サラリーマンのたかがみの部屋です。

【具体例7つ】仕事が辛いときに「会社を休むための理由」を7つ紹介

悩んでる人
悩んでる人
仕事が辛い。
仕事を休みたい。

 

・仕事を休みたいけど休めない

・辛いときに仕事を休む方法が知りたい

・仕事の休み方の連絡の入れ方がわからない

・仕事を休みたいけど理由が思いつかない

 

 

こんなことを考えていませんか?

会社員が仕事を休むことは抵抗がありますよね。

 

真面目で責任感が強い方ほど、仕事を休むことに抵抗が強いと思います。

周りの目も気になりますよね。

しかし、仕事が辛いときは無理せず仕事を休みましょう。

辛いと感じるのはあなたの心と体があなたにSOSを出しているのです。

心と体のSOSにしっかりと耳を傾けてください。

 

本記事では、当日に仕事を休む方法についてお伝えします。

休んでもいい理由と、具体的な休む時の例についてもあわせてお伝えしますので、本記事をお読みいただくことで、抵抗感なく確実に休むことができるようになります。

自分を大事にした働き方をしていきましょう。

 

 

目次

仕事を休むことは悪いことではない

まずお伝えしたいことが仕事を休むのは良いことだという点です。

仕事を休むのを悪いことだと思っていませんか?

仕事を休むのを悪いことだと思っているのは、あなたが真面目で責任感が強い人だからです。

そのため仕事を休むことに抵抗感や罪悪感を抱いていることでしょう。

 

仕事が辛いと感じるのは心と体のSOS

しかし、冒頭でも申し上げましたが、「仕事が辛い」と感じているときは心と体があなたにSOSを送っているのです。

人間ももともとは自然界で暮らしていた生物です。

生き残る確率を上げるための防衛本能として、心と体がSOSを出す仕組みとなっているのです。

 

休むことでパフォーマンスが回復する

また、どれほど有能な人であっても休みなく働き続けることは不可能です。

人間は機械ではありません。

短期的には無理をすることができても、長期的には無理は必ず破綻します。

100mを10秒で走るというパフォーマンスができても、1000mを100秒で走ることは不可能でしょう。

パフォーマンスを発揮するためには、休むという行為は必要不可欠なことなのです。

 

辛いと感じるときは休もう。自分を大事にしてほしい

そして、真面目で責任感の強いあなたにお伝えしたいことが、「自分を大事にしてほしい」ということです。

あなたは世界でただ一人しかいません。

あなたが無理をして、多大なるダメージを受けてしまっては取り返しがつかないのです。

あなたは自分を大事にする責任があります。

 

辛いという心の声を素直に聴こう。

心と体のSOSを頭で考えて打ち消してしまっていませんか?

頭で考えて打ち消すとは、「~~すべきである。~~しなくてはいけない」という理論です。

理論ではなく、“辛い“という「心の声=感情」を大事にしましょう。

感情を大事にすることが自分を大事にすることにつながります。

本日お伝えするのは「会社を休むための方法」です。

たとえば、「実際に体調不良でないのに休んではいけない」と頭で考えるのではなく、“辛い”という心の声を素直に聞き、「スムーズに休むための理由」として今回紹介する方法を利用してください。

関連記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

 

仕事を休むための理由は大きく分けて2つある

辛いときは仕事をどんどん休んでもよいとお伝えしました。

次に課題になってくるのが仕事を休むための理由です。

仕事を休むためには、他の人へ説明しやすい理由があったほうが良いです。

仕事を休むための理由を具体的に紹介します。

いつでも使える理由は、大きく分けて2つあります。

〇体調不良

〇家族事情

状況に応じてうまく使い分けてください。

 

仕事が辛いときに休むための理由①~④~体調不良で休む~

仕事が辛いときに休む理由の①~④は「体調が悪いため休む」というものです。

体調不良は誰にでもあるため、当日休むための理由としては王道といえるでしょう。

無理をして会社に行くと、迷惑をかける可能性もあるため、「早く治すために休む」という説得性を持たせることもできます。

パターンを紹介しますので、自分に使いやすいものを選んでください。

 

仕事が辛いときに休むための理由①熱がある

発熱で休むというものです。

「検温の結果熱があるので休む」と伝えましょう。

熱の上がりかけに無理をしてしまうと、大きく体調を崩す可能性があります。

シンプルに「〇度あるので休みます」と伝えやすいのもメリットです。

 

仕事が辛いときに休むための理由②風邪気味である

熱がなくても、風邪の場合は咳や鼻水などの症状が出ることがあります。

風邪の場合は周りに移してしまう可能性もあります。

「周囲への配慮として早く治すために休む」という理由が言いやすいでしょう。

 

仕事が辛いときに休むための理由③腹痛

腹痛で会社を休むというのも実は有効です。

腹痛では休みにくいのでは?と考える人がいますが、年に何人かは実際に腹痛で会社を休んでいます。

特に女性の場合は生理痛で、おなかが痛いと本当に動けなくなってしまうということも大いにありえます。

(就業規則で生理休暇がある場合はそちらも利用しましょう。)

 

 

仕事が辛いときに休むための理由④腰痛

実際に腰痛になったことがある方はわかると思いますが、腰痛は本当に辛いです。

起き上がることができません。

しかも腰痛は癖になりやすいため、何度も使うことができます。

たとえば、ぎっくり腰の経験のある方は、休む時の理由に腰痛を加えてみましょう。

 

仕事が辛いときに休むための理由⑤~⑦~家族事情で休む~

仕事が辛いときに休む理由⑤~⑦は家族事情で休むことです。

基本的に家族事情については、会社は深く立ち入ることができません。

仕事よりも家族を優先するというのも当然のことです。

 

仕事が辛いときに休むための理由⑤親が体調不良

親が体調不良というのも休みやすい理由です。

働いている世代の両親は高齢に差し掛かっています。

何らかの病気を抱えていても不思議ではありません。

実家暮らしの方は付き添いをする、離れて暮らしている方は様子を見に行くというという理由で会社を休んでしまいましょう。

 

仕事が辛いときに休むための理由⑥子供が体調不良

夫婦が共働きなのも普通の時代になってきました。

お子さんが体調不良とのきはどちらかが会社を休んで家で看病する必要があります。

必ずしも「女性が仕事を休んで子供の面倒をみる」という価値観は時代とあっていません。

あなたが男性で会っても子供の面倒を理由に休むことは正当な権利であることを覚えておいてください。

 

仕事が辛いときに休むための理由⑦親戚の誰かが亡くなった

親戚が亡くなり葬式に出席するために休むというものです。

この手の嘘で両親を利用するのは少々気まずいので、当たり障りのない親戚にしておきましょう。

また、何度も同じ人が亡くなるということは避けるように配慮してください。

 

仕事が辛いときに休むときの注意点3つ

反対に、休むための理由として避けたほうが良いものを紹介します。

 

※今回は「“建て前として休む理由“に利用する場合」は避けたほうがいいという意味で紹介します。

実際に発生した場合に、休むときは堂々と休んでください。

仕事が辛いときに休むときの注意点①特定の病名をいう

特定の病名を言うのはお勧めしません。

例えばインフルエンザにかかってしまったなどです。

特定の病名を言ってしまうと、手続きのために「病院の診断書を提出しろ」と言われてしまう可能性があるためです。

もちろん実際にその病気にかかっている場合は堂々と言ってください。

必要都度診断書も入手しましょう。

しかし、建前として病欠するときは特定の病名を言うのは避けるようにしましょう。

※長期的な休みを狙う時は具体的な病名を出したほうが効果的な場合があります。

今回は年に数回1日だけ休むというケースですのでリスクを抑える方法を紹介しています。

 

 

仕事が辛いときに休むときの注意点②設定を細かく練りすぎない。余計ないことは言わない

特定の病名を言うことにも共通していますが、設定をこまかく練りすぎると逆効果です。

簡潔に伝えるようにしましょう。

「熱があるから休む」、「腹痛があるから休む」だけで十分です

細かい原因まで伝えると急に嘘くさくなります。

たとえば、腹痛で休む時

・昨日食べた~~~にあたり腹痛である

腰痛で休む時

・昨日~~~を持ち上げるときに無理な姿勢をとったため腰痛になってしまった

という感じは嘘くさいです。

 

仕事が辛いときに休むときの注意点③迷ったら実際に休む時を思い出そう

どう伝えればよいか迷ったときは、実際に体調不良で休むときのことを思い出しましょう。

体調不良の明確に原因はわからないものです。

熱が出るにしろ、腹痛にしろ「仕事の疲れや環境の変化」などいろいろな要因が積み重なって、ぽんと現れます。

よって、朝起きたら体調が悪いので休む、それだけで十分です。

 

仕事を休む時の連絡の入れ方などはこちらをご参考ください。

関連記事:【テンプレあり】仕事を当日休む時の連絡の入れ方~辛い仕事を休む方法~

 

 

仕事を休む権利は誰にでもある

仕事を休む権利は誰にでもあります。

どれほど大事に思える仕事であっても、あなたより大事なはずがありません。

たとえ、どんなに繁忙期であっても、あなたは仕事を休んでもよいのです。

会社はそれを拒むことはできません。

もしも、あなたが仕事を休もうとしたときに、休むことを妨害するような会社だとしたら、まともな会社ではありません。

早急に転職を視野に入れましょう。

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ

関連記事:仕事の悩みでストレスを抱えている人が取るべきたった一つの行動

 

 

仕事が辛いときに「会社を休むための理由」を紹介~まとめ~

仕事を休む方法についてお伝えしました。

仕事が辛いときはゆっくりと仕事を休みましょう。

ゆっくりと休むことで心と体が回復します。

 

ここまで読んでもまだ仕事を休むことに抵抗感のある方は、「仕事をしなくてはいけない」という思い込みを手放してください。

あなたには選ぶ権利があります。

あなたは仕事をしてもいいし、しなくてもいいのです。

いつでもどんなときでも選択肢があるということを心に刻んでください。

関連記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

関連記事:辛い仕事から逃げる方法~逃げたいなら逃げていい~

関連記事:【テンプレあり】仕事を当日休む時の連絡の入れ方~辛い仕事を休む方法~

関連記事:【厳選9つ】仕事が辛いときは仕事をサボろう~仕事をサボる方法~

 

また、仕事を休んだ日の過ごし方についてはこちらをご覧ください。

関連記事:【具体例あり】仕事を当日休むのは良いこと!~仕事をいきなり休んだ日の過ごし方~

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

 

当サイトでは会社員生活を自由にするための知恵を配信しております。

会社や仕事のことで悩みがあるならば、他の記事もご覧ください。

必ず答えが見つかるはずです。

おススメ記事:【具体例あり】仕事を当日休むのは良いこと!~仕事をいきなり休んだ日の過ごし方~

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときは仕事をサボろう~仕事をサボる方法~

おススメ記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

おススメ記事:【厳選6つ】辛い仕事から逃げる方法~逃げたいなら逃げていい~

おススメ記事:仕事の悩みでストレスを抱えている人が取るべきたった一つの行動

おススメ記事:【逃げたい】仕事をいつまで頑張ればよいかと考えているあなたへ~いつでも逃げてよい~

おススメ記事:仕事が辛い。打たれ弱いと思っている人に伝えたいこと~自己肯定感を上げる方法~

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法

おススメ記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:【厳選7つ】自己肯定感を上げて仕事を楽しもう~自己肯定感を高める方法~

 

最新情報をチェックしよう!