サラリーマンのたかがみの部屋です。

【思考の脱出方法】仕事はしんどいのが当たり前だと思っている人に伝えたいこと

悩んでる人
悩んでる人
仕事がしんどい。
毎日仕事に行きたくないと考えている。

 

仕事が辛いのは当たり前だ

仕事がしんどいがどうしていいかわからない

仕事から逃げ出したい

仕事をしたくない

 

 

こんなことを考えていませんか?

 

毎日長い時間を過ごす仕事を「しんどい」と感じるのは非常にツラいことですよね。

あなたは今悩み苦しんでいることでしょう。

 

あなたを苦しめている原因の一つが「仕事はしんどいのが当たり前だ」という思い込みです。

 

どんな立場でも仕事を楽しんでいる人は存在します。

あなたも仕事を楽しめるようになれば、素敵なことだと思いませんか?

仕事を楽しめるようになるために、まずは「仕事がしんどいのは当たり前」という思い込みを手放しましょう。

 

本記事では、「仕事がしんどいのは当たり前」という思い込みを手放すための思考法をお伝えします。

あわせて、活き活きと楽しく仕事をするためには、具体的にどう行動すればよいかについてもお伝えさせていただきます。

 

活き活きとした毎日を過ごせるための一歩を一緒に踏み出していきましょう。

 

 

仕事はしんどいのは当たり前だと思っていませんか

冒頭でも申し上げましたが、あなたは今

悩んでる人
悩んでる人
仕事はしんどいのが当たり前だ

と思い込んでいます。

「お金をもらう行為なのだから嫌なことがあって当たり前だ」という考えです。

 

 

・理不尽な要求も受け入れなくてはならない

・やりたくないこともしなくてはいけない

 

日本では特に給料=我慢代という風習があるように感じます。

これは「辛いことに耐えるのが美徳」と考える国民性が影響していることもあるでしょう。

 

しかし、どんな立場の人でも、仕事を活き活きと楽しんでいる人はいます。

仕事を楽しいと感じる人と、仕事辛いと感じる人の違いの原因についても後ほど解説します。

 

 

仕事は生産する側。消費する側ではない。

「楽しい仕事」を解説する前にお伝えしたいことがあります。

「生産と消費」についての違いです。

仕事は「生産」するものです。

生み出した何かを、「必要している人のもと」へ届けることで対価を受け取ります。

 

一方、消費するときは逆です。

お金を支払いサービスや商品を受け取ります。

消費はお金を払って対価を受け取っているので、ある意味「楽しい」のが当たり前なのです。

 

この「生産」と「消費」が混ざってしまうとややこしくなります。

まずは、「消費による楽しさ」と「生産による楽しさ」の違いを意識しましょう。

消費の楽しさと生産の楽しさを仕分けることが、「楽しい仕事」を見つける第一歩と言えます。

仕事が楽しいというのは「生産による楽しさとは何か」を考えるということなのです。

 

 

仕事においても楽しい仕事は存在する

では、続いて「楽しい仕事=生産する楽しさ」について考えてみましょう

生産する側であっても、仕事を楽しいと感じることはあります。

わかりやすく表現すると

 

・自分の生産したいものを生産し、

・人から喜んでもらえて、

・その対価として報酬を受け取る。

 

このような状況を作り上げられれば、素敵なことですよね。

 

もちろん、生産するうえでの勉強や作業などは必要でしょう。

そういった「生みの苦しみ」はあるでしょうが、基本的に「自分の生産したいものを生産している人」は、本質的には仕事を楽しんでいるはずです。

あなたも、時間を忘れて何かに熱中した経験はありませんか?

 

仕事が辛いのを当たり前と感じている人にしてほしいこと

続いて、あなたが仕事をつまらないと感じている原因を探しましょう。

そのために、してほしいことをお伝えします。

「今のあなたの仕事は何を生産しているか」を考えることです。

 

あなたの今の仕事は何を生産しているかを考える

あなたの仕事は今「何を生産しているか」ということを考えてほしいのです。

仕事は必ず誰かとつながっています。

あなたの仕事により、誰かが何かの価値を得ているはずです。

仕事がつまらないと感じたり、仕事がしんどいのが当たり前と感じたりしているのは「何を生産しているか」が明確になっていないことが多いです。

 

生産するとはモノやサービスを生み出すだけでなく「価値を提供する」ことも含まれます。

あなたの仕事は誰にどんな価値を提供しているでしょうか?

それが明確になれば、仕事に対して考え方やり方が変わってきます。

 

 

自分の仕事が誰かに価値を提供できている

先ほどもお伝えしましたが、理想の姿は「自分のやりたいことをやって、人から感謝されて、その対価としてお金を得ること」です。

自分の仕事が「誰かの悩みを解決している、もしくは役に立っている」ということが実感できれば人は仕事に「やりがい=面白味」を見出しやすくなります。

 

 

自分の仕事に「価値を提供すること」が見いだせない

一方、自分の仕事のことを見つめなおした結果、

ますます仕事が面白くない、しんどいとなるケースもあります。

具体的には「何のために仕事をしているかわからない」となるケースです。

 

自分の仕事で「価値を提供する」ことを考えた結果、「何のために仕事をしているかわからない」となるケースは下記の2パターンです。

・会社に都合よく使われている

・自分とあっていない

 

 

 

会社に都合よく使われてしまっている

「やりがい搾取」という言葉があります。

他の誰かに都合よく仕事を押し付けられていませんか?

仕事は誰かとつながっているとお伝えしましたが、あなたの仕事は「誰かの仕事のための仕事」になっていないでしょうか?

誰かがやりたいことを実現するために「駒」として働かされているケースです。

この場合は、仕事に「価値を提供すること」を見いだせなくなります。

なぜなら、あなたの仕事でお客様に価値を提供するのは、あなたではないからです。

 

自分とあっていない

今の仕事が自分のしたいことでないパターンです。

たとえば、「お客様の喜ぶ顔が直接見たい」と考える人が前線の営業や接客の立場に立てば、仕事を面白いと感じられます。

しかし、そういった方が、裏方の事務作業に徹している場合は、仕事をしんどいと感じるでしょう。

反対にコツコツと積み上げることが好きなタイプの人は裏方の事務作業を楽しいと感じることもあるはずです。

これはどちらが優れているではなく、適性の問題です。

 

 

自分とあっていない場合

自分とあっていないと感じる場合は、まず自分の適性を知る必要があります。

自分の適性がわからないまま動いても「どこに向かえばいいかわからない」状態になってしまうためです。

自分の適性を知るための方法としては、リクナビNEXTのグッドポイント診断がおススメです。

アンケートに答えることで、あなたの強み・適正について診断してくれます。

無料でリクナビNEXTのグッドポイント診断を活用すれば、あなたも気づいていないあなたの強みを知ることができます。

 

関連記事:リクナビNEXTのグッドポイント診断

 

対処法

自分の適性を分析した結果、今の仕事に明確なビジョンを描くことができない場合は仕事を変えましょう。

仕事を変える方法は大きく分けて2つあります。

 

 

・異動する

・転職する

 

 

異動する

仕事を変えるために社内で異動しましょう。

異動と聞くと自分でどうしようもないように感じますが、狙って異動を起こすことは可能です。

こちらの記事で「狙って異動する方法」をお伝えしておりますので参考にしてみてください。

関連記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

 

転職する

転職してしまうことです。

転職と聞くとハードルの高さを感じるかもしれませんが、実際の活動としては転職サイトに登録だけしてみることをおススメします。

求人を眺めるだけでも大きく視野が広がります。

視野が広がることで、最終的に「転職しない」という選択を選んだとしても働き方を大きく変えることができるようになります。

詳しくは下記をご覧ください。

 

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別

 

 

仕事はしんどいのが当たり前と考えている人に伝えたいことまとめ~

 

・仕事がしんどいのは当たり前という思い込みを手放そう

・仕事は生産するもの。生産する楽しさを探す

・あなたの仕事が「何を生産しているか」を考えよう

・上記を踏まえたうえで自分の適性を見つめなおそう

・適性を見つめた結果、合わないと判断したら仕事を変えよう

 

 

ゴールが明確になっていれば、人は自然とそこに向かっていくことができます。

まずは、思考を繰り返すことで、「活き活きと働く自分」のゴールを明確にしていただきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

 

 

当サイトでは会社員生活を自由にするための知恵を配信しております。

よろしければ他の記事もご覧ください。

あなたの心を軽くするための答えが見つかるはずです。

 

おススメ記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

おススメ記事:【対策】会社が潰れてほしいと思う人へ~どうすればよいかお伝えします~【会社が大嫌い】

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときは仕事をサボろう~仕事をサボる方法~

おススメ記事:【具体例あり】仕事を当日休むのは良いこと!~仕事をいきなり休んだ日の過ごし方~

おススメ記事:【仕事】自分を大事にする働き方【辛いときは逃げてもいい】

おススメ記事:【簡単】仕事を押し付けられる人の特徴と仕事を断る方法~仕事を押し付けられないために~

 

おススメ記事:【厳選6つ】辛い仕事から逃げる方法~逃げたいなら逃げていい~おススメ記事:仕事の悩みでストレスを抱えている人が取るべきたった一つの行動おススメ記事:【逃げたい】仕事をいつまで頑張ればよいかと考えているあなたへ~いつでも逃げてよい~

おススメ記事:仕事が辛い。打たれ弱いと思っている人に伝えたいこと~自己肯定感を上げる方法~

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法

おススメ記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:【厳選7つ】自己肯定感を上げて仕事を楽しもう~自己肯定感を高める方法~

 

最新情報をチェックしよう!