仕事しない先輩にイライラしない方法~仕事しない先輩が生まれる原因を解説します

 

・仕事しない先輩にイライラする

・仕事しない先輩をなんとかしたい

 

こんな風に考えていませんか?

職場に仕事しない先輩っていますよね。

そんな先輩でもあなたよりも給料をもらっているでしょう。

自分よりも給料をもらっている人間が仕事をしていないとイライラしますよね。

 

悩んでる人
悩んでる人

・自分のほうが働いているのに

・なんであいつのほうがもらっているんだ

不満を感じて当然です。

何とかして働かせたいと考えているのではないでしょか。

 

結論をお伝えすると、仕事しない先輩を働かせることは不可能です。

仕事しない先輩にエネルギーを注いでも無駄になるので、他のことにエネルギーを注ぐようにしましょう。

 

わかっていてもイライラしてしまうと考えているあなたのために、本記事では仕事しない先輩にイライラしない方法をお伝えします。

 

読むことで、仕事しない先輩にイライラしないようになりますよ。

 

 

✔記事の内容

・仕事しない先輩が生まれる原因

・仕事しない先輩を働かせることが不可能な理由

・仕事しない先輩にイライラしない方法

 

 

仕事しない先輩はなぜ生まれるのか

最初に仕事しない先輩がなぜ生まれるのかお伝えします。

 

仕事しない先輩が生まれる原因は、日本の会社の構造に問題があるためです。

まずは、この構造について把握しましょう。

 

一言でまとめてしまうと、仕事をしなくても給料がある程度もらえる上にクビにならないからです。

 

原因

・年功序列

・給料が下がらない

・クビにならない

 

順番に解説します。

 

仕事しない先輩が生まれる理由①年功序列

日本の企業は基本的に年功序列です。

 

・非常に有能な若手

・ポンコツのベテラン

 

この場合給料が高いのは後者のベテランです。

年齢が上がるだけで、給料が上がっていく仕組みとなっています。

 

仕事をしなくてもある程度までは給料があがっていくのです。

仕事しない先輩は多くのの場合、すでに伸びしろいっぱいまで上がっています。

 

仕事しない先輩の視点でみると、しゃかりきに働かなくてもある程度の給料を確保できており、満足している可能性が高いです。

これ以上働いても無駄と考えるのはある意味、合理的なのです。

 

 

仕事しない先輩が生まれる原因②給料が下がらない

 

一度上がった給料は定年間際まで下がることがありません。

すでに伸びしろいっぱいまで給料をもらっている場合、「下げないため」のフェーズに移ります。

日本の場合は一度上がった給料は下がることはありません。

成果主義をうたっている企業であっても、年間の賞与査定が多少変動する程度でしょう。

 

サボりまくっても、一生懸命働いても変動幅は非常に小さいと言えます。

これ以上給料を上げる必要がないうえに、仕事しなくても給料が下がらないならば、「働かない」という楽なほうに流されていきます。

 

仕事しない先輩はこの仕組みを理解して行動していると言えます。

 

 

仕事しない先輩が生まれる理由③クビにならない

 

現状の日本の法律では、仕事ができないことでクビになることはほぼありません。

正社員を能力不足の理由でクビにすることはかなりハードルが高いのです。

 

条件

・客観的に判断できる

・誰が見ても公正な評価

・本人に改善の意思がない

・著しく損害を与えている

 

上記を満たして、はじめて従業員を解雇することができます。

参照:労働問題弁護士ナビ

 

会社の中では「仕事ができない」と誰もがわかっていても、それを外部に伝えることは意外と難しいでしょう。

なぜなら社内評価は「相対評価」だからです。

社内の基準でAさんに比べるとBさんのほうが有能といった基準で査定をつけていきます。

 

社外の誰でもわかる基準で、能力が低いということを証明するというのは、かなりハードルが高いのです。

 

また、仮に能力不足を証明できたとしても、本人に改善の意思があれば、クビにすることはできません。

仕事しない先輩も本音は仕事をしたくないと思っていても「クビにならない程度」には働くでしょう。

 

そうなると、改善の意思ありと判断されるためクビにすることができなくなります。

 

結論として、仕事できない先輩をクビにすることは不可能なのです。

 

 

仕事しない先輩の思考

続いて、仕事しない先輩の思考についてお伝えします。

一言でいうと、「仕事してもメリットがない」と考えているためです。

・出世をあきらめている

・仕事の経験値を欲しいとおもっていない

 

順番に解説します。

 

 

仕事しない先輩の思考①出世をあきらめている

 

仕事をするモチベーションは人によりさまざまですが、会社員にとって出世は大きなきっかけです。

出世のために、ある程度の理不尽を耐えるという人も多いでしょう。

 

仕事しない先輩は出世をあきらめています。

年功序列の恩恵で給料もある程度確保しており、その給料が下がることもありません。

 

つまり、「現状を維持」が理想的な状態なのです。

仕事をして評価を上げようという考えはありません。

 

だから強いのです。

周囲の空気を読む必要がなくなり、堂々と仕事をしないでふるまうことができます。

 

 

仕事しない先輩の思考②経験値をほしいと思っていない

出世以外のモチベーションとしては「経験値」があげられます。

仕事をこなすことで成長し、あらたな仕事を任せられるようになり、さらに成長していく。

この好循環をモチベーションとしている人も多いでしょう。

 

仕事しない先輩の場合は、この向上心もありません。

仕事を通じて「成長していこう」という野心を持ち合わせていないのです。

 

年齢のことも考えると、転職などは考えずに今の会社で最後まで過ごそうと考えています。

よって、可能な限り楽をするために、仕事をしないように考えているのです。

 

 

仕事しない先輩を働かせることは不可能

仕事しない先輩の特徴をお伝えしました。

仕事しない先輩を働かせるにはどうしたらよいでしょうか?

 

結論をお伝えすると、仕事しない先輩を働かせることは不可能です。

また、大きなエネルギーを使っても働かせても、大したリターンを見込めません。

 

不可能な理由

・本人にやる気がない

・強制力を持たせられない

 

順番に解説します。

 

不可能な理由①本人にやる気がない

 

仕事しない先輩はやる気がありません。

ここまでお伝えしたように、「働かないほうが得」な構造になっているからです。

本人としては何が何でも仕事をしません。

 

仕事しない先輩が内発的動機づけにより働くことはこれからもないでしょう。

 

本人にやる気がない以上、働かせるには外発的動機づけに頼るしかありません。

 

 

不可能な理由②強制力を持たせられない

 

仕事しない先輩本人に働く気がないならば、手段は外発的動機付けに限られます。

 

「働いても得」することはないので、何らかの強制力(=損をする)を持たせる必要があります。

 

しかし、これも難しいといえます。

ここまでお伝えしたように、有効な手段がかなり制限されるためです。

・給料が下がらない

・クビになることもない

仕事しない先輩は「ある程度給料がもらえてクビにならなければいい」という考えですので、すでに有効手段はほとんど残されていません。

 

残された手段としては

・上司から注意してもらう

ことですが、これも効果は薄いです。

 

この理由は上司の視点から考えればわかります。

上司からしても働かない先輩を働かせるのに、エネルギーを使うのは大変です。

働く気がない先輩を働かせることにエネルギーを使うより、有能なあなたに働いてもらったほうが効率よく仕事が回ります。

 

 

怒っているあなたを何とかなだめて、仕事をさせるのがオチでしょう。

 

仕事しない先輩にイライラしない方法

仕事しない先輩にイライラしない方法をお伝えします。

・仕事しない先輩はいないものと考える

・仕事しない先輩は哀れな生き物だと知る

・仕事しない先輩のいない会社に転職する

順番に解説します。

 

 

イライラしない方法①仕事しない先輩はいないものと考える

 

仕事しない先輩はいないものだと考えましょう。

何も期待してはいけません。

イライラしてしまうのは、期待しているからです。

 

しゃべる置物と考えてください。

 

また、仕事しない先輩とは関わらないようにしましょう。

話しているとイライラが募るだけです。

できるだけ、コンタクトを取らないようにして、視界にも入れないようにしてください。

最初からいないものと考えて仕事を進めていきましょう。

 

 

イライラしない方法②仕事しない先輩は哀れだと知る

 

仕事しない先輩は非常に哀れな生き物だということを知ってください。

そうすればイライラもかなり収まります。

 

仕事しない先輩が哀れな理由

・会社にしがみつくしかない

・後輩に馬鹿にされている

・仕事ができないから、私生活でも損をしている

・今後も状況は悪化する一方

 

一面を見れば、仕事をしないで得をしているように見えます。

しかし、実際には自分の頭で考えることができない状態です。

 

会社から給料という施しを受けて、生活を維持しているにすぎません。

 

私生活でも「自分で考えて行動する」ことは非常に重要です。

人に言われるまま、ネットに流されるままでは右往左往して必ず損をすることになります。

 

仕事しない先輩は損をして生きているのです。

 

今後も年齢を重ねるととともに、思考停止が進んでいきます。

みじめな生活が待っているのです。

仕事しない先輩は毎日ただ「生きているだけ」の非常に哀れな生き物と理解してください。

 

 

イライラしない方法③他の会社に転職する

 

仕事しない先輩にイライラしないためには、転職してしまいましょう。

 

「周囲のレベルがあなたのレベル」という言葉があります。

 

イライラするということは、あなたのレベルは今の会社では満足できなくなっているのです。

もっと、レベルの高い人に囲まれた環境を目指すべき時期に来たといえるでしょう。

 

会社は人の集合体です。

よって、会社のレベルと所属している人のレベルは必ず一致します。

レベルの高い環境ならば、仕事しない先輩にイライラすることはありません。

・仕事にやりがいを見出し、

・人間関係も良好で、

・給料も上がる

 

転職はこんな夢をかなえてくれます。

リクルートエージェントでは非公開求人10万件を含む20万件以上の求人を取り扱っています。

 

転職活動は、「時間ができてからやろう」という考えはもったいないです。

 

転職サイトに登録さえしてしまえば、あとはいつでもスマホで求人を見ることができるようになります。

 

自分の好きなタイミングでサイトにアクセスして求人を検索できるからです。

 

最初の登録については、さっさとしておくべきでした。

 

転職活動はローリスクハイリターンとなります。

 

内定が出ても条件に満足できなければ転職しなければよいだけだ方です。

 

当たりが出るまで何度でも引けるくじ引きのようなものだからです。

 

よって、純粋に挑戦回数を増やすことが重要です。

 

当然のことながら、早く登録するほど、試行回数を増やすことができます。

 

定時退社するための方法をお伝えしてきましたが、そもそも残業が少ない会社に転職してしまえば、毎日何もせずに定時退社することができるようになります。

 

私の場合、残業時間がなくなったにも関わらず年収は大幅にアップしました。

 

・年収があがりすぎるくらいあがった

・残業時間が無くなった

・人間関係も良好

・仕事にも大いにやりがいを感じている

 

 

このような夢のような環境で働けています。

 

転職活動をするまでは、想像さえできない世界のなかに今の自分がいることを感じています。

 

行動をおこした過去の自分に本当に感謝です。

 

転職サイトは多くありますが、リクルートエージェントを利用すれば十分です。

 

リクルートエージェントを活用すれば、転職に関する不安は「全て」払しょくされます。

 

・業界最大手の求人数

・質の高いエージェント

・蓄積されたノウハウ

・洗練されたシステム

 

このサービスがすべて「無料」で利用できます。

使いたい放題で無料です。

 

登録は5分で完了します。

 

無料サービスなので、気に入らなければ、「使わなければいい」だけです。

 

ノーリスクハイリターンすぎるサービスです。

 

【リクルートエージェント】

✔業界最大手

✔20万件を超える非公開求人

✔手厚いサポート

✔登録は5分で完了

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

転職活動の基本から業界の動向など「これでもか」というほどの情報を教えてくれます。

 

また完全無料で利用できるという点も大きなメリットです。

とりあえず登録だけしておいて、情報を無料でおいしくいただくという活用方法は特におススメです。

 

勧誘の電話なども一切ありません。

 

希望求人に対して通知設定が可能です。

私のお勧めの利用方法は、希望求人にだけ通知アラートを設定しておいて放置することです。

あとはときどき暇つぶしに求人検索するだけで十分すぎるほどの情報が得られます。

 

 

転職に関しての情報を手に入れておけば、今の仕事に対しての働き方も変わってきますよ!

 

人生はほんの少しの「ずれ」で大きく変わることがあります。

私にとっては、それはリクルートエージェントに登録した5分でした。

ここで登録した5分がこのあとのあなたの人生を大きく変えるかもしれません。

 

しかし、機会を逃すと永遠にそれが失われる可能性もあります。

「あとで」ではなく、今登録しましょう。

最初の一歩が肝心です。

「いつかやろう」ではなく、「いまこの瞬間」に一歩を踏み出してください。

一歩をふみだすのとそうでないのとでは、一万倍以上の開きがあるのです。

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

また、転職活動において自身の「自分の適性」「市場価値」を把握しておくことは非常にお勧めです。

 

ミイダスの「コンピテンシー診断」を活用すれば、質問に答えるだけで「適正年収」「向いている仕事」を教えてくれます。

 

【コンピテンシー診断】

✔登録無料で利用可能です。✔2分で登録完了します。

✔100個以上の質問からあなたの性格を教えてくれます。

✔普通に性格診断として活用してみても面白いレベルです。私もときどき診断して遊んでいます。

完全無料で利用できます

 

Webで登録すればすぐに利用できるので、活用しないデメリットはありません。

登録は2分で完了します。

 

コンピテンシー診断とは?

質問に答えるだけで、あなたの持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司のタイプや部下のタイプなどが分かる適性テストです。

※ミイダスに本会員登録した後に無料で受験することができます。

引用元:ミイダス

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

 

仕事しない先輩~まとめ~

・仕事しない先輩が働かないのは、働かなくても給料が下がらずクビにならないから

・仕事しない先輩を働かせるのは不可能

・仕事しない先輩はいないものと考え、可哀そうな生き物と知る

・どうしても耐えられないなら仕事しない先輩のいない会社へ転職しよう

 

仕事しない先輩についてお伝えしました。

 

繰り返しになりますが、仕事しない先輩を動かすことはあきらめしょう。

そんなことにあなたの貴重なエネルギーを使うのは非常にもったいないことです。

 

お伝えしたように、あなたは今の会社で満足できないフェーズまで来ています。

仕事しない先輩のことで頭を悩ますよりも、あなた自身という貴重な資本を磨くことにエネルギーを投下していきましょう。

 

今の環境に満足できないならば、環境を動くほうが簡単です。

今の環境をよくするのは非常に労力を使います。

人を動かすよりも、自分が動くほうがはるかに簡単なのは理解できるでしょう。

 

どうかあなたを大事にした行動をしてください。

 

私の体験談はこちら。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝いたします!

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

最新情報をチェックしよう!