サラリーマンのたかがみの部屋です。

【簡単】仕事を押し付けられる人の特徴と仕事を断る方法~仕事を押し付けられないために~

悩んでる人
悩んでる人
仕事を押し付けられるけど断れない。
イライラする。
断る方法を知りたい。

 

 

・なぜか仕事を押し付けられやすい

・仕事を押し付けられたくない。

・押し付けられた仕事を断りたいけど、嫌われたくない

こんな風に考えていませんか?

 

仕事を押し付けられるとイライラしてしんどいですよね。

無下に断ると「嫌われてしまうんじゃないか」と考えて、なし崩し的に仕事を引き受けてしまっていないでしょうか。

そして、そんな自分にさらにイライラしてしまう・・・。

そんなあなたにこの記事は有効です。

 

仕事を押し付けられた時の断り方を具体的にお伝えします。

すぐにでも実践できる方法ですので、これからはスムーズに仕事を断ることができるようになるでしょう。

また、仕事をおしつけられないための「予防」として、仕事を押し付けられないようにする方法についてもお伝えさせていただきます。

 

そして仕事を断って一番心配なのが「人間関係」だと思います。

そちらについても対策を紹介しておりますので、あなたの不安を取り除くことができます。

 

 

仕事を押し付けられる人の特徴

仕事を押し付けられやすい人の特徴をお伝えします。

・真面目で責任感が強い

・断れない

・自己肯定感が低い

仕事を押し付けられる人がいるということは、仕事を押し付ける人がいるわけです。

仕事を押し付ける人から見れば、「押し付けやすい人」の特徴と言い換えることができますよね。

 

・まじめで責任感が強い

→仕事をきちんとこなしてくれるので、押し付ける人からすればありがたいですよね。

 

・断れない

→仕事を断る人には仕事を押し付けることができませんので、仕事を押し付けるうえで、必須条件です。

 

・自己肯定感が低い

→自己肯定感とは「ありのままの自分を肯定する感情」です。

この感情が低いと、自分を肯定することができず、他者の言うとおりに行動しがちになってしまいます。

 

 

あなたにも心当たりがありませんか?

 

このように仕事を押し付けられやすい人の特徴をお伝えすると、「性格を変えよう」と考えがちです。

しかし、無理に性格を変えようとすると、他の課題が生まれることがあります。

よって、「無理に変えよう」とするのではなく、これらの特徴を把握したうえで適切な対策を講じましょう。

それぞれについて「具体的にどう行動すればよいか」を紹介しますので、安心して読み進めてください。

 

仕事を押し付けられないためには~仕事を上手に断る~

仕事を押し付けられないために、仕事を上手に断る方法を身につけましょう

仕事を断るための具体的な方法をお伝えします。

取り入れやすいものから徐々に取り入れてください。

 

いったん保留する

その場で断るのは勇気がいると思います。

また、相手のタイミングで話しかけられると、相手のペースで話が進みます。

その場合有効なのが「保留する」という方法です。

具体的に答えずに、保留するようにしましょう。

「今忙しいので、あとでこちらからお話を伺いに行っていいでしょうか?」という風にお伝えしましょう。

自分の仕事を把握したうえで、話を聞きに行くことで主導権を自分で握れるようになります。

また、保留することで自然と仕事がなくなることもあります。

 

仕事を押し付けらそうな時の対応をあらかじめ決めておく

仕事を押し付けられそうなときの対応をあらかじめ決めておきましょう。

「その場ですぐに断ることができず、なし崩し的に押し付けられる」ということが多いのではないでしょうか。

よって、「あらかじめどう行動するか」を決めておくとなし崩し的に押し付けられるということがなくなります。

例えば、先ほどの保留もその一つです。

保留以外の手段としては、「今は忙しいから長期的な仕事なら引き受けるが短期的なものは断る」や「〇日以降なら手が空くから、やってもいい」という風に自身の仕事の状況から対応を決めておきましょう。

 

課題を分離する

仕事を断るときに、気になるのが「人間関係」ではないでしょうか。

仕事を断っては嫌われないだろうかという考えですね。

そんなときに有効なのが「課題の分離」です。

課題の分離とはアドラー心理学で提唱されたもので、「自分の課題に対してのみ向き合い、他者の課題には踏み込まない」という考えです。

あなたの課題と相手の課題を分離しましょう。

あなたの課題は、「今の仕事と新しい仕事を見極めて、考えること」です。

できないと判断した時は、仕事を断ります。

断ったことによる相手の反応は「相手の課題」となります。

あなたの行動によって、相手がどう受け止めるかは「相手の課題」です。

相手の課題に対しては踏み込む必要はないのです。

 

 

仕事を断るのが苦手な場合の対処法

仕事を断る方法をお伝えしましたが、仕事を断るのは、勇気がいりますよね。

一番良いのはそもそも仕事をおしつけられない状況を作ることです。

仕事を断らずに、押し付けられないようにする方法をお伝えします。

 

接触を避ける

仕事を押し付けてくるのは基本的に同じ人ではないでしょうか。

人間は接触回数の多い人に親近感を抱く傾向があります。

親近感を抱くことで「仕事を押し付けやすい」と考えるのです。

まずは、この「仕事を押し付けてくる人」を見定めましょう

仕事を押し付けてくる人と接触を減らしましょう。

近づかないのはもちろんのこと、メールなどにも必要最低限のレスポンスしかしないようにするのです。

親近感を薄くしていくことで、仕事を押し付けにくくしていくことができます。

 

忙しいふりをする

過剰に仕事を押し付けられてしまう人は、頑張ってしまう傾向があります。

本当はいっぱいいっぱいなのに「平気なふり」をしてしまうことで、仕事が降ってくるのです。

よって、仕事を押し付けられにくくするために「忙しいふり」をするのも有効です。

やはり、忙しそうな人に仕事は頼みにくく感じるものです。

適度に忙しいふりをしてみましょう。

 

※忙しい人に意図的に仕事をさらに集中させようとする場合、それはパワハラです。

まともな職場ではありません。大至急、異動や転職で仕事を変える検討をしてください。

関連記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

関連記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

 

 

押し付けられた仕事に対して手を抜く

仕事を押し付けられないために、押し付けられた仕事に手を抜くという手段です。

仕事を押し付けてくる人は「自分にとって都合よく動いてくる人」を求めています。

よって、高いパフォーマンスで早く仕事をこなしてしまうと、ますます仕事を押し付けようとしてきます。

これを逆手に取り、仕事の質を意図的に下げましょう。

依頼された仕事に対して、後回しにして、クオリティを低くしましょう。

徐々に仕事を押し付けられなくなってきます。

もともと押し付けられた仕事です。

不義理を感じる必要はありません。

余計なエネルギーを割かないようにしましょう。

 

関連記事:【仕事】自分を大事にする働き方【辛いときは逃げてもいい】

 

これまで紹介した方法を実践できないという方は

仕事を押し付けられないための方法をお伝えしました。

しかし、ここまで紹介した方法を実践する勇気がどうしても持てないという方のために勇気を持てるようになる方法もお伝えします。

 

転職サイトに登録だけしておく

仕事を押し付けられてしまう人は職場の人間関係が原因で、「勇気が持てない」ではないでしょうか。

対策として「課題の分離」をお伝えしましたが、「課題の分離」をしやすくなるのが、「転職サイト」に登録“だけ”しておくという行為です。

実際に転職するかどうかは別として、登録するだけで構いません。

転職サイトに登録することで「いざとなれば他の会社がある」と考えることができるようになります。

選択肢を持つことで、自分らしい行動をする勇気も持てるようになります。

実際に転職をする予定がなくても、選択肢を持っておくようにしましょう。

ちなみに、どの転職サイトががよいか迷った場合はリクナビNEXTに登録しておけば大丈夫です。

業界最大の4万件を超える求人があり、初心者にも見やすい構成になっています。

登録は5分ほどで完了し、電話による勧誘などもありません。

 

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ!

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

 

自己肯定感を育てる

仕事を押し付けられやすい人の特徴として「自己肯定感が低い」点が挙げられます。

自分を後回しにしてしまうため、人からの依頼を断れないのです。

今、自己肯定感が低くても自己肯定感は後からでも育てることが可能です。

適切なワークを行うことで誰にでも必ず育っていきます。

下記に具体的な方法を紹介しますので、自己肯定感が低いと感じる人はご覧ください

 

 

仕事を押し付けられる人の特徴と断る方法~まとめ~

仕事を押し付けられる人の特徴と断る方法をお伝えしました。

 

仕事は人生において非常に長い時間をすごします。

どのように仕事と付き合うかにおいて人生の質は大きく変わってくるでしょう。

押し付けられた仕事に追われてしまうのは非常にもったいないことと言えます。

勇気をもって押し付けられた仕事を断るようにしましょう。

 

そして、「人は自分に裁量権のある仕事は疲れない」というデータもあります。

やりたい仕事を自分でやっている場合は疲れを感じにくいということです。

これは誰でも覚えがあるのではないでしょうか。

好きなことには時間や疲れを忘れて、夢中で取り組むことができます。

 

仕事を押し付けられていると感じているあなたは今好きな仕事をできていないのではないでしょうか?

今の会社では「自分の好きなこと」を実現できないと判断した時は、仕事を変えるということも検討してください。

ネットサーフィンの暇つぶしの要領で、転職サイトを眺めるだけでも、「世の中にはたくさんの仕事がある」とおもえるようになります。

きっとあなたにあった仕事が見つかるはずです。

関連記事:転職活動は暇つぶしのネットサーフィンと同じ!

関連記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに深く感謝申し上げます。

 

当サイトでは会社員生活を自由にするための知恵を配信しております。

あなたの悩みの答えが必ず見つかるはずです。

よろしければ他の記事もご覧ください

おススメ記事:【仕事】自分を大事にする働き方【辛いときは逃げてもいい】

おススメ記事:【具体例あり】仕事を当日休むのは良いこと!~仕事をいきなり休んだ日の過ごし方~

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときは仕事をサボろう~仕事をサボる方法~

おススメ記事:【自分を大事にする】仕事が辛いと感じている人へ伝えたいこと~自分の心の声を聴こう~

おススメ記事:【厳選6つ】辛い仕事から逃げる方法~逃げたいなら逃げていい~

おススメ記事:仕事の悩みでストレスを抱えている人が取るべきたった一つの行動

おススメ記事:【逃げたい】仕事をいつまで頑張ればよいかと考えているあなたへ~いつでも逃げてよい~

おススメ記事:仕事が辛い。打たれ弱いと思っている人に伝えたいこと~自己肯定感を上げる方法~

おススメ記事:転職が怖いと感じている人へ伝えたい【転職活動はノーリスク】転職と転職活動は別!

おススメ記事:【体験談】仕事の悩みでストレスを抱えている人がとるべきたった1つの行動

おススメ記事:【厳選9つ】仕事が辛いときに頑張る方法

おススメ記事:仕事が辛いと感じている人へ。~仕事を変えよう。異動する方法~

おススメ記事:仕事の嫌なことを忘れる方法7つとやりがちな失敗方法2つを紹介

おススメ記事:転職活動はネットサーフィンと同じ

おススメ記事:自分が何に悩んでいるかわからないときの対処法

おススメ記事:転職が最も成功するタイミング

おススメ記事:【厳選7つ】自己肯定感を上げて仕事を楽しもう~自己肯定感を高める方法~

最新情報をチェックしよう!