サラリーマンのたかがみの部屋です。

不満がないときほど転職したほうがいい理由

ご訪問いただきましてありがとうございます。

 

たかがみと申します。

 

 

 

■記事の内容
・転職が最もうまくいくタイミングをお伝えします。

 

 

 

■読むことでこんな悩みが解消します

・転職を検討しているけど、悩んでいる

・転職に失敗したくない

 

■記事を書いた私はこんな人です。

・転職し年収200万円アップ

・内定は3社

・現勤め先は社員数10万人超の大企業

 

 

転職前の会社はこんな感じです。

・元はスーパーブラック企業

・残業150時間超え当たり前

・仕事内容はクレーム処理でストレスフル

・上司はパワハラサイコパス

・メディアでは「優良ホワイト企業」と紹介されている大企業(笑)

 

 

余談ですが、あまりのストレスに30歳でガンを経験しております。

(精巣腫瘍、医学的には要因不明)

 

たかがみ
たかがみ

「会社員でも豊かな生活を送ることはできる」という思いから、「会社員お役立ち情報」を配信しております

 

 

今回のテーマは「転職が成功するタイミング」です

 

 

結論

 

まずは結論をお伝えします。

 

・転職がもっともうまくいくタイミングは「今の仕事が充実しているとき」です

 

 

順番に解説していきます。

 

 

転職のモチベーション

 

転職のモチベーションには2つあります。

 

一つが「不満を解消するため」の転職

もう一つが「さらに好待遇をもとめるため」の転職です。

 

不満を解消するための転職

転職のモチベーションは「不満を解消するため」であることが多いです。

 

現在の職場に「なにかしらの不満」を抱えており、解消するための手段として、転職をします。

 

・給与が不満

・人間関係が不満

・仕事が不満

・勤務地が不満

 

状況により理由は様々なでしょうが、ぱっと思いつくだけで上記が想像できます。

 

現在「マイナス」となる要素があり、それを「標準=ゼロ」に戻したいと考えている状態です。

 

 

さらに好待遇をもとめるための転職

 

一方、「現在に大きな不満はないが、さらなる好待遇をもとめる」転職のモチベーションもあります。

・(不満はないが)さらに給与をあげたい

・(不満はないが)さらに大きなフィールドで仕事がしたい

・(不満はないが)勤務地にさらにこだわりたい

 

などです。

 

「標準=ゼロ」を「さらにプラス」にする発想です。

 

結論で申し上げましたが、「ゼロをプラスにする」転職のほうが、「満足のいく転職結果」が得られる可能性が高いです。

 

 

 

転職を成功させるには「気持ちのゆとり」が大きい

 

 

「さらなる好待遇を求める」転職が成功するのは、「気持ちのゆとり」があるためです。

 

「不満を解消するため」の転職の場合は「早く内定を獲得したい」という焦りがどうしても出ます。

 

場合によっては「期日」もあるでしょう。

 

一方で、「さらなる好待遇を求める」転職の場合は、「良い条件がなければ今の仕事を続けてもよい」と考えられます。

 

たかがみ
たかがみ
気持ちに余裕があるため、最初から希望を高く見積もることができます。

 

現在の条件をベースに「よい条件」に的を絞って応募することが可能になります。

 

 

 

気持ちにゆとりがあると「内定」もでやすい

 

「高い条件」で応募しているにもかかわらず、「内定」がすぐにでたりします。

 

たかがみ
たかがみ
内定は出るときは本当に簡単に出ます。

 

内定が出るのは決して偶然ではなく理由があります。

 

「自信」が影響してきます。

 

気持ちにゆとりがある場合は、面接の場面でも「自信」としてあらわれます。

 

また、「現在の仕事にやりがいを感じていること」も、面接の場面でプラスに働きます。

 

 

面接官の気持ち

 

面接官は人間です。

 

たかがみ
たかがみ
基本的に「一緒に働きたい」と考える人を採用します。

 

現在の仕事に不満があり、文句ばかり言う人は採用したいと思いません。

 

もしも、あなたの転職のモチベーションが「不満を解消」だとしても、面接の場面で「グチ」をいうことはお勧めしません。

 

「現在の仕事には満足しているが、もっと●●したい。△△を実現できる環境を求める」のほうがはるかに前向きです。

 

現在の仕事に満足している場合は、自然と理由がたくさん出てきます。

 

面接での発言の雰囲気も違ってくるでしょう。

 

 

私の経験

 

私はかつてスーパーブラックにつとめていました。

 

 

結果的に転職をしました。

現在の職場には非常に満足しているため、大成功の転職と言えます。

 

しかし、私が転職したのは「一番つらいとき」ではありません。

 

たかがみ
たかがみ
「一番つらいとき」は転職するエネルギーがありませんでした。

 

本能的に「この状態で転職活動しても失敗する」と悟っていました。

 

「一番つらいとき」はとにかく「エネルギー」を温存することに勤めました。

 

仕事を断ったり、上手に休んだりして自分の身を守ることに全力をつくしました。

 

その後、異動の機会を得ます。

 

異動後は状況がかなり改善されました。

 

たかがみ
たかがみ
「スーパーブラック職場」から「並みのブラック職場」くらいまで改善されました(笑)

 

 

異動し、状況が改善したことで冷静に判断と行動ができるようになりました。

 

また、異動先で実績を積んだことも大きかったです。

 

 

スーパーブラックの時に転職せずに「ワンクッション」を置いたことが功を奏しました。

 

 

 

転職を成功させるには

 

あなたがもしも「今の仕事に大きな不満はないけど、転職も選択肢にある」というなら大きなチャンスです。

 

転職活動に臨むことで、よい条件の内定を得られる可能性は高いでしょう。

 

一方であなたが「不満を解消したい」という転職のモチベーションの場合は、少し冷静になっていただきたいです。

 

不満を解消するための「手段」は、転職以外にもいろいろあります。

 

・仕事内容があわない→相談して仕事かえてもらう

・仕事が忙しすぎる→断る勇気をもって、仕事を調整する

・人間関係が不満→異動を打診する

 

 

転職は「手段」であって、「目的」ではありません。

転職にはエネルギーを使います。

 

もしも転職せずに「不満を解消すること」ができるのならば、もっと楽な方法をとるべきだと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

・転職のモチベーションは2種類ある

・「不満を解消したい転職」「よい条件をもとめた転職」

・よい条件を求めた転職は「気持ちにゆとり」があるため成功しやすい

・不満を解消するための手段は転職以外にもいろいろある

 

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

 

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

 

正しい知識を身に着けて、行動することで「会社員でも豊かな生活を送ること」は可能だと考えております。

 

あなたの生活を少しでも豊かにすることができればこれ以上の幸せはございません。

 

よろしければ引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

最新情報をチェックしよう!