サラリーマンのたかがみの部屋です。

【原因と対策】仕事が面白くないのは当たり前と思う人へ~仕事を面白くする方法を教えます~

悩んでる人
悩んでる人
仕事が面白くない
当たり前だとは思うけど、毎日つまらない

 

・仕事が面白くないのは当たり前だ

・仕事が面白くない原因を知りたい

・面白くない仕事を辞めたい

 

こんな風に考えていませんか?

毎日長い時間を過ごす仕事が面白くないのは辛いですよね

 

先に結論の一部をお伝えしますと、「大部分の仕事は面白くない。しかし、仕事を面白くする方法はある」となります。

仕事が面白くない理由と仕事を面白くする方法をお伝えします。

この記事を読むことで、今の仕事を面白くすることができますよ。

仕事が面白いと感じられれば、毎日を活き活きと過ごすことができるようになります。

仕事の質は人生の質という言葉もありますよね。

仕事が面白くないのは当たり前という思い込みから脱却しましょう。

 

一緒に最高の人生の第一歩を踏み出しましょう!

 

 

仕事が面白くない理由を知るためには、仕事の本質を知る

まずは、仕事が面白くない理由を知るために、仕事とは何かをお伝えします。

 

悩んでる人
悩んでる人
・お金をもらっているのだから、仕事なんか面白くなくて当然だ。
・仕事は理不尽なことを我慢するのが当たり前だ

 

こういう声が聞こえてきそうですが、ここではもう少し深く「仕事」について考えてみましょう。

 

 

仕事は「生産し、提供するもの」

仕事とはなにとかというと、「生産し、価値を提供する」ことです。

生産するモノやサービス、提供する価値は業種や職種によりさまざまです。

飲食店ならば食事を提供し、自動車メーカーならば自動車を提供しているでしょう。

研究者は研究をし、営業マンはお客様窓口をしています。

しかし、全ての仕事が「生産し、提供する」という原則に当てはまります。

「生産し、提供する」、その対価としてお金を受け取り、給料や報酬となっているのです。

 

 

仕事は消費者に価値を届けている

「生産し、提供する」ということはその先に価値を受け取る人(=消費者)がいます。

モノやサービスを「欲しい」と思う人がいて、お金を払って購入することでビジネスは動きます。

「生産し、提供する側」=生産者

「消費し、受け取る側」=消費者

 

世の中の働く人は全員生産者であり、消費者である。

世の中の働く人は、全員が生産者であり消費者でもあります。

仕事をするときは生産者で、サービスを受けるときは消費者です。

社会で生活をする以上、必ず消費者となります。

 

 

消費するのは楽しくて当たり前

仕事が面白くないのが当たり前と考えている方は、「消費の面白さ」と「仕事の面白さ」がごちゃ混ぜになっていることが多いです。

消費するのはお金を払ってサービスを受け取るので、ある意味面白くて当たり前です。

一方で、生産するときの楽しさとは、消費とは違う次元の楽しさとなります。

たとえば、漫画を描くのが好きで漫画家になった人がいるとします。

この人は漫画を描くことに楽しさを感じるでしょう。

しかし、同時に「生みの苦しみ」も必ずあるはずです。

人知れず努力をしています。

 

※一つの例えです。

 

仕事を面白くするために~仕事は本来楽しいものである~

実は仕事は本来楽しいものです。

先ほどの漫画家の例で挙げたように「生みの苦しみ」もあるでしょうが、本質的には楽しいものなのです。

自分が試行錯誤して、なにかを達成した時に充実感を覚えないでしょうか?

そして、それが人に価値を提供できて、役に立てるというのは素晴らしいことです。

 

 

あなたの仕事は「誰に何を提供しているか」

仕事を楽しいと感じるために必要なのが、「自分の仕事が誰かの役に立っている」という思いです。

この感情を感じるときに人は仕事の面白さを見出します。

つまり、仕事の面白さを感じるためには、自分の仕事は「誰に何を提供しているか」を冷静に考える必要があります。

あなたの仕事は誰に何を提供しているか?

一度、冷静に振り返ってみてください。

 

 

仕事を面白くするには、自分で選択すること

人間は「自分で決めて自分で実行したこと」にはストレスや疲れを感じないという習性があります。

人から任せられるだけの仕事をこなすのと、自分でやると決めた仕事の場合は疲労感や充実感が変わってくるのです。

勇気を出して、仕事を自分から取りに行ってみましょう。

いきなり大きな仕事をする必要はありません。

たとえば、ちょっとした雑用でも構わないのです。

どうせやらなければいけない雑用ならば自分から進んでやったほうが、工夫のし甲斐も見つけられて面白いと感じられるようになります。

 

 

それでも仕事が面白くない場合

ここまで振り返ってみて、それでも仕事が面白くないと感じる場合は以下の原因が考えられます。

・誰かの仕事のために都合よく使われている

・あまりにも仕事量が多すぎる

 

誰かの仕事のために都合よく使われている

あなたの仕事は「仕事のための仕事」になっていないでしょうか。

社内の誰かが、「自分のしたいこと」を実現するために都合よく使われているパターンです。

ブラック企業のやりがい搾取でよく用いられるのがこのパターンです。

個人に与えられる裁量は一切なく、会社の都合のみで動かされてしまうパターンです。

この状況の場合は、異動や転職で「働く場所」を変えたほうが良いでしょう。

 

関連記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別

 

あまりにも仕事量が多すぎる

仕事そのものに楽しさを感じていたとしても、量が多すぎる場合は、心身が耐えきれなくなります。

これもブラック企業でよくあるパターンです。

先ほどの例で「自分から雑用してみましょう」とお伝えしましたが、ブラック企業の場合は「前向きに仕事をしようとすると、全ての仕事をおしつけられる」という現象があります。

ランニングが趣味という方でも、休みなく走り続けることは不可能です。

体を壊してしまいます。

圧倒的な量の前には個人は簡単に体を壊してしまいます。

 

2つの例に共通するのは原因が「ブラック企業」という点です。

 

仕事が面白くない原因が「ブラック企業」の場合、仕事を変えることも視野に入れる

仕事が面白くない原因が「ブラック企業」の場合は、仕事を変えることも視野に入れておきましょう。

仕事を変えるには具体的には、2つのパターンがあります。

 

・転職する

・異動する

 

 

 

転職する

転職して仕事を変えることは根本的な解決につながります。

しかし、現在の会社に不満は感じつつも、次の会社への不安はあると思います。

おすすめなのが、ダブルスタンダードとして、まずは転職活動だけしてみるというスタンスです。

実際に転職するかは、内定が出たとき判断するとして、とりあえず気軽に転職活動だけゆるく行います。

私もこの方法で実際に転職しました。

気持ちに余裕があるほうが転職に成功しやすいという点もメリットです。

 

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別

 

異動する

転職にハードルの高さを感じる場合は、まず異動してみることをおススメします。

異動は会社の都合で決まるから自分ではどうしようもできないんじゃない?

こう考えていると思いますが、自分で狙って異動を起こすことは可能です。

私自身、何度か狙って異動した経験があります。

 

関連記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

 

自分の適性を見極める

転職にしろ、異動にしろ行動する前にやっておいて絶対に損がないのが、「適性を把握しておく」ことです。

自分の適性を把握しておくことで、どこに向かうのが良いかが目に見えてきます。

逆に自分を知らずに歩きだしてしまうと、着いた先で同じ悩みにぶつかってしまう可能性があります。

適性を把握するための手段としては、リクナビNEXTのグッドポイント診断が有能です。

アンケートに答えていくことで、自分の適性を教えてくれます。

無料で利用できる診断の中では一番信頼性が高いでしょう。

30分ほどかかるのでブックマークしておいて、時間のある時に行うのがおススメです。

 

関連記事:リクナビNEXTグッドポイント診断受けてみた

 

まとめ~仕事が面白くないのは当たり前と思う人へ

・仕事とは生産し価値を提供するもの

・仕事の楽しさは生産の楽しさ

・あなたの仕事は何を生産し何を提供しているか振り返ろう

・自分からする仕事は面白い

・それでも面白くないのならば仕事を変える検討をしよう

 

 

人は意外と自分のことをわかっているようでわかっていないということが多いです。

自分としっかりと向き合うことで今の仕事への考え方もきっと変わってきますよ!

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝します。

 

当サイトでは会社員生活を自由にするための知恵を配信しております。

よろしければ他の記事もご覧ください。

あなたの悩みを解決する答えが見つかるはずです。

 

おススメ記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

おススメ記事:【対策】会社が潰れてほしいと思う人へ~どうすればよいかお伝えします~【会社が大嫌い】

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときは仕事をサボろう~仕事をサボる方法~

おススメ記事:【具体例あり】仕事を当日休むのは良いこと!~仕事をいきなり休んだ日の過ごし方~

おススメ記事:【仕事】自分を大事にする働き方【辛いときは逃げてもいい】

おススメ記事:【簡単】仕事を押し付けられる人の特徴と仕事を断る方法~仕事を押し付けられないために~

 

おススメ記事:【厳選6つ】辛い仕事から逃げる方法~逃げたいなら逃げていい~
おススメ記事:仕事の悩みでストレスを抱えている人が取るべきたった一つの行動
おススメ記事:【逃げたい】仕事をいつまで頑張ればよいかと考えているあなたへ~いつでも逃げてよい~

おススメ記事:仕事が辛い。打たれ弱いと思っている人に伝えたいこと~自己肯定感を上げる方法~

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法

おススメ記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:【厳選7つ】自己肯定感を上げて仕事を楽しもう~自己肯定感を高める方法~

最新情報をチェックしよう!