サラリーマンのたかがみの部屋です。

お金とストレスは反比例するということ。お金を貯めるには自分を大事にしよう。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

 

たかがみと申します。

 

会社員生活を豊かにするためのお役立ち情報を配信しております。

 

 

 

この記事の内容

■「お金を貯めたいと思っているけど、お金が貯まらない」理由と対策をお伝えします。

 

 

給料日前はいつもお金がない

 

この記事を読むことで悩みが解決します

■お金を貯めたいと思っているけど、貯まらない理由がわかる

■お金が貯まる習慣がわかる

 

 

 

この記事を書いた私はこんな人

・30代前半会社員

・総資産は8桁

・米国株長期投資中

・月の入金力は40万円程度

 

たかがみ
たかがみ
もともとはスーパーブラック企業に勤めており、毎日消耗しておりましたが、現在はかなり自由にやっております。

 

私の持っているお金に関する知識や、会社員生活の経験を共有することで「会社員でも豊かな生活を送れる」ことのきっかけになればと考えております。

 

今回は「お金が貯まらない」理由と対策についてお話していきます。

 

結論

 

まずは結論をお伝えします。

 

お金を貯めたいけど、なぜかお金が貯まらない原因は「ストレス」です。

 

・お金を貯めるなら「ストレス」は大敵

・お金を「貯めるテクニック」はたくさんあるが、ストレスがあると実践できない

・ストレスを取り除くには「生活習慣の改善」が万能

 

 

 

 

順番に解説していきます。

 

 

なぜストレスがたまるとお金が貯まらないのか

なぜストレスがたまるとお金が貯まらないかを解説します。

 

基本的にストレスとお金は反比例にあります。

 

「ストレスがたまると、お金が減り」

「ストレスが減ると、お金はたまり」ます。

 

 

「ストレスがたまるとお金が貯まらない」のは、人間の構造的に自然なことです。

 

人間には「自制心」があります。

 

たかがみ
たかがみ
「自制心」とは、「論理的に判断」したり、「誘惑を制御」したりする機能です。

 

人間が全員本能のおもむくままに行動していては、社会生活は破綻します。

 

理性的に、本能を制御しているのが「自制心」です。

いわば、「自制心」は人間を人間らしくしている部分と言えます。

 

「自制心」にとって、「ストレス」は天敵となります。

 

ストレスがたまると「自制心」の働きが圧倒的に弱くなります。

 

「なぜかお金が貯まらない」人に共通しているのは「衝動買い」を行っていることです。

 

 

衝動買いを行うのは「自制心」が誘惑に負けたときといえるでしょう。

 

自制心の働きは「ストレス」によって、激しく低下するのです。

 

 

 

私の経験

私はもともとスーパーブラック企業に勤めておりました。

・月の残業150時間超えが当たり前

・仕事内容はクレーム処理

・上司はパワハラ気質のサイコパス

・職場の空気は最悪

 

 

あまりのストレスから30歳でガンを経験したほどです。

(精巣腫瘍。医学的には要因不明とされております)

 

 

一番つらいときは毎日「とてつもないストレス」を感じていました。

 

このときの私の状況を簡単に説明します。

 

・独身一人暮らし

・家賃は会社持ち

・車なし

 

普通に考えれば、「明らかにお金が貯まりやすい環境」と言えます。

 

しかし、まったくお金が貯まりませんでした。

 

大きな買い物をしたわけでもなく、なんとなくお金が無くなっていました。

 

・たばこをぶかぶか吸って

・毎日のように飲み歩いて

・コンビニで特にほしくないものを買いあさる

 

この繰り返しだけで、まったくお金が手元に残っていません。

 

 

仕事のストレスを、お金を使うことで解消していたのです。

 

ある意味お金を稼ぐのが、「仕事のストレスを解消するため」という状態になっておりました。

 

健全とはいいがたい状況でした。

 

 

お金を貯めるテクニックが実践できない

お金を貯めるためには「テクニック」があります。

 

テクニックについては、本サイトでも紹介しております。

 

 

お金を貯めるためのテクニックを実践すれば確実にお金はたまります。

 

お金を貯めるためのテクニックは難しいものは何もありません。

 

非常に簡単です。

 

しかし、せっかくの具体的なテクニックも実践できなければ何の効果もありません。

 

テクニックを実践するうえでの、敵が「ストレス」です。

 

お金を貯めるテクニックを実践できないのは、「ストレス」が原因とも言い換えられます。

 

 

 

人間はもともと不合理な生き物

人間は機械ではありません。

 

「理論の上では正しくても実践できない」ということは、よくあることです。

 

お金に関することに限らず、「計画倒れ」に終わるということは誰しも経験があるでしょう。

 

 

大事なのは、「できる限り、理論を実践しやすい状態」を整えることです。

 

 

お金に関して言えば、「ストレスを取り除き、自制心に働いてもらう」ことです。

 

 

 

ストレスを取り除くにはどうしたらよいか

 

お金が貯まらない原因がストレスにあるということがわかったら、「ストレス」を取り除きに行きましょう。

ストレスの要因は状況によりますが、「ストレスを減らす」のに確実に効果のある共通した解決策があります。

 

「生活習慣の改善」です。

具体的には3つを意識します。

 

・睡眠

・食事

・運動

 

「ストレスを減らしたいけど何をしていいかわからない」という人は、まずは、「生活習慣の改善」に取り組んでみてください。

 

 

生活習慣の改善はすぐにでも実践できます。

 

一気に全部やろうとすると挫折したり、かえってストレスをためることになったります。

 

無理せずに、「少しだけ」を心がけてみましょう。

・少しだけ多く寝る

・少しだけ健康に悪そうなものを控える

・少しだけ多く歩く

 

こちらもご覧ください

■生活習慣の改善とお金について

 

また、もしもかつての私のように「職場で多大なるストレス」を受けている場合は転職も有効な手段です。

 

 

 

再び私の経験

 

私は現在非常に規則正しい生活をしております。

・毎日ほぼ同じ時間に寝ておきます

・食事は3食とります。

・タバコはやめました。

・お酒はほどほどです。

・1日1万歩ほど歩きます

 

 

生活習慣が改善した上に、転職もしたために2重でストレスがなくなりました。

 

体感的にも「無駄遣い」がほとんどなくなったことを実感できています。

 

お金を使わなくなったにも関わらず、毎日にストレスを感じていません。

 

ほんの数年前の自分を思い返すと人が変わったと思えるほどです。

 

もしもですが、数年前と同じ給料であったとしても当時の3倍は「お金を貯められる」と思います。

 

 

まとめ

 

・お金が貯められないのは「ストレス」による衝動買いが原因

・ストレスを取り除くにはまずは「生活習慣の改善」

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

私は「会社員でも豊かな生活をおくること」は可能だと考えております。

 

「ほんの少しずつの積み重ね」を重ねていくことが一番大事だと考えます。

 

あなたの人生を少しでも豊かにすることができればこれ以上の幸せはございません。

最新情報をチェックしよう!