サラリーマンのたかがみの部屋です。

【サラリーマンライフハック】【飲み会】会社の飲み会に参加しなくても嫌われない理由について

ご覧いただきましてありがとうございます。

 

たかがみと申します。

 

この記事をご覧になっているということは、あなたは「会社の飲み会」について悩んでおられるのでしょう。

・飲み会に参加したくないけど、嫌われたくないから参加している

のではないでしょうか。

 

この記事の内容は

・会社の飲み会について書かれています。
・会社の飲み会に参加しなくても「嫌われない」理由が書かれています。
・ブラック企業の飲み会についても書かれています。

 

 

この記事を読むことで、こんな悩みが解消されます。

・会社の飲み会に参加したくないけど参加している
・飲み会に参加している理由が「嫌われたくない」から

 

 

この記事を書いた私はこんな人です。

・元スーパーブラック企業勤め

・残業150時間越えが当たり前

・上司はパワハラ気質

・飲み会の連れまわしはしょっちゅう

・あまりのストレスに30歳でガンになる(精巣腫瘍、医学的には要因不明)

 

現在は転職し、年収も200万円上がり自由な時間も増えて充実した日々を送っています。

 

スーパーブラック企業での経験をもとに、「会社員の生活を豊かにする知恵」を配信しております。

 

この記事を通してあなたの心を少しでも軽くすることができればこれ以上の幸せはありません。

 

結論

まずは結論をお伝えします。

・会社の飲み会に参加しなくても嫌われない

・ブラック企業の場合は、会社の飲み会に参加しないほうが人間関係で得をする。

 

 

まず前提

前提として、会社の飲み会は「無益なもの」です。

 

・お金

・時間

・健康

 

を失います。

 

しかも、会社の飲み会の場合は「気を遣う」ため、精神的なストレスもかかってきます。

 

「お金」「時間」「健康」「精神的な安定」

これらは人生で非常に重要な要素です。

 

これらを失う会社の飲み会は「無益」です。

 

 

唯一のメリット

 

会社の飲み会の唯一のメリットは

 

・気分転換

 

です。

 

気心の知れた同僚と楽しい時間を過ごせる飲み会ならば、メリットがあります。

 

人間はロボットではありませんので、気分転換は必要です。

 

心から楽しいと思える時間を過ごせるのであれば参加する意味は大いにあります。

 

 

別記事もごらんください。

会社の飲み会に参加しないメリット

 

人間関係のために会社の飲み会に参加しているパターン

 

飲み会のメリットとして

 

・人間関係を円滑にする

 

があげられることが多いです。

 

特に「上司との人間関係」がやりやすくなると考えているのではないでしょうか。

 

私自身がそうでした。

 

私は昔スーパーブラック企業に勤めておりました。

 

その時の上司はパワハラの権化のような上司で皆から嫌われておりました。

 

そのうえ、飲み会が大好きで若手をしょっちゅう連れまわします。

 

みないやいや参加しておりました。

 

そんななか私は

「上司との飲み会も勉強だ。上司にも好かれるといいことあるし、自分への投資と思って参加しよう」

と本気で考えておりました。

 

「本当は行きたくない」と思っているのに、上司との飲み会に積極的に参加しておりました。

 

ときには自分から上司を誘うことさえありました。

 

 

私の経験

 

そんな私ですが、30歳でガン(精巣腫瘍)を経験したことで考えが変わります。

 

「自分の大事にしているものを大事にしたい」と考えるようになりました。

 

上司との飲み会は「行きたくないので、参加しないでおこう」と考えるようになったのです。

 

以降、上司との飲み会には参加しないようになりました。

 

はじめは「嫌われるのではないか」と心配しました。

 

しかし、結果としては上司との関係は何も変わりませんでした。

 

 

飲み会に参加しなくても「嫌われない」理由

 

飲み会に参加してもしなくても「嫌われない」のは、考えてみれば「普通」のことでした。

 

まず、第一に「他人はあなたの想像以上にあなたに関心がない」ということです。

 

誰がどの飲み会に参加していて、どんな発言をしたかということは一時的には話題になってもすぐに忘れ去られます。

 

参加していた人間でさえその状況ですので、「参加していない人間」のことなど、まったくもって記憶に残らなくて当然です。

 

「ずっと参加」から「全く参加しなくなる」ことにより、一時的に印象に残るということはあると思います

 

しかし、それさえもいずれ「参加しないこと」が普通になります。

 

私自身「参加しない」ことが普通になったときに、振り返ってみましたが本当に何もかわらなくて驚きました

 

今までの自分の頑張りはなんだったんだと思う一方で、すごく安心したのを覚えています。

 

 

人を嫌うには「接触」が必要

 

人が人を嫌うには「接触」が必要になります。

 

まったく知らない人のことを嫌うということはありません。

 

接触する中で、「自分とは価値観が違う」ということが積み重なり、「苦手意識」や「嫌い」という感情につながっていくのです。

逆の場合も同様です。

 

よって、そもそも「接触を薄くする」と「嫌い」という感情は発生しにくくなるといえます。

 

「会社の飲み会に参加しない」ことにより、「接触が薄く」なります。

 

むしろ、嫌われにくくなるといえます。

 

 

 

人間は「自分と似た性質の人」に居心地の良さを感じる

人間はよくもわるくも「自分と似た性質の人」といることで居心地の良さを感じます。

 

飲み会のメリットは「気分転換」とお伝えしました。

 

よって、あなたが上司との飲み会を「楽しい」とおもえるなら参加しても問題ないです。

 

おそらくあなたと上司は相性が良いのだと思います。

 

しかし、もしもあなたが「無理して参加している」ならば相当つらいと思います。

 

私自身もそうでしたが、自分の心に嘘をつことは本当につらいことです。

 

居心地の悪い時間をすごしているなかで、自分が確実に消耗していきます。

 

お金と時間は有限です。

 

そして健康は何物にも代えがたい「富」です。

 

自分の大事にしているものに、お金と時間を注ぐようにしていきましょう。

 

 

ブラック企業の場合はむしろ飲み会に参加しないほうが「人間関係で得をする」

 

私の場合は飲み会に参加しなくなったことでむしろ「人間関係で得」をするようになりました。

 

ブラック企業はとにかく仕事が多いです。

 

仕事内容も負荷が高いです。

 

そのため、慢性的に「仕事の押し付け合い」が発生しています。

 

 

「仕事を押し付ける相手」には「頼みやすい相手」と「頼みにくい相手」がいます。

 

 

「頼みやすい相手」と判断された場合、無限に仕事が集まってきます。

 

 

本来、仕事があつまることは悲観すべき状況ではありません。

 

仕事を経験することで能力を高めることができるためです。

私はこれを「レベル上げ」と呼んでいます。

 

しかし、ブラック企業の場合は、「レベル上げ」をできる状況にないことが多いです。

 

こちらの記事もごらんください。

ブラック企業で、仕事を断ってもいい理由~ドラゴンクエストから学ぶ

 

よって、ブラック企業においては「仕事を頼まれにくい」状態にするのが自分を守るための第一歩といえます。

 

 

上司との飲み会に参加すると、「仕事を頼まれやすく」なります。

 

 

逆に言えば、上司との飲み会に参加しないことで「仕事を頼まれにくくなる」ということです。

 

ブラック企業においてはとにかく自分の身を守ることが何よりも重要です。

 

もしもあなたが今ブラック企業に在籍しているのだとしたら、すぐにでも飲み会の参加はやめるべきでしょう。

 

 

 

まとめ

・飲み会に参加しなくても嫌われない

・人は思っている以上に他人に関心がない

・ブラック企業場合は自分をまもることにもつながる

 

会社の飲み会に無理して参加しなくても嫌われません。

 

無理に参加して、あなたの心や体に負担がかかることのほうが心配です。

 

あなたはあなたしかいません。

 

あなたの時間はあなたのために流れています。

 

自分を大切にしていきましょう。

 

 

 

たかがみの部屋では「サラリーマンの生活を豊かにする知恵」を配信しております。

あなたの心が少しでも軽くすることができれば、これ以上の幸せはありません。

最新情報をチェックしよう!