サラリーマンのたかがみの部屋です。

【仕事の悩み】何に悩んでいるかわからないときの対処法

悩んでる人
悩んでる人
仕事のことで悩んでいる。
でも自分が何に悩んでいるかわからない

仕事のことで悩むことは多いですよね。

そんなときに結構よくあるのが、

「悩んでいるのは確かなんだけど、何に悩んでいるのかわからない」

という状況ではないでしょうか。

悩みの原因がわからないと「もやもや」しますよね。

そして「もやもや」しているととても苦しいと思います。

もやもやしているのは「悩みが言語化できていないため」です。

何に悩んでいるかわかっていれば、まだ対策を打ちようがあるのですが、「何に悩んでいるかわからない」と対策も立てられません。

長い時間を過ごす仕事のことで「もやもや」とした悩みを抱えているととてもツラいですね。

今回は「仕事の悩みを言語化する方法」をお伝えします。

記事の信頼性(筆者紹介)

・残業毎月100時間越えのスーパーブラック企業を経験(最高150時間越え3か月連続)

・あまりのストレスから30歳でガンに(精巣腫瘍、医学的には要因不明)

・命の危険を感じ転職を決意。転職内定は5社。

・現在は売り上げ3兆円越えの大企業勤務

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:仕事で自分は打たれ弱いと思う時の対処法~自己肯定感を高める方法~

仕事で悩んでいるときにはまずは「言語化」を目指そう

仕事で悩みを抱えているときは、まずは「悩みの言語化」を目指しましょう。

「悩みの言語化」をしたうえで、悩みを解消する方法を探していくという手順が最も合理的です。

 

悩みを言語化させる前に「いきなり転職」はリスクがある

仕事で悩んだときに誰もが思いつくのが「転職」という手段です。

しかし、安易な転職は非常にリスクがあります。

転職を成功させるためには「転職理由」の言語化は必須です。

・自分は何に悩んでいるのか

・なぜ自分は転職したいと思うのか

・転職で解消したいことはなにか

・社内で解消することはできないのか

これらとしっかり向き合って考える必要があります。

言語化をきちんとしないと「転職先でも同じ悩みを繰り返す」可能性があります。

 

転職は手段であって、目的ではない

転職は手段であって「目的」ではありません。

なにかの「不満」があり、その不満を解消するために「転職」という選択肢があります。

悩みの言語化の重要性はここにあります。

悩みを言語化することで、解決の糸口が見つかります。

手段は「転職」だけとは限りません。

合わせて読みたい・逃げる手段を持っておいたほうがいい理由

 

悩みが言語化できていないくても「行動」するのはOK

しかし、誤解しないでいただきたい点が2点あります。

・転職と転職活動は別物

・今の仕事が「ツラくて何もできない」ならすぐに逃げていい

転職にはリスクがありますが、転職活動にはリスクはありません。

転職は慎重に判断するべきですが、転職活動は積極的に行いましょう。

むしろ転職活動をすることで、「悩みが言語化される」可能性は高まります。

・転職と転職活動は別物

関連記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

そして、もう一つの例外。

あなたが毎日ツラくて「今すぐにでも会社を辞めたい。このままでは死んでしまう」と思うほどひどい職場ならば、全力で逃げてください。

自分の命が一番大事です。

あなたという唯一無二の存在を失うわけにはいきません。

全ての力を使って自分の身を守ってください。

 

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:仕事で自分は打たれ弱いと思う時の対処法~自己肯定感を高める方法~

おススメ記事:仕事が辛いと感じるときに異動は有効な手段

 

 

悩みの言語化は難しい

悩みの言語化は難しいです。

悩みを言語化できていれば、悩みは半分ほど解消している可能性が高いです。

なんとなく「もやもや」するんだけど、何に「もやもや」しているかわからないという状態が続くのは本当につらいことです。

 

言語化する方法

では、悩みを言語化するにはどうすればいいでしょう。

言語化するのにお勧めの方法は4つあります。

・社内の別の部署の人に相談する

・友人に相談する

・他の会社を見てみる

・専門家に相談する

 

友人に相談する

友人に相談してみることです。

友人ならば「本音」で語れることも多いでしょう。

客観的な視点を持つ人と話すことで、自分の中の「もやもや」が明確になっていくでしょう。

一方で、「社内の事情を知らない」という点が良い点でもあり、欠点でもあります。

社内の事情を知らないからこそ、言えることもあるでしょうが、実態をうまく伝えにくいという点もあります。

また、専門家ではないため、的確なアドバイスを求めるのは少し難しいでしょう。

過度に期待すると、うまくいかないときに落ち込む可能性があります。

「グチをいいつつ、自分の気づきがあればいいな」くらいの気持ちでいましょう

 

社内の別の部署の人に相談する

社内の人にも相談してみてください。

特に別の部署の人に相談することをおススメします。

身近な人の場合は、「距離が近すぎて客観性に欠ける」「場合によっては人間関係がやりにくくなる」可能性があるためです。

あまり、遠すぎると事情を伝えにくいので「隣の部署の人」くらいの距離感がオススメです。

社内の人は「会社の事情」がわかっています。

共有している部分も多いため、話が通じやすいでしょう。

しかし、相談相手は慎重に選びましょう。

あなたが本当に信頼できる相手に相談してください。

「相手を選ばないと面倒になる可能性がある」という点だけはご認識ください。

 

別の会社を見て視野を広げてみる

別の会社のことを見て視野を広げてみることもおススメします。

悩んでいるときに、突然何かの拍子にぱっと「これだ」とひらめく瞬間は誰にでもあることでしょう。

これは、普段から「脳が無意識に答えを探している」ためです。

普段とは違う切り口で脳に刺激を与えることで、いろんなことがつながる可能性は高いです。

特に目的を持たなくてもよいので、他の会社のことを見てみるのは視野が広がるのでお勧めです。

たとえば、リクナビNEXTに登録すればたくさんの会社の情報が得られます。

 

専門家に相談する

専門家に相談すれば、解決の糸口が見つかる可能性は高いです。

あなたと「同じ悩み」を抱えていた人が過去にいたかもしれません。

専門家は「あなたと同じ悩みを抱えた人」に接触した経験を持っている可能性が高いからです。

あなたが言語化できていないことを先回りして、「~~~で悩んでいるのですね」と教えてくれる可能性は高いです。

転職エージェントは「仕事の悩み」の専門家です。

転職エージェントは、自分に「担当」がつくシステムなので、仕事に関する悩みをマンツーマンで相談に乗ってくれます。

 

大切なのは「悩みを抱え込まない」こと

悩みを言語化するのに大事なことは「抱え込まない」ことです。

一人でもんもんとしていると、どんどん悪いほうに考え込んでしまいます。

悩んでいるときは

・他者の力を借りる

・ほんの少し行動してみる

ことを意識してください。

 

自分の悩みは小さなことではないかと思わない

悩んでる人
悩んでる人
小さなことで悩んでしまって情けない

「悩むのはいけないこと」だと考えたり、「悩むのが情けない」と思う必要はありません。

あなたの悩みはあなたにとって非常に重要なことです。

悩みの大きさは他人が決めるものではなく、自分の心が決めるものです。

 

悩みが言語化されたら

悩みが言語化されたら、かなり心は軽くなります。

自分が何に悩んでいたかがわかるだけで、安心するからです。

人間が一番精神的に負担を感じるのは「宙ぶらりん」のときです。

明確になれば、かなり楽になります。

悩みを解消するために、少しずつ行動していきましょう

合わせて読みたい・社内の不満を解消するための行動

【仕事の悩み】何に悩んでいるかわからないときの対処法まとめ

何かに悩んでいるときは、非常に苦しいと思います。

特に平日毎日接する仕事に関する悩みというのは本当に苦しいものです。

決して無理をせず、「自分を大事にする」ということを忘れないようにしてください。

そして、あなたは一人ではありません。

相談に乗ってくれる友人がいます。

悩みを解消してくれる専門家(エージェント)がいます。

決して一人だけではないということを忘れないでいてください。

また、いざというときのために「逃げ道」を用意しておくことをおススメしておきます。

合わせて読みたい

・逃げ道を作っておいたほうがいい理由と逃げ道の作り方

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

あなたの心を少しでも軽くすることができたのならば、これ以上の幸せはございません。

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:仕事で自分は打たれ弱いと思う時の対処法~自己肯定感を高める方法~

おススメ記事:仕事が辛いと感じるときに異動は有効な手段

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

最新情報をチェックしよう!