サラリーマンのたかがみの部屋です。

【結論すぐ逃げていい】ブラック企業に何年勤めるべきか知りたい~とりあえず仕事は3年我慢しろは無視しましょう

悩んでる人
悩んでる人
自分の会社がブラック企業だと思う。
しかし、すぐに転職しては根気がないと思われるのでは?
ブラック企業でも何年勤めればよいのだろう

こんな風に考えていませんか?

 

自分の会社がブラック企業だと思う場合は転職を考えますよね。

しかし、すぐに転職してしまっては経歴に傷がつくと考えて「何年かは我慢すべきだ」と考えているのではないでしょうか

結論を言うと、自分の会社がブラック企業だと思った場合はすぐに逃げていいです。

 

この記事では、ブラック企業からすぐに逃げてもよい理由と転職においてどのようにふるまえばよいかをお伝えします。

また、何らかの事情でブラック企業とわかりつつ、今の会社にいなければいけない場合の対処法もあわせてお伝えさせていただきます。

 

この記事を読むことで、ブラック企業に何年も勤めなければいけないという思い込みを手放すことができます。

 

 

ブラック企業に何年勤めるべきか~結論~

まず、結論を申し上げます。

ブラック企業に何年勤めるべきかの問いに対する答えは、

「すぐに逃げていい」です。

 

理由は大きく2つあります。

 

・自分の会社がブラック企業と気付いているため

・ブラック企業にとどまるデメリットが大きすぎる

 

順番に解説していきますが、その前にお伝えしたいことがあります。

あなたはとても頑張っています。

ブラック企業で働くということは想像を絶するほど大変なことです。

理不尽な上司や顧客、無茶苦茶な仕事量と多くの困難に日々あたっていることでしょう。

そんな中で頑張っている自分を思い切り労ってください。

 

ブラック企業と気づけたことは幸運なこと

ブラック企業の一番恐ろしいところ

ブラック企業の一番恐ろしいところは「ブラック企業」と気づかせないことです。

新卒で入社した場合は、他の会社を知らないがゆえに「ブラック企業と気づかない」ということはよくあります。

ブラック企業と気づけない場合は、逃げることさえできません。

よって、どんな理由であれ自分の会社がブラック企業と気づけたことは非常に幸運です。

 

 

ブラック企業に何年勤めればよいか

ブラック企業に何年勤めればよいかと考えている人は、「自分の会社がブラック企業」と認識している状態です。

この状態でとどまる理由はありません。

可及的速やかに脱出しましょう

 

 

ブラック企業は人間の命をなんとも思っていない

私自身ブラック企業に勤めていたのでわかりますが、ブラック企業は人間を使い捨てます。

無茶苦茶なノルマを課してきて、達成できなければ「意識の問題」にすりかえて本人を責めます。

そんな環境にいてはあっという間に壊れてしまいます。

しかし、会社はあなたが壊れてしまっても、あなたの人生を保証してくれません。

あなたが身も心もぼろぼろになってからでは遅いです

 

 

ブラック企業に「とりあえずとどまる」デメリット

悩んでる人
悩んでる人
転職したいけど、短期間だと転職に不利になるか
あと何年か我慢しよう

と考えていると思います。

これはお勧めしません。

ブラック企業では、動かないということが一番のリスクです。

 

ブラック企業の仕事は経験値が低い

ブラック企業は仕事の負荷が高いです。

仕事の負荷が高いため、その分成長していると考えてしまうのですが、ブラック企業の仕事は成長できません。

ブラック企業は慢性的に人が足りていないため負荷が高い傾向にあります。

誰でもできるような単純な作業の繰り返しを膨大な量でやらされるという場合ほとんどです。

誰でもできる仕事をいくらこなしても成長できません。

私はこれを経験値が少ないと表現しています。

 

 

軌道修正は早いほど良い

軌道修正は早ければ早いほどいいです。

東京から大阪へ向かいたいのに、北海道のほうを向いていてはいつまでたっても目的地に到達しませんよね。

むしろ進めば進むほど、目的地から遠ざかってしまいます。

これはキャリアにおいても同様です。

軌道修正が早ければ早いほど、労力が少なく済みます。

遅くなると、大阪にたどり着くのは不可能になり、自分の心に反して北海道を目標にすることになります。

 

 

転職活動の時の立ち回り

ブラック企業に何年勤めればよいかと考えているあなたは、転職時のことを心配していると思います。

転職における懸念点についてお伝えします。

 

短期の転職は不利にならないか

一番の心配事は「短期間での転職は不利にならないか」という点でしょう。

結論をいうと、よほど極端でない限り致命的な不利にはなりません。

さすがに2~3年で10社とかはまずいでしょうが、たとえば1年で転職というのは普通の範囲です。

私も30代半ばで2回目の転職をしましたが、そのときの間隔は1年半足らずでした。

しかし、特に苦労することなく内定を獲得し、年収をあげることに成功しました。

「転職検討理由」をきちんと答えることさえできれば、採用されます。

 

 

転職検討理由

転職検討理由は必ず聞かれます。

これは勤めている期間に関係なく、転職活動においては必須の質問と考えてください。

企業側は「長期で勤めてほしい」という視点でいますので、「またすぐに辞めないかな」と考えています。

この質問の答えで企業を納得させることができれば、採用において不利になることはありません。

 

避けたほうがいい転職検討理由

転職検討理由の答えで「今の会社はブラック企業なので転職します。御社が普通の会社ならば辞めません」という回答は絶対に避けましょう。

言いたくなる気持ちはわかりますが、いいことはありません。

確実に面接官の印象は悪くなります。

 

お勧めの転職検討理由

詳しくは別記事で解説しておりますが、転職検討理由に関しては、「前向きな姿勢」を企業に伝えることが大事です。

よって、不満は封印しましょう。

具体的には以下のような表現がおススメです。

 

・今の仕事に満足感はあるが、組織改編などの都合で仕事がなくなってしまう

・今の仕事をしていくうちに面白く感じたため、さらなる可能性に挑戦したいと考えた

 

これに実際の職務や応募先の状況を組み合わせた回答を用意しておきましょう。

 

 

何らかの事情で転職することができないならば、

ブラック企業での転職活動は本当に大変です。

仕事をしまくっているなかで、さらに転職活動をするというのは想像を絶する大変さです。

よって、本格的な転職活動ができずに、「仕方なく現職にいる」という場合もあるでしょう。

 

異動を目標にしてみることをおすすめします。

現状が転職活動をする余力が全くない場合は、異動を狙いましょう。

異動すれば環境が劇的に変わることがあります。

ブラック企業であっても部署によって負荷の高さや人間関係はばらつきがあります。

異動は狙って起こすは難しいと考えると思いますが、ある程度は狙って起こすことは可能です。

私自身も異動により業務負荷が大幅に低減し、転職活動に専念することができました。

 

関連記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

 

転職サイトに登録だけはしておきましょう

現状が激務で転職活動する余力がなくても、転職サイトに登録だけはしておきましょう。

異動に成功した時や、閑散期に入った時にスタートダッシュを切るためです。

転職活動は準備がものを言います。

サイトに登録して、面談して、書類を作成して、業界を調べて応募・・・など準備は多岐にわたりますので、できるだけ分散させましょう。

忙しいときは登録だけして、暇つぶし代わりに求人を眺めるということをしてください。

たまに求人を眺めているだけでも「転職活動の自分の軸」が浮かび上がってきます。

いざ、本格的に活動をするときに大幅に早くなります。

 

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別

 

 

ブラック企業に何年勤めるべきか~まとめ~

ブラック企業に何年勤めるべきかお伝えしました。

 

・ブラック企業と気づいた時点で逃げよう

・自分の会社がブラック企業と気づけたのは幸運

・短期間の転職でも不利にはならない

・今、忙しくても転職の準備だけはしておこう

 

ブラック企業に勤めていると感覚がマヒしてしまいます。

それが常識だと考えてしまうのです。

しかし世界には本当にたくさんの会社があり、たくさんの仕事があります。

決して今の会社だけが全てではありません。

 

私自身、転職したことで、大きく世界が広がりました。

今までの自分の世界はなんだったんだという気持ちをいだきました。

 

今日の少しの行動があなたの人生を変える可能性があります。

自分の可能性を試してみませんか?

最新情報をチェックしよう!