サラリーマンのたかがみの部屋です。

【面接対策】内定が欲しいならば「受け身」はNG。能動的な姿勢に変えるための方法

ご訪問いただきましてありがとうございます。

 

たかがみと申します。

 

会社員の生活を豊かにするための知恵を配信しております。

 

今回のテーマは転職活動における面接対策です。

 

■この記事の内容

・転職活動の面接における「心構え」の話

・面接は「自然発生したもの」ではなく「商談の場」ということ

・面接の心構えを変えることで「内定」が獲得できる

 

 

■こんな人向け

・転職活動の面接対策の「心構え」を知らない

・転職活動の面接にいつも落ちる

 

 

■この記事を書いた私はこんな人です。

・大企業から大企業への転職経験者

・転職で年収200万円アップ

・内定は5社獲得

・転職前の企業は「働きやすい企業」で常に上位

・しかし実態はスーパーブラック(笑)

 

あまりのストレスから30歳でガンになりました。

(精巣腫瘍。医学的には要因不明)

 

結果、現在の会社へと転職しました。

内定を5社獲得したなかで、今の会社を選択しました。

 

大変満足いく状況で、現在はかなり自由に過ごしています。

 

私の経験をお伝えすることで

 

たかがみ
たかがみ
あなたの会社員生活を豊かにしたい!

が本サイトのコンセプトです。

 

では、本日もよろしくお願いいたします。

 

結論

まずは結論をお伝えします。

 

■面接は呼ばれて受験する「受け身」のものではない。

■面接では「商談の場である」という意識をもつ

■面接は「自分という商品を売り込む」ためにある

 

 

順番に解説いたします。

 

面接における「心構え」の重要性について

 

面接において「心構え」は非常に重要です。

 

人間は「話している内容」よりも「雰囲気」を重要視します。

 

【雰囲気】>【話し方】>【言葉の内容】の順番で重視しています。

 

 

日常の中で、感覚的に「合う」「合わない」を感じることはあると思います。

 

たかがみ
たかがみ
感覚的に「合う」「合わない」と感じる部分が【雰囲気】です。

 

感覚的に「合う」「合わない」の部分を、面接用に調整するのが「心構え」とお考え下さい。

 

 

心構えをかえることで、自身の持つ【雰囲気】を面接で「採用を獲得しやすい」ようにチューニングするのです。

 

 

どのような心構えで臨むか

 

では具体的にどのような「心構え」で面接に臨むのがよいかをお伝えします。

 

面接に臨むべき「心構え」は2点です。

・面接はあなたが設定した「商談」の場である

・面接は「あなた」という商品を売り込むための場である。

 

 

面接はあなたが設定した商談の場

 

面接は「自然発生」するものではありません。

 

企業の「募集」に対して、あなたが「応募」したことで発生したものです。

 

企業側は面接のために、

・事前の書類審査

・面接官の日程確保

 

などを行っています。

 

時間と労力とお金を使っています。

 

もちろん、応募した側のあなたもです。

・事前の書類作成

・面接のための日程の確保

 

お互いに時間と労力とお金を使っています。

 

ただ会うのが目的ではありません。

 

対等の立場で、「相性を図るための場」を設定したのが「面接」なのです。

 

 

具体的な場面設定と売り込む重要性

具体的な商談の場面の例としては、

 

あなたという商品を売り込むための場面

 

が適切です。

 

 

人を雇うことは大きな投資

 

人を1人雇うために、企業はかなりのお金をかけます。

 

実際に支払う年収以外にも、設備費や税金などがかかります。

 

人を雇うことに企業側は「大きなお金を投資」することになるのです。

 

たかがみ
たかがみ
あなたを雇うことに「大きなお金を投資する」納得性を持たせる必要があります。

 

「大きなお金を投資させる」という考えを頭の片隅に持つことが重要です。

 

あなたが自分から「売り込んでいく」という考えに変わります。

 

どんなによい商品も伝わらないと意味がない

 

メリットが伝わらないと人は動きません。

 

仮に世界で一番優れた商品であっても何もしなくては売れないでしょう。

 

「メリットを伝える」必要があります。

 

転職活動における面接も同様です。

 

たかがみ
たかがみ
「あなたを雇うメリット」を面接官に伝える必要があります。

 

あなたがどれほど優れた人であったとしても、伝わらないと「内定」は獲得できないのです。

 

 

面接は受け身になりがち

面接の形式は

  • 質問を受けて、答えるという形式です。

 

普通にしていれば「受け身」となります。

意識的に「能動的な姿勢」を持つ必要があります。

 

・ただ聞かれたことに答えるだけ

・質問の意図に対して「自分の良さをアピールする」

 

2つを比較したときにどちらが「伝わる」かは明白です。

 

面接という有限の時間の中で「自分の良さ」を何とかして伝えなくてはいけないのです。

 

 

 

「心構え」を変えた後の具体的な変化

 

心構えを変えたあとの、具体的な変化をまとめると以下になります。

 

・能動的になる。

・自身の強みをアピールしようと考えられるようになる。

 

この2つの変化は【雰囲気】として現れます。

 

心構えが変わることで、「面接の場面」で【雰囲気】が違ってきます。

 

積極的な姿勢は、自然と面接官によい印象を与えることになるでしょう。

 

たかがみ
たかがみ
さらにもう一つ大きな変化があります!

 

それは

・試行錯誤するにようになる

ということです。

 

「試行錯誤する」ということは非常に重要です。

 

 

試行錯誤の重要性

 

たかがみ
たかがみ
試行錯誤とは「自分で考えて試してみること」です!

 

面接の対策方法は数多くあります。

 

しかし、「最適」は人によって微妙に違ってきます。

 

Aさんにとって「最適」であっても、Bさんにとっては「最適でない」ということはあります。

 

自分の最適は、自分で構築する必要があります。

 

日々の行動の中で、微調整をしていく必要があります。

 

 

微調整においては「自分で考え、試してみる」(試行錯誤)という行為が非常に重要です。

 

 

不採用になっても「材料」となる

 

面接において「不採用」という結果はかなり落ち込みます。

 

しかし落ち込むだけではもったいないです。

 

たかがみ
たかがみ
せっかくなので試行錯誤のための「材料」としましょう!

 

分析をせずに「同じ失敗」を繰り返している場合はかなりもったいないといえます。

 

不採用になったときに「理由」を転職エージェントに聞いてみましょう。

理由を分析することで、次の面接への「改善材料」となります。

改善を繰り返すことが試行錯誤です。

 

 

能動的な姿勢の場合は仮に「不採用」であっても試行錯誤のための「改善材料」が多く得られます。

 

 

 

まとめ

 

 

■面接は能動的に設定した「商談の場」です。

■面接の場面では「あなた」という商品を売り込みましょう。

■能動的な姿勢により試行錯誤が生まれます。

 

面接における「能動的な姿勢」についてお伝えいたしました。

 

ご一読いただきましてありがとうございます。

 

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝申し上げます。

 

あなたの会社員生活を豊かにしていくために努めてまいります。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

最新情報をチェックしよう!