サラリーマンのたかがみの部屋です。

ブラック企業で生き延びる方法~ブラック企業の仕事は「得られる経験値が少ない」~ドラゴンクエストで学ぶブラック企業で生き延びるための知恵

ご覧いただきましてありがとうございます。

 

本ページをご覧いただいているということは、あなたは現在ブラック企業で悩んでおられるのですね。

 

・毎日つらい

・平日は遅くまで仕事、土日は寝て過ごすだけ。

・もやもやとした不安があるがどうしていいかわからない

 

転職したいと思いつつも、あまりの多忙さに転職活動する気力さえない状況なのではないでしょうか。

 

本サイトでは私の経験から「ブラック企業で生き延びるためのさまざまな知恵」をお伝えさせていただきます。

 

読むことで「ブラック企業で生き延びる方法」が身につきます。

生き延びることさえができれば、「機会」は必ず訪れます。

 

その「機会」のために、何としてでも生き延びてください。

 

はじめに私について自己紹介させてください。

 

私はかつてスーパーブラック企業に勤めておりました。

 

・月の残業150時間越えが当たりまえ。

・残業の8割が不払い

・仕事内容はクレーム処理の類で毎日怒鳴られる

・上司はパワハラ気質。すべて精神論で解決を図ろうとする(解決しない)

・飲み会の連れまわしもしょっちゅう

 

毎日が生き地獄でした。

 

転職に成功し、現在は非常に充実した日々を過ごしております。

 

しかし、私は安易に「転職しろ」というつもりはございません。

 

私自身スーパーブラック職場にいたときは「毎日を生き延びる」のに必死でした。

 

「この職場から脱出したい」と思いつつも、どうしていいかわからない状況だったのです。

 

そんな中で、分かったことがあります。

 

ブラック職場では「逃げる」「身を守る」という行為が非常に重要になってきます。

 

そうでないと「生き延びられない」のです。

 

生き延びてエネルギーを温存すれば「機会」が訪れる可能性があります。

 

私の経験をあなたにお伝えし、「生き延びて」ほしい。

それが目的です。

 

私の言葉が、少しでもあなたの心を軽くする助けになれば、これ以上の幸せはございません。

 

 

今回のテーマは「ブラック企業での仕事は得られる経験値が少ない」です。

 

 

結論

まずは結論を端的に申し上げます。

・ブラック企業での仕事は「費用対効果」が悪いことが多い

・ドラクエに例えると、「すごく強い敵をやっつけた」のに「得られる経験値がわずか」

 

 

ブラック企業の仕事

ブラック企業は

・仕事の量が多い

・仕事の負荷が高い

 

これが共通しています。

 

仕事の量に対して人員が不足しています。

 

また、仕事の「質」においても負荷が高いものが多いです。

 

このため、一人一人に負担がかかり、待遇と仕事が釣り合っていないのです。

 

 

「しんどい仕事をしているのだから、成長できるのでは?」という考え。

 

ブラック企業で負荷の高い仕事をしていると、

「これだけ大変な仕事をしているのだから、その分成長している」

と考えがちです。

 

私もかつてそのように考えておりました。

 

この考えには「落とし穴」があります。

 

「仕事の負荷が高いから、成長できる」のではなく、

「仕事の負荷が高いのだから、成長できるに決まっている」と思い込もうとしているのです。

 

 

「精神的な合理化」を図ろうとしています。

 

 

酸っぱいブドウの話

「精神的な合理化」とは何かを説明するには「すっぱいブドウの話」が適切です。

 

以下が、イソップ童話の「すっぱいぶどう」のお話です。

 

キツネが木になっているブドウを取ろうとしました。

しかしブドウはキツネには届かない高さの木になっているため、キツネはとることができませんでした。

この状況に対してキツネは「あんな高いところにあるブドウはすっぱいに決まっている。」

と言い残します

 

 

本来、ブドウが酸っぱいか甘いかはわかりません。

しかし、キツネは自身が取れないブドウなので「酸っぱいに決まっている」と思い込もうとしているのです。

自分自身を納得させる理由を自分で作り出しています。

 

これが心理学的な「合理化」です。

 

 

 

ブラック職場も同じ

 

ブラック職場での仕事についても同じです。

 

仕事のよる成長を客観的に判断せずに、

「自分の仕事は大変だ。だから、得られる経験値も多いに決まっている」と考えています。

 

 

 

ドラクエでの経験値システム

いきなりですが、あなたはゲームの「ドラゴンクエスト」はご存じでしょうか?

私は大好きです。

 

知らない場合のために簡単にご説明しますと、

ドラゴンクエストには「レベル」という概念があります。

 

敵キャラを倒すと、「経験値」が得られます。

この「経験値」が一定の値までたまると「レベルup」します。

レベルupすると、各種能力が向上します。

 

 

現実世界においても「仕事」をいう敵をやつけることにより、経験値を得てレベルを上げていく過程が共通しています。

 

 

倒す労力に対して得られる経験値が少ない敵

 

ここで問題になってくるのがドラゴンクエストにおいて

「得られる経験値」「敵の強さ(=敵をやっつけるための難易度)」が必ずしも正比例しないということです。

 

基本的には、「強い敵」ほど「得られる経験値」が多くなっております。

 

しかし、なかには明らかに

 

「この強さなのに得られる経験値はこれだけなのか・・・」

 

という敵が存在します。

 

 

ブラック企業での仕事はそういうものが多い

 

ブラック企業での仕事は多くが

 

「この大変さなのに得られる経験値はこれだけなのか・・・」

 

という場合が多いです。

 

経験値を得られないわけではありませんが、明らかに「効率が悪い」のです。

 

もちろん現実世界はゲームほどシンプルではありません。

 

ゲームにおいては明確に「数値化」がなされているために、効率を図ることができます。

 

しかし、現実世界においては、数値化はされていないため、それがわかりにくくなっているのです。

 

このことが冒頭の「自分は大変な仕事をしているんだからその分成長しているはずだ」という考えにつながってしまいます。

 

 

私自身の経験

私自身の経験を申し上げますと、スーパーブラック職場にいたときはあらゆる仕事を押し付けられておりました。

 

・事務所や倉庫の掃除

・荷物運び

・荷物の受け渡し

・コピー機の修理

 

これらは一例ですが、どれも「誰でもできる雑用」です。

 

そして、これらは積み重なることで膨大な量の仕事(大変な仕事)になります。

 

これらの仕事をこなすことで「ビジネスマンとしてのレベルアップ」につながるかというと、明らかに効率が悪いのがわかります。

 

 

どう考えても「都合よく使われていただけ」なのです。

 

しかし当時の私は「これも何かにつながる。前向きに頑張ろう」と考えていました。

 

今の私は当時の私に伝えたいです。

「世の中には人を利用することをなんとも思っていない人が本当にいるということ」

 

「他人の時間を奪うことをなんとも思っていない人」

 

というのは本当に存在するのです。

 

 

あなたの時間はあなたのためのもの

 

仕事を行うには「時間」を投入する必要があります。

 

時間が無限にあるのならば、得られる経験値が少ない中でも「いつかレベルup」することができます。

 

しかし、時間は有限です。

 

そして、あなたの時間はあなたのために流れています。

 

今の仕事で「明らかに少しの経験値しか得られていない」場合は、別のことに時間を注いだほうが良いのです。

 

・本を読む

・資格を取る

・副業を行う

 

これらを実践することで得られる経験値は計り知れません。

 

経験値の少ないうえに、大変な仕事に時間を注ぐよりも、圧倒的に効率が良いのです。

 

 

[仕事で経験を得る]という考えは非常に大事

 

誤解の内容に申し上げますが、「仕事で経験を得る」という前向きな気持ちは素晴らしいものです。

 

・自分には「少し難易度の高い」と思う仕事をこなす

・わからないことや、できないことにぶつかる

・それらを乗り越える

・経験値を得て、レベルアップする

 

このサイクルこそが「理想的な仕事のサイクル」だということは、念を押して申し上げておきます。

 

 

しかし、ブラック企業においては「都合よく使われているだけ」、「あなたの時間を浪費しているだけ」の可能性がある

 

このリスクについては必ず認識しておく必要があります。

 

 

再度、私の経験

私はスーパーブラック職場で3年弱ほど働いた後、異動します

 

※異動の話は別記事で。

 

異動した後の職場は状況がかなり改善され、「本当に同じ会社の同じ部署なのか」と思うほどでした。

 

負荷が非常に減りました。

 

しかし、「レベルup」という意味では、ブラック職場での3年間よりも、異動した後の1年のほうがはるかに伸びました。

 

たくさんの経験値を得て、「ビジネスマン」としてレベルupしました。

 

実際、異動後に得たスキルや経験を活かして、転職に成功いたしました。

 

仕事の負荷が減ったにも関わらず、得られる経験値は大きく向上したのです。

 

 

まとめ

・「しんどい仕事」が必ずしも「成長する」ことにつながるわけではない。

・誰でもできるような「作業」をずっと続けても、少ない経験値しか得られない。

・時間は有限。時間の使い方を考える必要がある。

 

 

ブラック職場での日々は本当に大変です。

 

「毎日、生き延びている」

そのことが十分に偉業です。

 

私の経験をお伝えすることで、少しでもあなたの心を軽くすることができれば、これ以上の幸せはありません。

最新情報をチェックしよう!