サラリーマンのたかがみの部屋です。

【ブラック企業】嫌なことから逃げるのは甘えではありません【仕事】

悩んでる人
悩んでる人
嫌なことがあるとすぐに逃げてしまう
甘えていると思う

 

 

・嫌なことから逃げている自分は甘えていると思う

・逃げてはいけないと思う

・逃げ癖を治したい

・逃げない方法を知りたい

 

 

こんなことを考えていませんか?

 

生きていると、嫌なことってありますよね。

私たちは子供のころから、逃げてはいけないと教えられてきたため、逃げることに抵抗感があります。

結論の一部をお伝えすると、嫌なことから逃げることは甘えではありません。

 

本記事を読むことで逃げることへの抵抗感がなくなり前向きな気持ちが持てるようになります。

上手な逃げ方についてもお伝えします。

嫌なことからはどんどん逃げてやりたいことを集められる人生にしていきましょう!

 

退職代行サービスを使えば、会社に一切連絡をせずに退職することが可能です。

 

 

嫌なことから逃げるのは甘えではない。逃げるのは生き残るための手段

まず結論をお伝えします。

嫌なことから逃げるのは甘えではありません。

嫌なことからはどんどん逃げてしまいましょう。

嫌なことを無理して続けてしまうと心が壊れてしまいます。

 

逃げるのは生き物の生存のために必要なこと

逃げるのは生き残るための手段と考えてください。

人間も生き物です。

どんな生き物でも危険を察知したら逃げる必要があります。

逃げたいと思う気持ちを感じるのは、生き物の本能として危険を察知しているのです。

生き物の本能には、危険なものを避けるようにプログラムされています。

 

逃げることは生き残るための手段

よって、「逃げる」ということは危険を察知し、生き残るための手段と言い換えられます。

たとえば、草食動物にとっては逃げることは戦いです。

自分を狙う肉食動物に真っ向から立ち向かうことは勇気とはいえないでしょう。

彼らにとっては逃げて生き延びることこそが戦いと言えます。

 

 

逃げるほうが良い場面

人間社会も、明らかに「逃げるべき場面」というのは存在するのです。

「逃げるべき場面」で、玉砕覚悟で真っ向から立ち向かうことをよしとする風潮がありますが、それは少し違うと思います。

それは勇気ではなく無謀です。

被害を最小限にとどめ次のチャンスを待つために、逃げましょう。

 

 

嫌なことから逃げるのは甘えではない理由~心の声をきく

人間と動物の違い

人間は脳が他の生物よりも発達しています。

よって、論理的な思考で、本能を打ち消すことが可能です。

全員が本能のままに生活していては、社会が成り立ちません。

自制心で本能を制御しているのです。

 

自制心が過剰に働くと危険

この自制心がいい方向に働くこともありますが、「過剰な我慢」につながっていることも事実です。

本能が全力で危険を察知して逃げろといっているのに、自制心が「逃げてはだめだ」と無理やり戦わせようとしてしまうことがあります。

過剰な自制心は身も心もボロボロにしてしまいます。

 

 

論理的思考に囚われていませんか?

「~~~すべき」という考えにとらわれすぎていないでしょうか。

悩んでる人
悩んでる人
・母親は子供の面倒をしっかり見るべきだ
・会社員は上司の言うことを聞くべきだ

~~すべきというのは「論理による思考」です。

 

心の声を聴こう

心の声が必死で「逃げたい」と訴えているのに、「~~~すべき」という考えで心の声を打ち消していないでしょうか。

悩んでる人
悩んでる人
・この仕事はやりたくないけど、評価を上げるためにはやるべきだ
・今の仕事は向いていないけど、もう少し頑張るべきだ


論理的思考が働きすぎると心の声を抑制してしまうことがあります。

逃げたいという気持ちは心からのSOSです。

しっかりと耳を傾けるようにしてください。

 

嫌なことから逃げるという選択肢を持とう

日本ではどうしても「逃げることは悪いこと」「卑怯なこと」という風習があります。

どれほど辛い状況であっても歯をくいしばって耐えることに美徳を感じます。

 

逃げるのを封印すると心が壊れてしまう

しかし、心の声を論理で封印し続けると無理が来ます。

心のダメージは体と違って見つけることが困難です。

無理を続けてしまうと甚大なダメージを受けることになってしまうのです。

そして、心のダメージは体のダメージよりも回復に時間がかかります。

 

あなたはいつでも逃げていい

繰り返しになりますが、嫌なことから逃げるというのは生き物の本能として自然なことです。

身を守るための手段として必要な手段なのです。

あなたはいつでも逃げていいということを決して忘れないでください。

あなたの体と心より大事なことはこの世に存在しないからです。

 

逃げるという選択肢をもつこと

重要なのは「逃げる」という選択肢を持つことです。

「いざとなれば逃げてもいい」という気持ちがある状態と

「絶対に逃げてはいけない」という状態では気持ちの余裕が全く違います。

人間は選択肢がないと非常にもろくなるのです。

 

 

 

嫌なことから逃げるのを甘えと考えているあなたへ伝えたいこと

あなたは今までとても頑張ってきた

あなたは今会社で悩んでいることと思います。

逃げないように必死で歯を食いしばって頑張ってきたことでしょう。

今の会社がブラック企業で逃げ出したいという気持ちを必死に押さえつけてきたのでしょう。

本当にお疲れさまでした。

自分をしっかりと労わりましょう

 

逃げる選択肢をもとう

自分を守るために逃げるという選択肢を復活させましょう。

転職、退職代行サービスがあります。

実際に利用するかは別としてこれらの手段があるとわかるだけで心は楽になるのです。

まずは転職サイトに登録だけしてみてください。

登録は無料で、かかる時間は5分ほどです。

この行動があなたの人生に逃げるという選択肢をあたえることになります。

 

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別

 

専門家に相談するのも有効

また専門家に相談するのも有効です。

自分一人ではなかなか解決策が浮かばずもんもんとしてしまいます。

専門家ならば、今までに似たような悩みを解決してきた経験があります。

仕事の悩みで言えば転職エージェントが専門家です。

転職に対する不安はあると思います。

その場合は「いきなり転職」と考えずに、まずは相談することを目標にしてみましょう。

 

 

嫌なことから逃げるのは甘えだと考えている人へ~まとめ~

 

・嫌なことから逃げるのは甘えではありません

・心の声に耳を傾けよう

・逃げるという選択肢を持つことが大事

 

 

真面目で責任感の強いあなたは必死で頑張りすぎてしまう傾向があります。

逃げるという選択肢を自ら封印してしまっているのです。

 

これからは自分を大事にした生き方をしていきましょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!