの程度の待遇で募集されているか、ときどき眺めてみましょう。

リクナビNEXTならば、4万件を超える求人が掲載されています。

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ

関連記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

紙に書きだす

今、頭の中の「悩み」を思いつく限り紙に書きだしてみましょう。

仕事以外のことでも構いません。

紙に書くことで思考が整理されます。

人間はもやもやしているときが、精神的に不安定になりがちです。

紙に書いて気分を落ち着けることで、切り替えができます。

 

人に話す

仕事に集中した時にありがちなのが、自分だけで必要以上にもんもんと考え込んでしまうことです。

もんもんと考え込むことで、さらに気分的に落ち組むという負のスパイラルに入ってしまいます。

友人や家族に話してみましょう。

紙に書きだすのと同様に、話すことで思考が整理されていくでしょう。

また、もしも仕事で大きな悩みを抱えてしまった場合は、専門家に相談しましょう。

転職エージェントは仕事の悩みの専門家です。

登録無料で利用できるため、今は転職をする気がなくても、気分転換の相談窓口として利用してみてください。

 

仕事が辛いときに頑張る方法~最終必殺技は「なにもしないこと」

最後に、回復方法の最終必殺技をお伝えします。

私はこの回復方法で残業150時間越え3か月を乗り切りました。

ずばり一番の回復方法は「何もしないこと」です。

休日に「何もしない」ということを実践してみてください。

具体的な実践方法をお伝えします。

■具体的な実践方法(準備編)

金曜日の夜に食事を買います。

買いに行く手間を省くためです。

また、調理せずに食べられるものにしましょう。

そして、金曜日は夜更かしせずに早めに寝ることです。

お酒を飲みたくなる気持ちもわかりますが、こらえましょう。

■具体的な実践方法(当日)

土曜日は一日お布団から出ない覚悟でいましょう。

食事・トイレ・お風呂以外は布団の中で過ごすのです。

横になって、テレビを見る、スマホでネットサーフィンをするくらいはしても構いません。

特に、リクナビNEXTで求人をぼんやり眺めることは精神的に落ち着くのでお勧めします。

関連記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

関連記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

仕事が辛いときに頑張る方法~頑張らなくても大丈夫~

仕事が辛いときに頑張る方法をお伝えしました。

今回紹介した9つの方法と最終必殺技を駆使することで、私は残業150時間越え3か月を乗り切ってきました。

ぜひともあなたの生活に取り入れてみてください。

大事なのは体と心を上手に休めるということを覚えておいてください。

たかがみ
たかがみ
しかし、最後に今までの話をひっくり返すようなお話をします。
それは「いざとなれば頑張らなくてもよい」ということです。

会社は組織で動いています。

あなたがすべてを抱え込む必要はないのです。

「仕事が辛いのにがんばろう」としているあなたは非常にまじめで誠実な方です。

辛い中で仕事を頑張ろうとすることでますます自分を追い詰めてしまいます。

頑張りすぎた結果、あなたの心と体が甚大な被害を受けてしまっては取り返しがつかないことになります。

自分を一番大事にするべきであるということを忘れないでいてください。

仕事が辛いと感じるのならば、そもそも仕事があっていない可能性があります。

合っていない仕事の中で頑張ろうとすると、ますます自分を追い込んでしまいます。

無理して頑張ろうとせずに、「必要に応じて仕事を変える」という発想も持つようにしてください。

仕事を変えるには異動する、転職するという手段があります。

決して「今の職場で頑張る」ということだけが、全てではないのです。

仕事が辛い中で頑張るという行為は一時的には必要なのかもしれませんが、ずっと続くというのはすさまじい負担を強いるのです。

私自身も異動を経験しましたが、異動したことで仕事の負担が大きく減りました。

異動して本当に良かったと思います。

そして異動の後に、最終的に転職を選択しました。

さらに仕事の負担が減り、収入が増え、人生が大きく変わりました。

決して「今の仕事だけがすべてではない」ということを忘れないでいてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

あなたの心を少しでも軽くすることができたのならば、これ以上の幸せはございません。

本サイトでは会社員生活を自由に豊かにするための知恵を配信しております。

よろしければ他の記事もご覧いただけますと幸いです。

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:仕事が辛いと感じるときに異動は有効な手段

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:仕事で打たれ弱い人へ~自己肯定感を高める方法~

最新情報をチェックしよう!