サラリーマンのたかがみの部屋です。

【転職活動】就活で何社も落ちた自分が転職できるか不安【結論】新卒で何回も落ちてても転職活動では内定が出る

悩んでる人
悩んでる人
転職したいと考えているが、自信がない
就職活動の時に何社も落ちたので転職できると思えない

 

転職活動と就活の違いを知りたい

転職活動が怖い

どこにも内定が出ると思えない

 

こんな風に考えていないでしょうか?

 

新卒の時の就職活動は大変でしたよね。

右も左もわからない中、たくさんの企業に応募して落ちてを繰り返して。

転職活動にも同じような印象があり、腰が引けてしまう。

 

この気持ちは非常にわかります。

なぜなら、私自身も新卒の就職活動では数十社応募してことごとく落ち、内定が出たのは入社した1社だけだったからです。

しかし、先に結論の一部をお伝えすると、「新卒で何社も落ちた人であっても転職活動では内定が出る」となります。

私自身も新卒時は1社のみの内定でしたが、転職活動時は5社から内定を獲得しました。

本記事を読むことで、転職活動では内定が出るという理由がわかり、転職活動への恐怖がなくなります。

「いつでも転職できる」と思いながら働けたら素敵だと思いませんか?

その状態に近づくために「具体的にどのように行動すればよいか」も書かれてありますので、「いつでも転職できる」ようになりたい方はぜひ読み進めてください。

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ!

 

新卒の就活で何社も落ちた人が転職できるのか?結論

最初に結論をお伝えすると、新卒の就職活動で何社も落ちていたとしても転職活動では内定が出ます。

すでにお伝えしたように、私も新卒時は1社しか内定が出ませんでしたが、転職活動の時は5社から内定を獲得しました。

これは私が優秀であったというわけではありません。

転職者は基本的に複数の内定を獲得するのが普通です。

理由は転職活動が、就活よりもはるかに簡単だからです。

順番に解説していきます。

 

 

就活と転職活動の違い~転職活動は新卒の就活よりはるかに簡単~

転職活動は新卒の就活よりはるかに簡単です。

これは就活と転職活動に違いを比較すればわかります。

 

 

・新卒は会社により判断基準があいまい。転職活動は判断基準が明確

・就活の最大の障害は「面接」。転職活動の最大の障害は「書類選考」

 

 

新卒は会社により判断基準があいまい。転職活動は判断基準が明確

新卒のときの就活は学生が対象です。

当たり前ですが、採用側は働いたことのない人を雇うことになります。

つまり、採用側は性格を含めた「伸びしろ」のみで判断することになります。

よって、会社により「判断基準」がかなりあやふやなものになります。

明るい人を求める会社もあれば、もくもくと仕事をしてくれる人を求める会社もあるでしょう。

はっきりいって、これらは対策の打ちようがなく「相性」の問題としか言えません。

しかし、転職活動の場合、企業は求人の段階で、ポジションを決めて募集しています。

「〇〇の仕事のできる人を応募します。具体的には△△の能力や経験を持つ人です」

という具合です。

つまりゴールが明確です。

どんなことでもゴールが具体的なほうが、簡単なのは言うまでもありません。

 

 

 

新卒の最大の障害は「面接」転職活動の場合、最大の難関は「書類選考」。

転職活動の場合、最大の難関は「書類選考」です。

応募条件に対して、書類選考で企業側は応募者とのマッチングをある程度判断できます。

応募者からすれば、書類選考を突破してしまえば、ある程度「採用される可能性がある」と思って間違いありません。

そして、書類選考は一度書類を作成してしまえば、あとはクリックだけで大量に応募できます。労力がそれほどかかりません。

一方新卒の就職活動の場合は、最大の障害は面接です。

新卒の場合は「伸びしろ」や「人間性」を重視して判断するため、実際に会って、検討しようと考えます。

この証拠に転職活動の場合、面接は1~2回程度ですが、新卒の場合は3~4回は行われるのが一般的で、新卒に対しては面接を重視していることがわかります。

 

 

就活と転職活動では労力が違う

面接は実際に訪問する分労力がかかります。

一つの面接に行くだけで、半日が潰れるでしょう。

そして面接は「落ちたときの精神的ダメージ」も大きいでしょう。

面接重視の新卒の就活のほうが労力もダメージも大きいのです。

なおかつ、「そもそも受かりにくい」というのが新卒の就活なのです。

・転職活動はゴールが明確なため、そもそも通りやすい

・転職活動は書類選考で落ちることが多いので、かける労力が少なく済む

・転職活動は面接まで行けば、合格の見込みはある

 

 

 

就活と転職活動の違い~転職活動はノーリスク~

新卒の就活と転職活動の大きな違いとして、「転職活動にリスクがない」という点も挙げられます。

悩んでる人
悩んでる人
いやいや転職にはリスクがあるでしょう!?

こういう声が聞こえてきます。

その通りです。

転職にはリスクがあり、人生の大きな決断となります。

転職するときは慎重に判断するべきです。

しかし、転職と転職活動は別で、「転職活動」自体にはリスクはありません。

たかがみ
たかがみ
良い条件で内定が出なければ、今の会社で働けばよい

と考えてのびのびとやれば良いのです。

新卒の就活の場合、そもそもの働き口を探すための活動なため大きなプレッシャーを背負いながらの活動です。

「失敗してはいけない」というプレッシャーを大きく感じていたことでしょう。

 

 

就活で何社も落ちても、転職活動はすぐに内定が出る

転職活動の場合は応募から内定までは短期間で済みます。

企業によりますが、応募から内定まで1か月ということも珍しくありません。

そして先述のように「落ちる場合は書類選考でとっとと落ちる」ため、体感的にはさらに早く内定が出るように感じます。

 

 

転職活動にも慣れが必要。最初の一歩は早めに済ませておこう

転職活動にも慣れが必要です。

 

 

・応募する企業の選び方

・書類の作成の仕方

・面接の受け答え

一度に全部行おうとすると挫折してしまいます。

しかし、転職活動は新卒の就活と違って、「時間制限なく」取り組めるのも強みです。

まず気軽な気持ちで最初の一歩を行い、慣れてきたら次の活動に移ればよいのです。

 

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ!

 

最初の一歩は転職サイトに登録するだけで十分。

最初の一歩は、「仕事の合間に求人を見る」という活動から始めてみるのがよいでしょう。

転職活動の第一歩としては、転職サイトに登録“だけ“してみて、求人を見るだけで十分です。

求人をネットサーフィン替わりに見るだけでも、感覚が身についてきます。

さらに他社の求人を眺めることで視野が広がるというメリットもあります。

 

 

どのサイトが良いか

転職サイトは無数にありますので、どこがよいか迷った場合はリクナビNEXTに登録しておけば十分です。

 

・業界最大4万件を超える求人

・初心者にも使いやすいレイアウト

・自身の強みが無料でわかるグッドポイント診断

登録は無料で、5分ほどで完了します。

電話による勧誘もありません。

 

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ!

 

就活で何社も落ちた人が転職できるのか?~まとめ

 

・新卒の就活で何社も落ちた人でも転職活動では内定が出る

・転職活動と就活ではそもそも性質が違う

・転職活動はノーリスク

・最初の一歩は転職サイトに登録する“だけ“で十分

 

 

世の中にはたくさんの企業があります。

今の会社で働くことだけが全てではありません。

私自身転職により人生を大きく変えることができましたが、その最初の一歩は思えば小さな小さな一歩でした。

 

リクナビNEXTへの登録は5分で完了します。

今日この一歩があなたの人生を大きく変えることになるかもしれません。

思い立ったが吉日。

最初の一歩を踏み出してみませんか?

自由で活き活きと働ける自分へと近づいていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

 

当サイトでは会社員生活を自由にするための知恵を配信しております。

あなたの悩みを解決する答えが見つかるはずです。

よろしければ他の記事もご覧ください。

 

おススメ記事:【対策】会社が潰れてほしいと思う人へ~どうすればよいかお伝えします~【会社が大嫌い】

 

おススメ記事:【簡単】仕事を押し付けられる人の特徴と仕事を断る方法~仕事を押し付けられないために~

おススメ記事:【仕事】自分を大事にする働き方【辛いときは逃げてもいい】

おススメ記事:【具体例あり】仕事を当日休むのは良いこと!~仕事をいきなり休んだ日の過ごし方~

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときは仕事をサボろう~仕事をサボる方法~

おススメ記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

おススメ記事:【厳選6つ】辛い仕事から逃げる方法~逃げたいなら逃げていい~

おススメ記事:仕事の悩みでストレスを抱えている人が取るべきたった一つの行動

おススメ記事:【逃げたい】仕事をいつまで頑張ればよいかと考えているあなたへ~いつでも逃げてよい~

おススメ記事:仕事が辛い。打たれ弱いと思っている人に伝えたいこと~自己肯定感を上げる方法~

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法

おススメ記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:【厳選7つ】自己肯定感を上げて仕事を楽しもう~自己肯定感を高める方法~

最新情報をチェックしよう!