サラリーマンのたかがみの部屋です。

【社畜】毎日残業ばかりで疲れたときの対処法【ストレス】

悩んでる人
悩んでる人
・残業ばかりで疲れた

・毎日、残業している。社畜だ。

こんなことを考えていませんか?

 

✔記事の内容

・残業ばかりで疲れた状態が危険な理由

・残業ばかりで疲れた社畜からの脱出方法

 

 

毎日、残業ばかりだと疲れますよね。

結論をお伝えすると、残業ばかりで疲れた人はすぐに転職活動をしてください。

 

なぜなら残業が当たり前の状況は異常だからです。

放置すると命に関わります。

 

筆者は残業100時間のスーパーブラック企業に勤めていました。

残業ばかりで疲れた毎日で、ストレスフルの社畜でした。

あまりのストレスに30歳でガンを経験したほどです。

 

今は転職し、残業ほぼゼロでストレスなくやっております。

 

本記事を読むことで、残業ばかりで疲れた社畜の日々から解放されることができます。

毎日定時で帰って、自分や家族の時間をしっかり取るほうがいいですよね?

社畜状態から理想の状態に近づいていきましょう。

 

 

【社畜】残業ばかりで疲れたは危険信号

残業ばかりで疲れたは体からの危険信号です。

異常な環境で疲れたまま頑張ってしまうと人間はすぐに壊れてしまいます。

 

体の危険信号に耳を傾けるようにしてください。

 

危険な理由

・ストレスが少しずつ蓄積される

・病気になる可能性がある

・会社は守ってくれない

 

順番に解説していきます。

 

危険な理由①ストレスは少しずつ蓄積されていく

 

残業ばかりで疲れたときはストレスを感じています。

ストレスは少しずつ蓄積されていきます。

 

蓄積されたストレスは確実に体と心にダメージを与えます。

私は30歳でがんを経験しました。

これは1日2日でなったものではありません。

 

体にストレスが蓄積されていった結果です。

蓄積されたストレスは確実に悪影響を与えます。

 

 

危険な理由②病気になる危険。事故にあう危険

 

残業ばかりで疲れた日々が続くと病気になります。

 

病気のリスク

・精神を病んでうつ病になる

・体に異常が起きる

・年を取るほど、病気になりやすい

 

私の場合は、ガンになりました。

幸運にも現在は後遺症なく生活できておりますが、発見が遅れていたら死んでいました。

あなたの体にも病気が進んでいる可能性があります。

 

また、疲れが事故につながる可能性もあります。

 

・駅のホームで立ちくらみがきて転倒する

・車の運転中に意識を失う

 

たかが、ストレスと侮らないでください。

本当に命に関わるのです。

 

 

危険な理由③会社は自分を守ってくれない

 

もしも、病気になっても会社は守ってくれません。

社畜として使い捨てられます。

 

1年間くらいは保証してくれるかもしれません。

しかし、その後のあなたの人生について会社は責任を取りません。

 

私の場合は幸運にも、病気が治って元気に暮らせています。

しかし、もしも発見が遅れていた場合・・・。

 

・後遺症が残り、もとの体に戻らない

・最悪死んでいた

 

そうなってからでは遅いのです。

危険信号を感じられる今のうちに行動をしてください。

 

 

 

残業ばかりで疲れたときの対処法

残業ばかりで疲れた状態の異常性をお伝えしました。

 

続いて、残業ばかりで疲れたときの対処法をお伝えします。

 

対処法

・定時で帰る

・会社を休む

・転職活動をする

 

順番に解説していきます。

 

 

対処法①定時で帰る

 

残業ばかりで疲れている人は定時で帰宅しましょう。

定時で帰宅することで疲れをとりましょう。

 

悩んでる人
悩んでる人
定時で帰れないから困っている・・・

 

定時で帰れない原因を順番につぶしていきましょう。

 

・仕事が多い

→仕事を断りましょう。

 

・みんなが残業しているから帰りにくい

→気にせず帰りましょう

 

悩んでる人
悩んでる人
わかってるけど実行できないよ・・・。

 

そんなあなたは転職活動をしましょう。

実際に転職しなくてもOKです。

 

転職活動すれば、仕事を断れるようになります。

このあと解説します。

 

 

 

対処法②会社を休む

 

残業ばかりで疲れたときは、会社を休みましょう。

会社を休んで疲れた状態をリフレッシュさせましょう。

 

会社を休むことで、状況が改善します。

 

会社を休むメリット

・体と心のリフレッシュ

・リセットすることで新しい可能性が生まれる

・あなたの状態を会社に突き付けられる

 

一度休むことで、これまでは思いつかなかった考えが生まれるかもしれません。

また、回復することで実際に行動に移すことができるでしょう。

 

必要ならば1週間でも1か月でも休みましょう。

「あなたが疲れている」という状況を、会社に伝えられるというメリットもあります。

 

会社は組織で動いています。

あなたが休んでも必ず会社は周ります。

自分を大事にしてください。

 

 

 

対処法③転職活動をする

 

残業ばかりで疲れた日々を変えるために、転職活動をしましょう。

すぐに転職しなくても、転職活動だけはしておきましょう。

 

転職活動することで心にゆとりが生まれます。

少しずつ「いざとなれば転職できる」という自信がついてきます。

 

✔転職活動のメリット

・嫌な仕事を断れる

・抵抗なく反論できる

・無駄な付き合いを捨てられる

 

自信がついてくると、会社で残業をしなくて済みます。

嫌な上司に転職をちらつかせて、仕事を断ると気持ちいいと思いませんか?

 

会社に依存しなくなっていきます。

社畜からの脱出です。

 

転職と聞くとハードルが高く感じるかもしれません。

 

転職はリスクがありますが、転職活動はリスクがありません。

良い条件が出なければ転職しなければいいのです。

 

転職活動するだけで、今の残業ばかりで疲れた状況は改善します。

やらない理由がありません。

 

何をすればよいかわからないという方は転職エージェントに登録してください。

エージェントが手取り足取り教えてくれるため、転職の不安も解消されます。

 

現在の仕事の悩みについても相談に応じてくれますよ。

無料で利用できるので、気軽に相談から始めてみましょう。

 

 

残業ばかりで疲れた状態は異常

残業ばかりで疲れた状態が危険な理由

 

・ストレスが蓄積される

・病気や事故の可能性がある

・会社は守ってくれない

 

残業ばかりで疲れたという状態は異常です。

理由は会社全体で残業が当たり前になっているからです。

 

残業はスポーツで言えば延長戦です。

本来は予備です。

 

たかがみ
たかがみ
延長戦が当たり前という状態はおかしいですよね?

 

定時で帰るのが普通なのです。

 

私の場合も転職前は残業100時間が当たり前でした。

今の残業時間は10時間程度です。

 

私はガンを経験したことで、命の危険を感じました。

状況を変えるために行動が必要と考え実行しました。

 

行動しなければ状況は変えられません。

自分の状況を変えられるのは自分なのです。

 

残業ばかりで疲れた日々で体と心がボロボロになってしまいます。

ボロボロになってからでは遅いのです。

 

そのときは、行動する気力が一切残っていないかもしれません。

状況を変えられる今のうちに行動に移しましょう。

 

最初の一歩は非常に小さな一歩で大丈夫です。

 

たとえば、私の場合は最初の一歩は転職エージェントに相談から始めました。

小さな一歩でも積み重ねれば、少しずつ自由に近づいていきます。

 

あなたの人生から自由を取り戻すための行動をしてみてください。

最新情報をチェックしよう!