嫌いな上司を異動させる方法をお伝えします。禁断の方法!再現率100%!上司とサヨナラしましょう

 

 

・上司が嫌いだ

・上司と離れたい

・上司を異動させたい

 

こんな悩みを解決します。

 

上司との関係があわないと会社員生活って辛いですよね。

記事の中でもお伝えしますが、多くの人が上司との関係について悩んでいます。

 

私もかつてパワハラサイコパス上司の下で働いて、ストレスを抱えておりました。

 

この記事の内容

・嫌いな上司を異動させる方法

 

 

会社員にとって希望の光は「上司との関係は期間限定」ということです。

 

上司が、異動さえしてしまえば、関わることはなくなります。

どれほど嫌いな上司でも、関わることがなくなれば「いないと同じ」無害の存在になります。

この異動を狙って起こすことができるとしたら非常に魅力的ではありませんか?

 

「異動は会社が決めることだから、できるわけない」と思いますか?

 

結論をお伝えすると、嫌いな上司を異動させることはできます。

これからお伝えする方法を使えば、嫌いな上司と確実にサヨナラです。

 

私は実際に嫌いな上司を異動させることに成功しました。

友人に教えたところ、友人も成功したとのことですので、再現性も十分でしょう。

 

本記事では私の実体験をもとにムカつく上司を異動させる方法をお伝えします。

読むことで、嫌いな上司を異動させて、ストレスから解放されることができますよ。

 

効果は絶大ですので、くれぐれも悪用厳禁でお願いします。

 

>>人気記事:年収を400万円あげた方法を解説

>>人気記事:私の年収を上げすぎた2つの方法

 

上司との関係は非常に重要

まず初めに上司との関係性についてお伝えします。

 

会社員生活にとって上司との関係性は非常に重要です。

多くの人が上司との人間関係に悩んでいます。

 

会社員生活の悩みの

1位が人間関係

2位が仕事内容

となっています。

 

 

第1位は人間関係で、全体の32.8%にものぼります。32.8%のうち、上司とのトラブルが18.1%、嫌がらせやいじめが11.4%です。職場の人間関係は永遠のテーマであり、「上司と親は選べない」とはよく言ったものです。選べるものなら選びたいというのが部下の偽りなき本音でしょうし、逆に上司も部下を選びたいと言うでしょう。
出典:会社員の悩みランキング

 

厚生労働省が平成24年に発表した「労働健康環境調査」の「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレス」の項の「強い不安、悩み、ストレスの内容」によると、男女ともに一番に多い悩みや問題は「人間関係」とくに、女性の場合は、悩みや不安、ストレスの全体の50%近いパーセンテージになっています。平成14年・19年に同調査結果が発表されていますが、人間関係の悩みや不安、ストレスの割合が上がってきているのが確認できます(14年:35.10% 19年:38.40%  24年:41.3%)
出典:仕事で人間関係を良くする9の方法を大公開
厚生労働省:労働安全健康調査

 

このどちらにも上司は非常に密接にかかわってきます。

 

 

 

 

 

 

裏を返せば、理想の上司と巡り合えれば、会社員生活は大きく満足が上がることになります。

 

嫌いな上司とはどんどん距離をとり、理想の上司を引き寄せるようにしましょう。

 

 

 

嫌いな上司を異動させる下準備

 

嫌いな上司を異動させるには「下準備」が非常に重要です。

なぜなら上司を異動させるには、「会社の力」を働かせる必要があります。

 

「会社の力」を効率的に働かせるために、入念に準備を行いましょう。

 

具体的に必要な下準備についてお伝えします。

 

 

嫌いな上司を異動させる下準備①同僚の空気を探る

 

最初の下準備は一緒に働く同僚の空気を探ってください。

これはマストです。

 

あなたと同じ上司の下で働いている同僚の空気を探ります。

 

あなたが今の上司を「異動してほしいほど嫌い」と感じているならば、必ず同じことを考えている人がいます。

その同僚を見つけましょう。

 

また、反対に「今の上司と仲が良い」同僚についても把握しておきましょう。

この理由は後ほど解説します。

 

 

嫌いな上司を異動させる下準備②上司の立ち位置を把握する

 

上司の立ち位置を把握しておきましょう

上司が課長の場合は、他の課長との関係や、部長との関係についてです。

 

・どの課長と仲が悪いか(良いか)

・部長からの評価

 

これを把握しておくことで、このあとの立ち回りをやりやすくすることができます。

 

 

嫌いな上司を異動させる下準備③上司本人には動いていることを把握されてはいけない

 

原則として、上司本人には「異動させる方法」を把握されてはいけません。

これは絶対です。

 

把握されてしまったら、このあとお伝えする「異動させる方法」を全力でつぶしにかかってきます。

上司はあらゆる手段で根回しをします。

 

上司とあなたでは上司のほうが権限も強く、人脈もあります。

本気で「もみ消し」にかかられては、いけません。

 

ぐっとこらえて、最後の最後に「ぎゃふん」と言わせてやりましょう。

 

 

嫌いな上司を異動させる~仲間集め~

下準備で状況を把握したら、次は「仲間」を集めます。

早く上司を異動させる方法を実行に移したいでしょうが、焦ってはいけません。

 

課題を一つ一つクリアしていくゲームと考えてください。

 

ゲームでも「仲間集め」は重要です。

 

仲間集め①同僚を仲間にする

 

まずは同僚を仲間にしましょう。

これはそれほど難しくないと思います。

あなたが上司に不満を持っているように、同僚も不満をもっているからです。

 

仲間に引き入れた同僚に対して、計画を事前に共有しておきましょう。

 

ただ、どんなクソ上司でも「相性のいい」人間は必ずいます。

それに気を付けてください。

 

上司と仲の良い同僚を間違えて引き込んでしまうと、全てが「おじゃん」になってしまいます。

 

先ほどもお伝えした通り、上司には悟られてはいけません。

 

下準備で入念に観察したうえで、仲間に引き入れる相手は選びましょう。

 

仲間集め②他の上司と仲良くなる

 

上司が課長の場合は、他の課長や部長と仲良くなっておきましょう。

仲良くなるといっても特別なことはありません。

 

普通に挨拶して、ときどき雑談しましょう。

この目的は「土台作り」のためです。

 

仲良くなった他の上司に対して、隙をみて会話の端に、「今の課長とおりあいがついていないんですよね」とちらつかせておきます。

 

これを不自然にならない範囲で積み重ねてください。

この「土台」があとあとボディブローのように効いてきます。

 

もちろん相手は、「あなたの上司のことを嫌いな課長」が効率的です。

 

嫌いな上司を異動させる方法

長い道のりお疲れさまでした。

 

いよいよ実行のフェーズに移ります。

嫌いな上司を異動させましょう!

これからお伝えすることを順番に実行することで、確実に異動させることができます。

 

 

手順①「異動させたほうがいい」と思わせる

 

上司を異動させるには「異動させたほうがいい」と会社に判断させることです。

異動にはそれなりに労力を使います。

異動する本人もそうですが、会社側も異動先の調整や選定などの業務が発生するためです。

 

よって、「その労力を上回るメリット」があるという判断がなければ、異動にはなりません。

 

この「労力を上回るメリット」ですが、考え方は「現状維持のデメリット」を生み出すことです。

 

言い換えると、「この上司を今の箇所においておくとまずい」と会社に考えさせるのです。

 

手順②上司を異動させるには「落ち度」を突き付ける

 

「この上司を今の箇所においておくとまずい」と会社に考えさせるとはどういう状況か詳しく説明します。

 

例えば、以下では弱いです。

 

いまいちな例

・部下とトラブルを起こしがちである

・成績が振るわない

 

なぜなら、どこにでもあり得る話だからです。

 

個人的なぎくしゃく程度では「まあ話し合って解決しろ」で終わってしまいます。

成績が振るわないのも、「成績をあげるように努力しろ」となるでしょう。

 

よって、「インパクトのある客観的な事実」を示す必要があります。

効率的でわかりやすいのは「上司の落ち度」を引き出すことです。

 

上司の落ち度を引き出すキーワードは「パワハラ・モラハラ」「セクハラ」です。

 

 

手順③ー1 パワハラ・モラハラを突き付ける

 

パワハラを突き付けましょう。

嫌いな上司に対しては、かなり負の感情がたまっていますよね。

 

何事もなく負の感情がたまることはないでしょう。

 

あなたにとって「不快なこと」を上司はしてきたはずです。

それを全て日付や言われたことをメモしておいてください。

 

パワハラは「受け止めた側が認識すれば成立」します。

 

暴力を振るわれなくても、言葉でも十分成立するのです。

 

・「常識的な叱責」はパワハラにならない

・「怒鳴っていない」のでパワハラではない

 

そんなことはありません。

精神的苦痛を受ければすべてパワハラとなります。

 

「そんなこと言うと、パワハラだらけになるじゃないか」という意見がありますが、ある意味その通りです。

 

パワハラの判定は想像以上に「低い」のです。

しかし、多くの場合は「表面化していない」ために見過ごされているにすぎません。

 

パワハラが表面化しない理由と上手な表面化のさせかたは、このあとお伝えする「突き付け方」で説明します。

 

 

手順③ー2 セクハラ(マタハラ)を突き付ける

 

上司が異性の場合は、「セクハラ(マタハラ)」という切り口もあります。

 

セクハラはパワハラ・モラハラよりもさらに強いカードです

 

実際に体に触れられなくても、発言をセクハラにすることができます。

 

・彼氏(彼女)はできたの?

・いつ結婚するの?

・子供は?

・恋活(婚活)はしているの?

 

こういった発言は十分セクハラ(マタハラ)に該当します。

 

何度も言いますが、ハラスメントの判定基準は「言われた側がどう受け止めるか」です。

よって、同じ発言であっても「関係性」が非常に重要になってきます。

 

Aさんに言われても何とも思わないことでも、Bさんに言われると不快に感じるということはあるでしょう。

 

他にも体型の話や健康状況、家族の話題でも、「不快」に感じればセクハラは成立します。

 

 

手順④客観的な事実としてまとめて第三者に報告する

 

突き付け方も重要です。

必ず「記録の残る形(メール)」で「社内の第三者」に突き付けるようにしてください。

 

本人に突き付けても、何の意味もありません。

 

必ず社内の第三者に突き付けるようにしてください。

突き付け先は、役員・人事部・倫理相談窓口など「社内の第三者」の中であなたの状況に適した相手を選んでください。

「もみ消されないこと」が目的です。


できるだけ、「社内の影響力」が大きいところに投げ込むようにしましょう。

1人だけに投げ込むのではなく、複数人に投げ込むのも効果的です。

「何かしらの対応をしなくてはいけない」状況にさせましょう。

 

また、メールで突き付けるのは「第三者に状況を共有するため」です。

 

こういった事実を突きつけた場合、1か所だけで対処することはありません。

必ず、「社内の他のところ」に情報が共有されます。

 

そのときに、「共有できるよう」にメールで突き付けるようにしてください。

メール本文だけではなく、添付ファイルも活用してください。(写真や音声、記録メモなど)

 

また、記録を残すことも、あとあと効いてきます。

 

「口頭」で相談した場合は「もみ消される」可能性が非常に強くなります。

 

・口頭の場合、記録が残らない

・第三者に共有のとき「フィルター」がかかる

 

時間の経過とともにうやむやにされないように、必ず記録を残して突き付けるようにしてください。

 

 

手順⑤文章の注意点

 

事実を突きつける際には「文章」も重要となってきます。

第三者が読んだときに、わかるようにするためです。

 

以下の2点に注意して作成してください。

 

・できるだけ具体的に書くこと

・「客観的な事実」と「あなたの思い」をわける

 

理由は「第三者が読んだときにわかりやすくする」ためと「感情に訴える」ためです。

あなたが作成した文章はたくさんの人に読まれることになります。

それを意識してください。

 

「事実と思い」が混ざってしまうと、状況がわかりにくくなります。

まず、客観的かつ具体的な事実を伝えます。

 

客観的な事実は以下について記載してください

 

客観的事実

・日付と時間

・個人名

・状況を詳細に

・発言内容や行動を具体的に

 

事実を書いたうえで、あなたの「思い」を書いてください。

ここはできるだけ、読む人に強い感情を与えられる言葉を選んでください。

この思いが強いほど「人を動かす」パワーとなります。

 

あなたの想いについては以下について記載してください。

 

想い

・あなたが受けた精神的な苦痛

・今の精神的苦痛が続いては業務に支障が出る

・上司と離れたい思い

・外部機関に相談することを匂わせる

 

特に最後が重要です。

この理由は後ほど解説します。

 

 

手順⑥その後の対応について

 

パワハラやセクハラの問題が浮上した場合、会社は「内部調査」を行います。

内部調査は多くの場合、「複数人のヒヤリング」となります。

 

ここで下準備が効いてくるのです。

 

あなた一人だけで動いていた場合、このヒヤリングの部分で「もみ消される」可能性があります。

 

しかし、下準備で数人を仲間に引き入れておけば、ヒヤリング時に口調をあわせてくれます。

 

ヒヤリングで「第三者からの意見」が固まれば、上司の落ち度は確定します。

 

こうなれば、会社としては手段を講じないわけにはいきません。

上司を異動させることが決まります。

 

おめでとうございます。

長い戦いでしたね。

 

 

なぜこの方法で上司を異動させることができるのか?

この方法で上司を異動させることができるのか?

まだ不安なかたも多いと思います。

 

ここまでお伝えした方法を実践していただければ、上司を異動させることができると断言します。

 

その理由についてお伝えさせていただきます。

 

会社としては「おおごと」にしたくない

 

上司が異動するのは「会社としては“おおごとにしたくない”」という心理があるためです。

 

現代はSNSなども発達しており、急速に情報は広まる環境ができています。

どの企業も「企業イメージ」を非常に重要視しています。

 

外部機関へ情報が洩れると「(社外の)第三者による調査」「裁判」などに発展する可能性がありますよね?

外部機関が関わったという事実をマスコミがかぎつけると、それだけでスキャンダルの種となります。

 

企業としては「内部だけで解決したい」と考えています。

 

そして、ここまで事実を固めている場合、会社としては何も対処をしないわけにはいきません。

よって、「落としどころ」としては「上司の異動」という形に必ず着地することになるのです。

 

 

上司を異動させるより簡単な方法

ここまで上司を異動させる方法をお伝えしてきました。

しかし、実はそれよりももっと簡単な方法があります。

 

それはあなた自身が動くということです。

 

転職してしまいましょう。

 

上司を異動させるにはそれなりに時間とエネルギーを使います。

事前準備をしっかりとおこない、作戦をたてて行動する必要がありますから。

 

ぶっちゃけ、この時間とエネルギーを転職に向けたほうが早いです。

 

私も嫌いな上司を異動させたことがありますが、新しく来た上司も「ハズレ」でした。

 

会社全体がブラック企業だったため、まともな上司がいなかったのです。

 

そこで、会社に見切りをつける決断をして転職を決意しました。

 

転職することは最高の復讐です。

私も実際に転職しましたが、クズ上司への最高の仕返しとなりました。

 

まず、部下が転職すれば、まちがいなく上司の評価は落ちます。

これだけでダメージを与えられます。

 

また、退職者は人事や部門責任者に「退職理由」をヒヤリングされるのが一般的です。

 

このときに「退職するのはクズ上司のせい」とこれまでの不満をぶちまけてやりましょう。

私も実際に転職する際に、クズ上司の不満を思う存分ぶちまけてやりました。

 

口頭だけでなく、メールや書面で残しておけばさらに効果倍増です。

 

ちなみに、退職が決まってから面談までは少し時間があります。

私の場合、クズ上司は危険な気配を察したのか、面談までの期間、私の機嫌を取りに来るようになってきました。

面談で余計なことを言われたくないという浅ましさでしょう。

これを無視して、人事との面談では、不満を思うさまぶちまけてやりました。

 

書面と電子データも用意して、人事へ送付するおまけつきです。

非常に気分が良かったです。

 

また、転職先で最高に充実した時間を過ごすことは、なによりの仕返しです。

 

考えてもみてください。

上司は今の会社ではあなたに対して偉そうにしています。

しかし、実際には会社にしがみつくしかない社畜です。

自分より上の人に理不尽なことを言われたストレスを部下にぶつけているにすぎません。

 

私は転職したことで、全ての理不尽から解放されました。

 

・上司よりも高い給料を得ている

・残業時間はほぼなし

・今後も給料は上がっていく見込み

・いざとなればいつでも転職できる自由

 

かつてのクズ上司よりもはるかに楽な仕事で、はるかに高い給料を得ています。

 

クズ上司がどうあがいても手に入れられない環境でしょう。

しかも、私の転職でクズ上司は自分の評価はガタガタです。

唯一のよりどころである会社での居場所さえ危うい状況にしてやりました。

 

転職活動で、何をすればよいかわからないという方は、とりあえずリクルートエージェントに登録しておけばよいでしょう。

 

いろいろな情報がありますが、正直リクルートエージェント1本で十分です。

 

リクルートエージェント 

【公式サイト】:https://www.r-agent.com/

✔業界最大手

✔20万件を超える非公開求人

✔手厚いサポート

✔登録は5分で完了 

>>リクルートエージェント無料登録(公式サイト)はこちら 

 

 

詳細はこちらにて解説してあります。

>>年収を400万円あげた転職ノウハウ

関連記事

  ・転職活動したいけど、何をすればいいかわからない ・転職エージェントと転職サイトどちらを使えばいいか知りたい ・お勧めのサイトとエージェントを知りたい!   こんな悩みを解決します。 &n[…]

ちなみに、実際に転職しなくても復讐は成立します。

 

さきほどもお伝えしたように、転職されると上司は自分の査定に響くからです。

つまり、「転職をするかも」とビビらせれば勝ちです。

 

「俺最近転職活動してるんだよねー」とちらつかせてみてください。

 

最初のうちは、上司も「したければすればいい」と強気でいます。

 

しかし、2週間もたつと、あなたのご機嫌を窺うようになってきます。

 

究極ブラフでもよいですが、やはり実際に転職活動してるほうがリアリティが出ます。

上司に対してでなくても、仲の良い同僚に、活動状況を伝えてください。

必ず上司の耳に入ります。

 

偉そうにしていたクズ上司がおろおろするのを見るのは最高の気分です。

 

>>関連記事:転職で年収が上がりすぎる方法

関連記事

    ・年収を上げる方法が知りたい ・転職したいけど勇気が持てない   こんな悩みを解決します。   会社員にとって、年収は大事ですよね。 年収が全てとは言い[…]

 

 

>>転職エージェントの完全解説はこちら

関連記事

  ・転職エージェントが怖い ・転職エージェントの登録の仕方が知りたい ・転職エージェントのメリットとデメリットが知りたい   こんな悩みを解決します。   最近の転職活動では[…]

 

嫌いな上司を異動させる方法~まとめ~

 

嫌いな上司を異動させる方法まとめ

・嫌いな上司を異動させるには下準備が重要

・異動させたほうがよいと会社に判断させる

・嫌いな上司の「落ち度」を客観的につきつける

・会社は「おおごとにしたくない」という心理がある

・上司を異動させるより転職したほうが実は簡単

 

嫌いな上司と関わることがなくなれば会社員生活を快適に過ごすことができるようになりますよね!

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝いたします!

 

 

>>関連記事:転職で年収が上がりすぎる方法

関連記事

    ・年収を上げる方法が知りたい ・転職したいけど勇気が持てない   こんな悩みを解決します。   会社員にとって、年収は大事ですよね。 年収が全てとは言い[…]

 

>>関連記事:転職エージェントの完全解説はこちら

関連記事

  ・転職エージェントが怖い ・転職エージェントの登録の仕方が知りたい ・転職エージェントのメリットとデメリットが知りたい   こんな悩みを解決します。   最近の転職活動では[…]

 

>>本当におススメの転職エージェントはこちら

関連記事

  ・転職活動したいけど、何をすればいいかわからない ・転職エージェントと転職サイトどちらを使えばいいか知りたい ・お勧めのサイトとエージェントを知りたい!   こんな悩みを解決します。 &n[…]

最新情報をチェックしよう!