サラリーマンのたかがみの部屋です。

【すぐ実践できる!】仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

仕事で嫌なことがあっても、なかなか忘れられないという経験はありませんか?

せっかくのプライベートの時間に嫌な気持ちを引きずってしまっては非常にもったいないです。

仕事で嫌なことがあったときは、早く忘れたいと思いますよね。

本記事では、気持ちを上手に切り替えるための方法を7つお伝えします。

どれも簡単に実践できてすぐに効果を感じられるものばかりです。

・残業毎月100時間越えのスーパーブラック企業経験者

・仕事内容はクレーム処理でストレスフル

・あまりのストレスから30歳でガンを経験(精巣腫瘍、医学的には要因不明)

私の仕事は基本的に怒鳴られる仕事でした。

客先だけでなく、上司からも毎日怒鳴られていました。

つまり、「仕事で嫌なこと」を毎日経験していました・・・(笑)

今回お伝えするのは、そんな私が生み出した仕事の嫌なことを忘れる方法です。

同時にやりがちな失敗についてもお伝えします。

一緒に仕事の嫌なことをきれいさっぱり忘れてしまいましょう!

 

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:仕事で打たれ弱い人へ~自己肯定感を高める方法~

おススメ記事:仕事が辛いときに頑張る方法

仕事の嫌なことを忘れるために大事なこと。「無理に忘れようとしない」

仕事の嫌なことを忘れるために大事なことは、「無理に忘れようとしないこと」です。

少々矛盾して聞こえますが、人間は不思議なもので、「忘れよう、忘れよう」とするとかえって記憶が強固になってしまいます。

これは誰にでも経験があるのではないでしょうか。

また、自分自身の感情を否定してしまうと、別の面で心に負担をかけてしまいます。

よって、無理やり忘れようとするのではなく、嫌な気持ちを一度は受け止めたうえで、自然と忘れていくというのが理想的です。

仕事の嫌なことを自然と忘れられるという方法を具体的に7つ紹介します。

どれも簡単に実践できる方法ですので、自分に合った方法を実践してみてください。

おススメ記事:仕事で打たれ弱い人へ~自己肯定感を高める方法~

仕事の嫌なことを忘れる方法7つ

仕事の嫌なことを忘れる方法を7つ紹介します。

どれも実際に私が実践して、効果を感じられたものを紹介します。

1 とにかく寝る

2 食事をゆっくりとる

3 転職サイトで求人を見る

4 5分間の瞑想を行う

5 嫌な気持ちを紙に書きだす

6 専門家に相談する

7 軽く運動する

順番に解説していきます。

 

仕事の嫌なことを忘れる方法その1・・・とにかく寝る

仕事の嫌なことを忘れる方法その1は「とにかく寝る」ことです。

人は寝ることで気持ちがリセットされます。

嫌なことがあったと思った日は早めに寝るようにしましょう。

また寝ることで体力も回復します。

体の調子が整うと、気持ちも整いやすくなります。

難しいことを考えずに寝るだけでよいです。

寝ることで、嫌なことを自然と忘れることができます。

寝る前に瞑想(あとで紹介します)をおこなうとさらに効果的です。

 

仕事の嫌なことを忘れる方法その2・・・食事をゆっくりとる

仕事の嫌なことを忘れる方法その2は「食事をゆっくりととる」ことです。

ポイントは「ゆっくりと」とることです。

失敗方法でお伝えしますが、やけ食い気味にたくさん食べると逆効果になります。

ゆっくりと味わって食べることで、気持ちを落ち着かせましょう。

健康にもよいです。

【マインドフルネス】といって、その瞬間に集中する方法が特に効果的です。

スマホやテレビを消して目の前の食事だけに集中してみてください。

〇マインドフルネス食事法

・口に入れる前に「今からこれを口に入れます」と心の中で唱えます

・噛む時に、食感を感じます。

・味も意識して味わうようにしましょう。

心の中が「食事の満足感」で満たされるようになります。

目の前の食事のみに集中することで仕事の嫌な気持ちを自然と忘れていきます。

 

仕事の嫌なことを忘れる方法その3・・・転職サイトで求人を見る

仕事の嫌なことを忘れる方法その3は「転職サイトで求人を見る」ことです。

転職サイトで求人をみると「世の中には非常にたくさんの仕事がある」ということがわかります。

実際に本格的な転職活動をしなくても、たくさん求人があるのを見ると「今の会社に依存する必要はない」と自然と思えるようになります。

リクナビNEXTでは業界最大数の求人を掲載しています。

5分ほどで登録できますので、とりあえず登録だけしてみましょう。

勧誘の電話などはないので、「求人をみるだけ」という目的に集中して利用できます。

嫌な気持ちがあったときの気分転換に、「ネットサーフィン替わりで見る」という使い方をお勧めします。

関連記事:転職活動はネットサーフィンと同じレベル

関連記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

仕事の嫌なことを忘れる方法その4・・・5分間の瞑想をする

仕事の嫌なことを忘れる方法その4は「5分間の瞑想をする」ことです。

誰でもできる簡易的な瞑想を紹介します。

私も毎晩寝る前に行っています。

気持ちが非常にリセットされるので、ぜひとも習慣化してみてください。

瞑想の方法

・できるだけ、静かになれる場所でリラックスした態勢をとりましょう。

・目をつぶります。

・ゆっくりと深呼吸を繰り返します。

・呼吸を吸うとき・吐くときに「自分の呼吸」を感じてください。

・感覚で心を満たしていきます。

・この時に湧き上がってくる感情を否定しないでください。

・感情を「自分は今、こんな気持ちになっているんだな」と「客観的に」感じるようにしてください。

・5分ほど「自分の呼吸」と「湧き上がってくる感情」に集中することを繰り返します。

徐々に心が落ち着いてくるのを感じられるはずです。

おススメ記事:仕事で打たれ弱い人へ~自己肯定感を高める方法~

仕事の嫌なことを忘れる方法その5・・・嫌な気持ちを紙に書きだす

仕事の嫌なことを忘れる方法その5は「嫌な気持ちを紙に書きだす」ことです。

嫌なことが忘れられないのは、宙ぶらりんだからということが多いです。

紙に書きだすことには思考を整理する効果があります。

紙に書きだすことで自分は何に嫌な気持ちを感じたかが言語化されるからです。

自分はどうして嫌な気持がしたのかが、紙に書くことで明確になります。

もちろん、明確になっていなくても紙に書いて構いません。

書いているうちに思考が整理されていくはずです。

自分の気持ちを素直に書きだすことで、仕事の嫌な気持ちは自然と薄れていきます。

 

仕事の嫌なことを忘れる方法その6・・・専門家に相談する

仕事の嫌なことを忘れる方法その6は「専門家に相談する」ことです。

紙に書きだすことでも紹介しましたが、嫌な気持ちというのは気持ちが宙ぶらりんな時が多いです。

そんなときは「自分が何かに悩んでいるが、何に悩んでいるかわからない」という状況であることも多いです。

関連記事:自分が何に悩んでいるかわからないとき

関連記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

専門家に相談することで、自分の悩みが明確になる可能性が高まります。

転職エージェントは仕事に関する悩みについての専門家です。

さまざまな仕事の悩みや嫌な気持ちについて、相談を受けた経験があります。

過去に「あなたと同じことで悩んでいた人」を対応した経験があるはずです。

一度相談してみることで、嫌な気持ちがなくなる可能性は高いでしょう。

相談無料で利用でき、電話でも対面の面談でも対応可能です。

積極的に利用するようにしましょう。

関連記事:仕事で悩んだら専門家に相談しよう。

 

仕事の嫌なことを忘れる方法その7・・・軽く運動する

仕事の嫌なことを忘れる方法その7は「軽く運動する」ことです。

不思議なことに体を動かすと、頭がすっきりしますよね。

理想としては軽いジョギングがお勧めです。

少し汗ばむくらいに負荷が良いでしょう。

心の中にあるもやもやとした嫌な気持ちも自然となくなります。

 

仕事の嫌なことを忘れる方法~やりがちな失敗を2つ紹介します~

仕事の嫌なことを忘れようとしてやりがちな失敗を2つ紹介します・

・やけ酒を飲む

・やけ食いをする

どちらも一度は経験があるのではないでしょうか?

 

失敗方法①やけ酒を飲む

仕事の嫌なことを忘れるためにお酒を飲むという人は多いと思います。

お酒を飲むと気分転換になると言われていますが、一時的なものです。

お酒を飲んでいるときは一時的に気持ちがリフレッシュするように感じますが、飲み終わった後に反動が来ます。

飲みすぎて二日酔いを起こして、かえって気分が落ち込むという経験はありませんか?

また、飲みすぎると睡眠も浅くなります。

後述しますが、嫌なことを忘れるためにはしっかりと睡眠をとる必要があるのです。

 

失敗方法②やけ食いをする

仕事の嫌なことを忘れるために「食べる」というパターンも多いでしょう。

いわゆる「やけ食い」ですが、これもやりがちな失敗です。

先ほどもお伝えしましたが、食べること自体はストレス解消としては有効です。

しかし、やけ食いはお勧めしません。

体に負担がかかってしまい、長期的には余計にストレスをためてしまいます。

ストレスをためた結果さらに食べる量が増えるという悪循環になります。

食べる行為でストレスを解消するならば、「ゆっくりと味わって食べる」【マインドフルネス】の方法をとってみましょう。

 

仕事の嫌なことを「忘れる必要がない」のが一番良い状況

仕事の嫌なことを忘れる方法をお伝えしました。

しかし、一番良いのは仕事で「嫌なことを忘れる必要さえない」ことです。

つまり、そもそも仕事の「嫌なことが発生しない」という状況です。

毎日嫌なことが発生し、それに対処していくよりも、そもそも嫌なことが発生しない状況を作り上げるほうが理想的だということを覚えておいてください。

関連記事:仕事で悩んでいる人が最初にとるたった1つの行動。

関連記事

・毎日の仕事がつまらない ・人間関係で消耗している ・現在の収入で将来が不安だ こんな悩みを抱えていませんか? 仕事の悩みは大きなストレスになりますよね。 毎日長い時間を過ごす仕事のことで悩むと受け[…]

仕事の嫌なことを忘れる方法の効果を感じられなかったら

本日紹介した「仕事の嫌なことを忘れる方法」を試したとしても、まったく効果を感じられなかったとしたら、あなたの仕事がそもそもあなたに合っていない可能性があります。

誰にでも合う合わないはあります。

自分に合っていないという環境の中にいては、毎回のストレスが非常に高いでしょう。

その状況では、効果を感じにくくなってしまっているのです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用すれば、自分の長所が明確になります。

自分に合った仕事を見つけられる可能性がぐっと高まります。

登録は無料で5分ほどで完了しますので、迷ったらまずは診断を受けてみましょう。

☆リクナビNEXTのグッドポイント診断について

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

本記事を通して、あなたの心を少しでも軽くすることができたのならば、これ以上の幸せはございません。

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:仕事で打たれ弱い人へ~自己肯定感を高める方法~

 

最新情報をチェックしよう!