職場の口だけの人への対処法を教えます。会社のうざい先輩や上司から解放される方法

 

 

・職場の上司や先輩が口だけだ

・職場の口だけの人がうざい

・職場の口だけの人を何とかしたい

 

こんな悩みを解決します。

 

会社に口だけの人がいてイラついていませんか?

職場で口だけの人ってうざいですよね。

 

・発言は立派なくせに自分では何もしないで他人任せ。

・自分より給料をもらっている

・あふれでる無能感

 

はっきり言っていないほうがマシですよね。

一緒にいてストレスしか感じません。

本当にむかつきます(笑)

 

本記事では職場の口だけの人への対処法をお伝えします。

 

✔この記事からわかること

・口だけの人には2種類いる

・職場の口だけの人の特徴7つ

・職場の口だけの人への対処法4つ

 

本記事では職場の口だけの人についてタイプ別に解説します。

それぞれの対処法についても解説するので、解決法が必ず見つかりますよ。

 

本記事を読むことで職場の口だけの人への不快感をなくすことができます。

口だけの人にイラついている人はぜひ参考にしてください。

 

 

 

口だけの人に悩んでいる人は多い

会社員にとっての悩みは

1位が人間関係

2位が仕事関係となっています。

 

第1位は人間関係で、全体の32.8%にものぼります。32.8%のうち、上司とのトラブルが18.1%、嫌がらせやいじめが11.4%です。職場の人間関係は永遠のテーマであり、「上司と親は選べない」とはよく言ったものです。選べるものなら選びたいというのが部下の偽りなき本音でしょうし、逆に上司も部下を選びたいと言うでしょう。
出典:会社員の悩みランキング

 

厚生労働省が平成24年に発表した「労働健康環境調査」の「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレス」の項の「強い不安、悩み、ストレスの内容」によると、男女ともに一番に多い悩みや問題は「人間関係」とくに、女性の場合は、悩みや不安、ストレスの全体の50%近いパーセンテージになっています。平成14年・19年に同調査結果が発表されていますが、人間関係の悩みや不安、ストレスの割合が上がってきているのが確認できます(14年:35.10% 19年:38.40%  24年:41.3%)
出典:仕事で人間関係を良くする9の方法を大公開
厚生労働省:労働安全健康調査

 

その中でも上司との関係に悩む人が多いでしょう。

なぜなら上司は「仕事」と「人間関係」両方に密接に関係するからです。

口だけの人が上司になった場合は、ストレスが倍増するといえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

口だけの人には2種類いる

職場の口だけの人の特徴をお伝えします。

 

まず初めに口だけの人には2種類いることを覚えておいてください。

 

両者の違いは「会議での対応」で簡単に見分けることができます。

あなたの身近の口だけの人かどちらかを見極めるようにしましょう。

 

口だけの人

・内弁慶タイプ

・出しゃばりタイプ

 

順番に解説します

 

 

口だけの人①内弁慶タイプ

 

最初にお伝えするのは「内弁慶タイプ」です。

 

内弁慶タイプは会議の場で発言をしません。

オフィシャルの場では何も言わないくせに、あとになって文句ばかり言うタイプです。

自分より立場の弱い派遣さんや後輩の前でだけ強気でいます。

上司に対しての不満もさんざん言うくせに、いざ上司の前になると何も言わなくなります。

 

上司がいない場面では、会社や上司に対して饒舌にダメ出しをします。

「上司のあれはよくない」

「この方針はだめだ」

 

内弁慶タイプは「働かないおじさん」に多いタイプです。

仕事に対しても「とにかく使えない」という場面が多いです。

 

しかし、口だけは達者で自分より立場の弱い人の前では偉そうに理想を語ります。

このギャップが「口だけの人」という印象を強めているのです。

 

内弁慶タイプは、端的にいうと「役に立たない癖に偉そうな人」と言えます。

 

 

 

口だけの人②でしゃばりタイプ

 

もう一つの口だけの人のパターンは「でしゃばり」タイプです。

こちらは内弁慶タイプとは真逆で会議などの場で積極的に発言をします。

 

会議全体をコントロールしないと気が済まないタイプです。

明らかに自分が発言する場面でないにも関わらず、絶えず発言して場を混乱させます。

たいていの場合、「少しずれた発言」をしているのですが、自信満々で発言をするため妙な説得力があります。

これが厄介です。

 

上司に対してなどは、常に聞こえの良いことをいって、大きな目標を掲げたります。

実際に手を動かすときは他者に丸投げします。

 

しかし、上司には聞こえのいいことをいうため、評価が高いです。

管理職に出世することも珍しくありません。

 

当然、管理職になってからも、上には聞こえのいいことを言って目立ち、実際は部下に丸投げする気質は変わりません。

むしろ権限を得た分、増長する傾向にあります。

 

出しゃばりタイプは、端的に言うと、「能力はないのに口だけで出世した中間管理職」と言えます。

 

 

 

職場の口だけの人の特徴

職場の口だけの人の特徴をお伝えします。

「内弁慶タイプ」と「出しゃばりタイプ」の2種類がいるとお伝えしました。

全く違うように見える両者ですが、不思議なことに特徴についてはほぼ共通しています。

 

この理由も特徴を聞けばわかります。

 

口だけの人の特徴7つ

・自分は何もしない

・能力は低い

・調べればすぐにわかることを聞いてくる

・すぐにできることをやらない

・理論と実践の違いがわからない

・発言が薄い

・話が面白くない

 

順番に解説します。

 

特徴①自分は何もしない

 

口だけの人は自分では何もしません。

まあ、基本ですね(笑)

 

口だけの人は今までの人生で、基本的に誰かに何とかしてきてもらってきました。

ある意味幸運な人生の持ち主といえるでしょう。

他人に何とかしてもらうのが当たり前という思考が身についているのです。

 

この思考が、特徴のすべてを作るベースになっていると考えてください。

 

 

特徴②基本的に能力は低い

 

口だけの人は、基本的に能力が低いです。

これは自分で手を動かしてこなかったからです。

 

人間の能力は基本的に生まれつき大きな差はありません。

 

大きな差が生まれるのは後天的な習慣や姿勢にあります。

生まれてからこれまでの人生で身に着けてきたものが能力の差となって現れます。

 

口だけの人は、自分では手足を動かしてこなかったため、能力をあげる機会をほとんど経験していません。

せいぜい、その場しのぎの身の振り方や他者へなすりつける能力が上がってきただけです。

 

このため能力は低いままとなっています。

 

 

特徴③理論と実践の違いを考えられない

 

口だけの人は理論と実践の違いを考えることができません。

これも「自分で手を動かしていない」ことが原因です。

 

計画をたてることと実行することにはギャップがあります。

 

たとえば、ダイエットなどがわかりやすいでしょう。

「~~~して、〇週間以内に3キロやせる」という計画をたてることは誰にでもできます。

しかし、それを実際に実行するのは非常に難しいことだというのは一度でも経験したことがある人ならばわかります。

 

そのため、計画を立てる際は、理論部分だけでなく、実行に落とし込む時を考慮しなければ確実に破綻します。

 

口だけ人間は、この感覚がわからないのです。

常に口だけで自分は実行してこなかったからですね。

 

 

 

特徴④調べればすぐにわかることを聞いてくる

 

口だけの人は自分で調べるということをしません。

調べればすぐにわかることを聞いてきます。

そもそも自分で調べることができれば、口だけの人にはなりません。

 

他人の時間を奪うことを何とも思っていないのです。

他者の手足だけでなく、他者の「頭脳」も自分のものと考えています。

 

 

特徴⑤すぐにできることをやらない

口だけの人はすぐにできることをやりません。

手を動かすことができないためです。

 

普通の人ならば、すぐに処理できることでも無駄に腐らせます。

当然、周囲に迷惑をかけることになりますが、それについてもなんとも思っていません。

 

とことん、「自分で動く」ことができない人種なのです。

 

 

特徴⑥発言がうすい

 

口だけの人は発言が薄いです。

どこかで聞いたことのあるようなことばかり言ってきます。

心に全く響きません。

 

これは実際に自分で得た体験ではなく、他者の体験を口で語っているからです。

台本を読んでいるようなものです。

 

プロ野球選手が野球について語るのと、野球観戦が大好きな人が野球を語るのでは言葉の重みが違ってきますよね?

 

口だけの人の場合、自分がプロ野球選手のように語ります。

 

当然、発言の内容はスカスカになります。

 

 

特徴⑦話が面白くない

 

口だけの人は仕事以外の話も面白くありません。

これは絶対です。

 

口だけの人と一緒にいて「もっと話を聞きたいな」という気分になったことはありますか?

ないでしょう。

 

人間が「面白い」と感じるのは、自分にない体験や、自分と親近感のあるエピソードをその人の言葉で聞くときです。

 

口だけの人は、仕事以外の局面においても、他人に丸投げして乗り越えてきました。

 

エピソードも苦労や臨場感が感じられません。

本人は大変だったというでしょうが、本当に大変だったのはそのとき押し付けられた周囲の人でしょう。

 

 

口だけの人の対処法

口だけの人の対処法をお伝えします。

大きく分けて3種類紹介しますので状況に応じて使い分けてください。

 

・共通の対策

・内弁慶タイプへの対策

・出しゃばりタイプへの対策

 

 

対策4つ

・(共通)関わらない

・(共通)役割分担を明確にする

・(内弁慶)世話をやかない

・(出しゃばり)黙ってひきうけない

 

順番に解説します。

 

対策①(共通の対策)関わらない

 

口だけの人への基本的な対策は「関わらない」のが一番良いです。

関わってもいいことはありません。

 

口だけの人に関わると、「その人の仕事を押し付けられます」

 

内弁慶タイプの場合は、無能すぎるので尻拭いをさせられる

出しゃばりタイプの場合は、調子のいいことを言ったことに巻き込まれる

 

どちらに転んでも負担がかかるのはあなたになります。

 

口だけの人は「近くで話を聞いているだけ」で、「こいつがやる」と都合の良い思考回路を持っています。

 

できるだけ関わらないようにしてください。

 

 

対策②(共通の対策)必ず役割分担を明確にする

 

口だけの人と仕事をする場合は、役割分担を明確にしてください。

何度も言いますが、口だけの人は自分で手足を動かしません。

 

会議などの場面で、なんとなく「誰が何をやるか決まらず」に終わっていないでしょうか?

この場面に口だけの人がいると、あなたに仕事を押し付けられます。

それを避けるために明確に「誰が何をやるか」を決めます。

 

また会話だけだとうやむやになるので、「メール」や「議事録」で形に残しましょう。

二人だけのやり取りに留めず、できるだけ周囲に共有しましょう。

「口だけの人」が作業すべきという空気を作ることが目的です。

 

 

対策③(内弁慶タイプ)世話をやかない

 

内弁慶タイプに対してですが、フォローをしないようにしましょう。

内弁慶タイプは「仕事しないおじさん」に多いとお伝えしました。

 

この手のタイプは、悪気はない場合が多く、ついつい「まあこのくらいはやってあげるか」という空気になりがちです。

 

しかし、私の経験上ストレスが溜まるだけで何もいいことはありません。

感謝もしてこないし、ときどき「だめだし」をしてきます。

「全体が困るから自分がやるか」という考えは持たないようにしてください。

 

また「やらせる」ためにエネルギーを使うのもお勧めしません。

結局、動かないので、あなたがしんどいことをするからです。

 

完全によその世界の出来事と割り切るようしましょう。

 

 

対策④(出しゃばりタイプ)黙ってやらない

 

出しゃばりタイプに対しての対策は「巻き込まれない」ことが重要になります。

 

出しゃばりタイプは、調子のいいことを言ってそれを他人にやらせることが基本戦略です。

 

よって、あなたに対しても「経験になるから」「あなたにしかできない」など聞こえのいいことを言って都合よく使おうとしてきます。

気分良くおだてて、自分にとって都合の良い「コマ」に仕上げるのが目的です。

この罠にかからないようにしましょう。

 

具体的には「黙って引き受ける」のはやめることです。

 

手段は何でも構いません。

 

・ストレートに断る

・忙しいので難しいことを伝える

・他の人が適任であることを提案する

・即答せずに「検討させてください」(その後断る)

・条件をつける

 

出しゃばりタイプは使い勝手のいい相手を求めていますので、「頼みにくいな」という印象を思わせればあなたの勝ちです。

 

 

口だけの人が評価される会社はやばい

職場の口だけの人の特徴についてお伝えしてきました。

 

あわせて確認してほしいことがあります。

・口だけの人が出世しているかどうか

 

会社で出世するのは、「能力のある人」とは限りません。

なぜなら、出世とは「上司からの評価」で決まるからです。

 

上司が「能力のある人」を評価すれば、能力のある人が出世していきます。

しかし、上司が「口だけの人」を評価する場合、口だけの人が出世することになるでしょう。

また、これは連鎖します。

 

口だけ上司が出世させるのは「自分に似た人」だからです。

 

つまり、口だけの人が出世する会社は、課長も部長も経営層も口だけの会社となります。

 

その陰で、あなたのような能力のある人が都合よく使われてしまっているのです。

 

あなたの会社は「能力のある人」と「口だけの人」どちらが出世しているでしょうか?

 

もしも、口だけの人のほうが出世しやすい環境であれば、未来は暗いと言えます。

 

あなたが頑張れば頑張るだけ「口だけの人」に都合よく使われてしまうからです。

 

そんな会社のために働くのは馬鹿らしいと思いませんか?

 

ぜひとも「転職」という選択肢を検討に入れてほしいと思います。

 

私自身もかつては職場の口だけの上司や先輩に都合よく使われておりました。

 

・自分より能力が低い上司

・自分より給料をもらっている先輩

・感謝もされず偉そうにされる

 

こんな人たちの尻拭いばかりで大変なストレスを抱える日々です。

 

しかし、転職した現在は非常に充実した日々を過ごしています。

 

この記事を読んでいるあなたは間違いなく、口だけの先輩や上司よりも有能です。

 

そんなあなたという貴重な人材を適正に評価しない今の職場に憤りを感じないでしょうか?

 

きちんと評価をしてくれる環境をぜひとも目指してほしいと思います。

 

なにをすればよいかわからないというかたはリクルートエージェントに登録すれば間違いありません。

 

・年収が上がりすぎるほど上がった

・上司や先輩が尊敬できる人ばかり

・能力ある人に囲まれて自分もレベルup

・完全ノーストレス

 

夢のような環境で働けています。

 

転職には人生を大きく変える魔力があると実感しています。

 

あなたがもしも今の職場に嫌気がさしているのであれば、どうか一歩踏み出してください。

 

最初の一歩が肝心です。

「いつかやろう」ではなく、「いまこの瞬間」に一歩を踏み出してください。

一歩をふみだすのとそうでないのとでは、一万倍以上の開きがあるのです。

 

【リクルートエージェント】

✔業界最大手

✔20万件を超える非公開求人

✔手厚いサポート

✔登録は5分で完了

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

転職活動の基本から業界の動向など「これでもか」というほどの情報を教えてくれます。

 

また完全無料で利用できるという点も大きなメリットです。

とりあえず登録だけしておいて、情報を無料でおいしくいただくという活用方法は特におススメです。

 

勧誘の電話なども一切ありません。

 

希望求人に対して通知設定が可能です。

私のお勧めの利用方法は、希望求人にだけ通知アラートを設定しておいて放置することです。

あとはときどき暇つぶしに求人検索するだけで十分すぎるほどの情報が得られます。

 

 

転職に関しての情報を手に入れておけば、今の仕事に対しての働き方も変わってきますよ!

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

 

 

また、現在は転職を考えていない場合も自身の「自分の適性」「市場価値」を把握しておくことは非常にお勧めです。

 

ミイダスの「コンピテンシー診断」を活用すれば、質問に答えるだけで「適正年収」「向いている仕事」を教えてくれます。

 

【コンピテンシー診断】
✔登録無料で利用可能です。

 

✔2分で登録完了します。 

✔100個以上の質問からあなたの性格を教えてくれます。

✔普通に性格診断として活用してみても面白いレベルです。私もときどき診断して遊んでいます。

完全無料で利用できます

 

Webで登録すればすぐに利用できるので、活用しないデメリットはありません。

登録は2分で完了します。

 

コンピテンシー診断とは?

質問に答えるだけで、あなたの持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司のタイプや部下のタイプなどが分かる適性テストです。

※ミイダスに本会員登録した後に無料で受験することができます。

引用元:ミイダス

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

 

 

職場の口だけの人~まとめ~

職場の口だけの人まとめ

・口だけの人には「内弁慶タイプ」と「出しゃばりタイプ」の2種類いる

・正反対に見えるが、特徴はかなり似ている

・口だけの人は能力がひくい

・口だけの人には関わらないことが一番の対策

・口だけの人が評価される会社の未来は暗い

 

職場の口だけの人に関わってもいいこと何もありません。

 

あなたの貴重な時間や心のキャパシティはあなたの大事な人のために使うようにしましょう!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝いたします!

 

 

 

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

 

最新情報をチェックしよう!