サラリーマンのたかがみの部屋です。

【体験談】知っていますか?転職が最も成功するタイミングは「仕事に不満がないとき」です。

悩んでる人
悩んでる人
最近転職がブームだな。
でも自分は会社に大きな不満はないから、関係ないや。
最近の転職ブームの押し売りがうざく感じる。

そう考えているあなたは大きなチャンスを逃しています。

なぜなら、「会社に不満がなく、仕事が充実している」と感じるときほど、転職がうまくいくからです。

そういう意味であなたは今、絶好のチャンスにいると言えます。

筆者経歴

・残業毎月100時間越えのスーパーブラック企業勤め(最高150時間越え3か月連続)

・あまりのストレスから30歳でガンを経験(精巣腫瘍、医学的には要因不明)

・のちに転職。転職内定は5社

・転職先は売り上げ5兆円越えの大企業

毎月残業を100時間しているときは、「毎日会社を辞めたい」と思っていました。

しかし転職した理由は「会社への不満」からではありません。

むしろ逆です。「仕事が充実している」と思う時に転職しました。

矛盾だらけに聞こえますが、これらの詳細については、体験談で後ほど詳しく語らせていただきます。

今回お伝えする内容は、私が実践して成功した経験を共有させていただくものです。

今、転職に全く興味がなくても「知っておいて」絶対に損はありません。

おススメ記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ

 

転職に最も成功するタイミング

まず、端的に結論を申し上げます。

転職に最も成功するタイミングは「今の会社に全く不満がなく、仕事が充実しているとき」です。

 

「仕事に不満がないとき」ほど転職が成功しやすい理由

「仕事に不満がないとき」ほど転職が成功しやすい理由は3つです。

・精神的な余裕があるため

・仕事に対して前向きなため

・自信がみなぎっているため

順番に解説していきます。

 

精神的な余裕があるため

まず、「精神的な余裕がある」という点があげられます。

端的に言えば、「良い条件のところでなければ、今の会社でいてもいい」と思う気持ちです。

応募する企業の選び方、面接での受け答えの仕方に対して、精神的なゆとりがいい結果をもたらします。

会社との関係はよく「恋愛」にたとえられます。

あなたは今恋人がいますか?あるいは、いたことがありますか?

恋人がいないときよりも、恋人がいるときのほうが「モテる」という経験はないでしょうか。

(既婚者の場合は独身時代を思い出してください)

これは「精神的なゆとり」がもたらすものです。

言い方は悪いのですが、「がつがつしていない」くらいのほうがうまくいくのです。

 

仕事に対して前向きなため

今の会社に不満がないという方は、仕事に対して前向きです。

仕事を面白いと感じていたり、仕事にやりがいを感じていたりすることでしょう。

転職活動するときにこの姿勢は非常にプラスに働きます。

面接官は人間です。

「一緒に働きたいか」という視点で面接を行います。

仕事に対して「不満」を持つ人よりも、前向きな人と働きたいと思うのは当然です。

 

自信がみなぎっているため

転職活動は端的に言うと、「自分という商品を企業に対して売り込む活動」です。

営業活動の一種と言えます。

営業活動において自信は必須です。

あなたが、なにか商品を買う時を思い浮かべてください。

自信のない店員さん「この商品はこんな欠点あるんですけど、それでもよければ買ってください」

自信のある店員さん「この商品は、〇〇の点でお勧めです。お客様の期待にこたえられると思います!」

どちらから「買いたい」と思うかは明らかに違うと思います。

 

私の体験談

僭越ですが、私自身の経験を少し語らせていただきます。

冒頭で申し上げたように私はスーパーブラック企業から転職しました。

しかし、私が転職したのは「しんどいから」という理由ではありませんでした。

正確に言うと、毎月残業を100時間しているときは、「毎日会社を辞めたい」と思っていましたが、転職できなかい状態だったのです。

 

仕事が充実し始めた

毎月残業100時間越えで働いていた私ですが、あるとき異動します。

この異動が人生を大きく変えました。

異動後は「同じ会社か」と思うほど、仕事の負荷が減ったのです。

・残業時間は3分の1になりました。(今思うとそれでも多い)

・仕事内容も変わり、力が付きました

環境が変わったことで、仕事を楽しめるようになったのです。

そんなときに、ふと「転職サイトに登録だけしてみよう」と考えたのです。

もっともしんどいスーパーブラックにいるときは日々に忙殺されていて、「転職」について全く考える余裕がありませんでした。

しかし、異動し仕事が充実してきたことにより、将来のキャリアについて向き合おうと思えるようになったのです。

 

今仕事が充実していても、将来は何が起こるかわからない

私の場合は異動により、よいほうに人生が転がりました。

しかし、これは逆もあり得ると思います。

つまり、今は会社に全く不満がないとしても「異動」や「会社事情」により、仕事に対して前向きでいられなくなる日が来るかもしれないということです。

私はスーパーブラックを経験していたからこそわかります。

スーパーブラックにいると、「何もする気がおきない」状態になります。

会社にすべてのエネルギーを吸い取られてしまうのです。

その状態では「まともな転職活動はできない」です。

毎月残業を100時間しているときは、「毎日会社を辞めたい」と思っていました。

異動により状況は改善しましたが「もしかすると、また状況が変わる可能性があるかもしれない」と考えるようになりました。

 

動けるときに動いておく

残業100時間の恐ろしさを私は知っています。

そこからスタートを切っては遅いと考えました。

よって、「転職するかしないかは、あとで判断するとして、準備として転職サイトに登録だけはしておこう」と考えました。

合わせて読みたい

おススメ記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ

おススメ記事:転職と転職活動は別!転職活動はノーリスク

 

実際に転職活動をやってみるとハードルの低さにびっくりした

当初、私は転職活動にハードルの高さを感じていました。

転職活動はものすごく大変なものだと思っていたのです。

しかし、実際にやってみると「ネットサーフィン」と同じレベルでした。

暇つぶしにサイトを眺めることで、気分転換にもなりました。

求人を眺めるだけでも、業界の傾向や仕事の種類がわかり、自分の視野が広がることも感じました。

合わせて読みたい

転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じレベル

自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

合わせて読みたい

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

 

最初の内定

ある日試しに、求人に1社応募してみたら、あまりにも簡単に内定をいただけました。

その会社にはいかなかったのですが、ここから私の人生は大きく変わります。

他の企業も応募するのですが、次々と内定をいただけます。

ちなみに、私は新卒の就職活動の時はたくさん応募してなんとか1社の内定を獲得した程度でした。(その1社がスーパーブラックとは当時は知る由もなく・・・・。)

新卒の就職活動のハードさと比べられないくらい「簡単」でした。

 

そして実際に転職

内定を獲得するたびに「じゃあもう少しだけ高望みしよう」と考えるようになりました。

仕事をやりながらなので、片手間程度の活動です。

しかし、それでも最終的に合計5社の内定を獲得し、最終的に今の会社に転職しました。

労働時間が大幅に減ったにもかかわらず、年収は200万円以上アップしました。

もちろん大満足の結果です。

自分でも間違いなく「成功の転職」と自信を持って言えます。

 

まとめ。今の仕事が充実しているときは大きなチャンス

私は転職サイトに登録だけをしたことで、人生を大きく変えることができました。

登録に使った時間は5分程度です。

5分が私の人生の分岐点だったといえます。

あなたが今、仕事が非常に充実しているならば、大きなチャンスです。

今の仕事が充実しているからこそ、冷静な判断ができます。行動がとれます。

異動などによって、状況が変わってからでは手遅れになる可能性があります。

この今の恵まれた環境をフルにいかしてください。

もしかすると5分があなたの人生を変えるかもしれません。

たかがみ
たかがみ
最後までお読みいただきましてありがとうございます。
あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

当サイトでは会社員生活を自由に豊かにしていくための知恵を配信しております。

よろしければ他の記事もご覧ください。

あなたの人生に価値を提供できればこれ以上の幸せはございません。

おススメ記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:仕事で自分は打たれ弱いと思う時の対処法~自己肯定感を高める方法~

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:仕事が辛いと感じるときに異動は有効な手段

 

最新情報をチェックしよう!