定時で帰れないのが当たり前の雰囲気はおかしい!定時に帰りたいのに残業にイライラ!

 

定時で帰れないのが当たり前の職場ってありますよね。

 

定時を過ぎても当然のように働き続けている人がうようよ・・・。

早く帰ろうとすると、それとなく嫌味を言われたり、多く仕事を振られたり・・・。

 

今の時代なので、露骨に「帰るな」という表現はしないですが、「みんなは残っているのに、君は帰るのか」と明らかに、帰りにくい空気を作ってきます。

定時で帰れないのが当たり前の職場にいると疲れますよね。

参照:厚生労働省

そんな職場でもうまく立ち回れば、定時で帰れるようになりますよ!

 

定時に帰って、自由な時間をモリモリと満喫しちゃいましょう。

 

公式サイト

位置調整のために入力します!

 

★関連記事

定時で帰れない職場の特徴|おかしい!イライラ

定時で帰れない職場の特徴を把握しておきましょう。

 

筆者は定時で帰るのが当たり前の職場と、定時で帰れないのが当たり前の職場の両方を経験しております。

 

その経験から見つけた特徴を解説していきます。

人手が足りていない

定時で帰りにくい職場は人手が足りていないことが多いです。

 

業務量に対して、人が足りていないため、1人1人の仕事量が多くなります。

結果的に、定時内で仕事を終わらせることが出来なくなり、残業するのが当たり前に。

参照:時間外労働

あなたも仕事を効率的にこなして、自分の仕事を終わらせても、無限に仕事を振られ続けているのではないでしょうか?

 

適正な人を配置していない会社側の問題と言えます。

 

計画を立てにくい仕事が多い

残業が多い職場の特徴に「突発業務が多い」ことがあげられます。

 

突発業務とは、前もってわかっていた仕事ではなく、「突然発生する仕事」のことです。

 

前もってわかっている場合は、仕事量をだいたい図ることが出来ますよね。

 

しかし突然発生する業務はだいたい「急ぎ」のものが多いです。

定時直前に、今日中にと言われれば、残業してやるしかありません。

 

たとえば、お客様への対応をしている仕事だと「客先都合」という理由で、突発性の仕事が多くなりがちです。

 

関連記事:残業しないで帰る方法

関連記事

  残業しないで帰る方法が知りたい!   筆者がかつて毎日考えていた心の叫びです。   定時退社しにくい雰囲気の職場ってありますよね。   定時を知らせるチャ[…]

残業しないで帰る

職場の空気が悪い

職場の空気が悪いと定時で帰りにくくなります。

 

みんながイライラしていてストレスを抱えているからですね。

誰かが定時で帰っているのを見ると、「なんで自分はこんなに頑張っているのに、あいつだけ」という風に考えています。

 

悪いのは適正に人を配置しない会社のほうですが、身近な人間に八つ当たりしたい気持ちがどうしても強くなりがち。

仕事の負荷が高かったり、給料が低い会社では職場の雰囲気が悪くなります。

 

会社への依存心が強くなる

定時で帰れない職場にいると、会社への依存心が強くなってしまいます。

 

当たり前のことですが、会社にいる時間が長くなるということは、「他の時間」が短くなります。

家族の時間や、友人と過ごす時間、趣味など、仕事以外の時間ですね。

 

会社では、ただでさえ、平日の5日間の長い時間を過ごします。

 

残された休日や家での時間で、仕事以外のことをするわけですが、残業するということはその時間を削ることに他なりません。

定時で帰れないということは、会社に対する依存心を上げる行為と言い換えることもできます。

 

公式サイト

位置調整のために入力します!

 

定時で帰る方法|定時で帰りたい

定時で帰れないとあきらめていませんか?

筆者は定時で帰りにくい職場で働いていたことがありますが、鋼の心で定時退社を実行しました。

最終的には、まったく残業しないキャラを定着させることに成功。

どんなに帰りにくい職場でも使える定時で帰る方法をお伝えします。

 

定時で帰る意識を持つ

定時で帰る方法で最も重要なのは、定時で帰る意識を持つことです。

これが一番の出発点となります。

 

定時で帰りにくい職場というのは、「なりゆき」に任せていると、残業させられることになります。

受動的なマインドでいると、帰ることが出来ないのです。

 

周囲に流されてはいけません。

「定時で帰れたらいいな」ではなく、「定時で帰る」という意識を持つようにしましょう。

 

仕事をしない

定時で帰りにくい職場では、仕事をしないようにしてください。

定時で帰ろうと考えると、「効率的に仕事を回す」という発想になりがちです。

しかし帰りにくい雰囲気の職場の場合は、仕事に対して終わりがありません。

 

効率的に仕事をこなしてしまうと、どんどん仕事を押し込まれてしまう傾向があります。

出来ない人には仕事を触れないので当然ですよね。

 

自分でコントロールできる仕事以外をやらないためにも、積極的に仕事を進めるのはやめておきましょう。

 

仕事の質を落とす

定時で帰れない職場では、仕事の質を落とすことも重要です。

 

「真面目に頑張って仕事に打ち込むべき」という考えにとらわれすぎていませんか?

 

雰囲気の悪い職場では、いい人は「都合のいい人」にされてしまいがちです。

あいつに頼めば、なんでもやってくれると思われると、振り回されてものすごくしんどい思いをします。

 

仕事の質を最低限のものに落とせば、余計な仕事を振られることが少なくなります。

さらに、そこまで手間をかけなくてもいいので、しんどさも減らせて一石二鳥。

 

仕事の質を上げるのは難しいでしょうが、下げるのは比較的簡単ですよね。

 

会社の人と仲良くしない

会社の人と仲良くしないようにしましょう。

定時で帰れない職場にいると、会社の人と仲良くなろうと考えがちです。

 

人間関係を良くすることで、仕事を進めやすくしたいからですね。

しかしこれは逆効果と言えます。

 

仲良くなってしまうと、余計な仕事を頼まれやすくなります。

 

何も知らない人に頼むより、仲の良い人のほうが頼みやすいのは、心理的に当然ですよね。

まともな職場であれば、ある程度の人間関係は必要かもしれませんが、雰囲気の悪い職場では例外です。

 

カベを作って、出来る限り会社の人と離れるようにしましょう。

 

職場以外に居場所を持つようにする

定時で帰れないと感じた場合は、会社への依存心を減らすように意識してみてください。

 

職場にしか居場所がないと感じてしまうと、自然と「会社にいよう」という気持ちが働きやすくなります。

 

社会人になると、どうしても会社以外の関係が減っていく傾向にあります。

ブラックな環境にいると、なさらです。

 

しかし当たり前ですが、会社よりも楽しいことや大事なことは星の数ほどあります。

それらを持つことが出来れば、自然と会社からは早く帰ろうと思えるようになりますよね。

家族や友人、趣味の時間、何でも構いません。

 

会社以外の場所を見つけて、そちらにエネルギーを注ぐようにしてください。

公式サイト

位置調整のために入力します!

定時で帰りにくい雰囲気の中でのマインドセット方法

定時で帰りにくい雰囲気の中では、マインドセットが重要です。

行動を起こすためには、心の在り方を整えて、自信を持つ必要があります。

 

筆者も最初は「頭ではわかってるけど、なかなか行動に移せない」状況が続いていましたが、ちょっとずつ積み重ねることで、マインドセットを手に入れることが出来るようになりましたよ。

自己肯定感を高める

何よりも重要なのは自己肯定感を高めることです。

 

自己肯定感とは、自分を肯定する感情のこと。

何があっても、自分は自分を受け入れられる精神状態のことです。

参照:自己肯定感

定時で帰れない職場にいると、周囲からいろいろと言われますよね。

周りの顔色を気にしたり、こんなことして変に思われないかなと考えてしまいがち。

 

このような考えではなかなか定時退社を貫くのは難しいでしょう。

精神論で突き進んでも、長い時間をすごしていると染められてしまう可能性が高くなります。

 

毎日少しずつでいいので、自分を肯定する感情を育んでいくように意識しましょう。

 

転職活動をしておく

定時で帰れない職場はどこかいびつでおかしい職場と言えます。

会社として問題を抱えています。

 

人手が足りていないにも関わらず、問題解決を現場に丸投げしている状況です。

 

筆者も経験がありますが、そんな職場に限って給料も安かったりします。

 

これには理由があり、人間は待遇が悪いほどやりがいを感じやすくなる傾向があるからです。

大変な仕事だけど、尊い仕事だから」と自己完結しやすくなるためですね。

 

この精神は、あなたの今の職場にも共通しているはずです。

激務薄給のやりがい搾取の会社ですね。

 

あなたの将来のことを考えると、長くいるのはお勧めできません。

いずれ転職をするべきでしょう。

 

良い未来が待っている可能性は限りなくゼロだからです。

 

今すぐに転職することが出来ない状況であっても、準備は進めておきましょう。

転職活動と聞くと、大変そうに思いますが、今は便利な時代になりました。

登録webで5分で完了し、完全無料のサービスが充実しています。

転職サイトや転職エージェントを使えば、何をどうすればいいかがわかります。

一度登録してしまえば、寝っ転がりながらスマホ一つで手に入ります。

 

多すぎて、どこに登録すればいいかわからない!という場合は、リクルートエージェントリクナビNEXTに登録すればOK

 

✔職務経歴書の書き方や面接のやり方、業界情報を教えてほしいなど、アドバイスが欲しい場合はリクルートエージェント

位置調整のために入力しま!す

✔完全に1人で進めたい場合はリクナビNEXT

位置調整のために入力します!

まあ一番いいのは無料なので、とりあえず両方登録しちゃって相性のいいなと感じるほうを使う方法ですね。

 

余計な勧誘とかは一切ないので、気になる場合は気軽に使ってみましょう。

✔公式サイト

公式サイト

 

定時で帰れない職場の特徴まとめ

定時で帰れない職場の特徴をお伝えしました。

 

✔まとめ

・定時で帰りにくい職場は、人手が足りていない

・定時で帰れない職場は雰囲気が悪く、会社として問題を抱えている

・会社の人と仲良くしない

・職場以外の場所を持つように意識しておく

・会社の未来は暗い

・転職の準備だけはしておこう

 

雰囲気の悪い職場にいると、それだけで疲れちゃいますよね。

仕事以外にも人生はたくさんあります。

 

あなたの大事なものを大事にするようにしてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

★関連記事

 

リクナビNEXT|自己分析のグッドポイント診断(無料)が有能

1.幅広い求人が見られる日本最大級の転職サイト

2.経歴書・職務経歴書の作成ツールが充実。(完全無料)

3.全8568通りの診断結果のグッドポイント診断

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXTは業界最大手の転職サイトで、転職経験者の約8割が利用しています。

限定求人も多く、他のサービスとの併用もおススメします。

 

✔スカウトサービスを利用すれば、企業から直接オファーを受け取ることが可能

✔専門スタッフが、希望や適性に合った求人の紹介・ 転職活動のサポートを実施

 

転職活動で最初に必ず躓くのが書類作成。リクナビNEXTでは、質問に入力するだけで書類が完成する無料ツールを用意してくれています。

これは本当に便利なので、ぜひとも活用してください。

・地域を問わない日本全国の求人を受け取りたい

・完全初心者で、書類作成に自信がない

 

また会員登録することでグッドポイント診断が受診可能になります。(診断結果8568通り)

自分自身の強みはなかなか客観的には把握しづらいため、自己分析に役立ちました。

書類の作成時・面接前など定期的に受診して、自分の強み・弱みを棚卸するのに有効活用できます。

 

公式サイト

位置調整のために入力します!

 

 

リクルートエージェント|迷ったら実績ナンバーワン

1.業界ナンバーワンの非公開求人10万件

2.満足率96%の面接対策セミナー

3.年間登録者数125万人以上

公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

転職での成功の秘訣は情報です。

リクルートエージェントは業界ナンバーワンの情報網を誇り、システムを利用して社内で情報が共有されています。あらゆる業界・企業についての情報を保有しているので、気になる情報があれば積極的に活用しましょう。

リクルートエージェント経由での転職での離職率は4%(半年以内)

✔転職者の60%以上が年収アップに成功(年収100万円以上アップも可)

 

リクルートエージェントはシステムが最適化されており、日程調整や求人の比較が非常に便利でした。

また担当エージェントには、それぞれサポートスタッフがついており、公休日も社内で共有されています。

よって土日やお盆でもタイムロスなしで企業と密に連携をとれる体制が構築できています。

転職活動は、働きながら行うのが一般的のため、この連携のしやすさは、大変ありがたかったですね。

 

さらに「相談だけの利用OK」の記載が公式サイトにあるので、気軽に相談しましょう。

 

・職務経歴書や履歴書の添削

・蓄積されたノウハウによる業界・企業情報の提供

・一般公開以外の10万件を超える求人

 

特に登録者限定で受けられる面接対策セミナーは受講必須です。(利用満足96%)

面接という場面を、心理学的・行動学的に分析し非常にわかりやすく、「受かるための秘訣」を教えてくれます。

 

✔公式サイト

位置調整のために入力しま!す

 

 

第二新卒エージェントneo|正社員での就職・転職希望なら

1.サポート時間平均10時間

2.ブラック企業除外、優良企業のみ紹介

3.経験・学歴不問。

公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

 

第二新卒エージェントneoは、既卒・フリーター向けに強みを持ちます。初回最大2時間面談で過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動などのヒヤリングから、性格・考え方にマッチした求人を紹介してもらえます。

✔中卒・高卒・大学中退・就職浪人、短期離職、第二新卒など幅広い経歴に対応

✔入社後も担当から定期的なサポートあり

 

「あなた自身」の特性、つまり人柄を重視した案件の紹介を受けられるのが特徴です。

 

・未経験業種への転職や初めての就職でも書類添削からキャリアアドバイザーが支援

・ブラック企業は徹底的に除外

スピード感のある就職活動支援を売りにしており、最短3日で内定獲得の実績もあります。

 

✔公式サイト

位置調整のために入力し。。ます!

 

定時で帰れない
最新情報をチェックしよう!