社畜になりたくない!~社畜にならないためにするべきこと~

 

・社畜になりたくない

・社畜にならない方法が知りたい

 

こんな風に考えていませんか?

会社に飼いならされている社畜の状態は辛いですよね。

 

あなたがもしも自分は社畜かもしれないと悩んでいるならば、本記事は役に立ちます。

 

✔記事の内容

・社畜とは何か?

・社畜の危険性

・社畜になりやすい人の特徴

・社畜にならない方法

 

私は昔スーパーブラック企業に勤めている社畜でした。

・毎月残業100時間越え当たり前

・上司はパワハラサイコパス

・会社以外の交流なし

・土日も仕事するのが日常

・理不尽要求にも必死で我慢

 

会社に都合よく使われているだけで、仕事のためだけに生きている状態でした。

絵にかいたような社畜ですよね(苦笑)

 

現在は、社畜から抜け出すことに成功し、毎日充実した日々を過ごしております。

 

家族との時間が増え、友人とも交流できる。

会社から帰っても時間があるため、本を読んだり勉強したりでさらに成長できる。

給料も上がり時間も増えて、人間らしい生活を取り戻すことができました。

 

控えめに言って最高です。

 

本記事では私の体験をもとに社畜から抜け出すための方法をお伝えします。

 

あなたが、かつての私のように社畜として苦しんでいる、もしくは将来社畜になるかもしれないと考えている場合は参考にしてください。

 

本記事を読むことで社畜生活から抜け出して自由に生きることができるようになりますよ!

 

 

 

社畜になりたくない!社畜とは?

 

社畜になりたくないならば、まずは社畜について知りましょう。

社畜とはどういう状況でしょうか?

 

《会社に飼い慣らされている家畜の意》会社の言いなりになって、つらい仕事でも文句も言わず働いている会社員を、皮肉を込めてからかう語。

[補説]小説家の安土敏の造語という。

引用:goo国語辞典

 

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤もいとわない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄、あるいは自嘲する言葉である。

引用:wiki

 

つまり、社畜とは一言で言うと「会社に都合よく使われているにも関わらず、無抵抗で何も言わない奴隷状態」ということです。

 

同じ会社員であっても、自由に充実した日々を過ごしていれば社畜とは言えないでしょう。

 

言い換えれば、下記の特徴のあるブラック企業に勤めている場合は社畜と言えます。

 

社畜を生み出すブラック企業

・長時間労働

・ストレスが多い

・労働環境が劣悪

・理不尽な要求ばかり

 

 

社畜になりたくない!~社畜の危険性~

社畜になりたくないならば、次に社畜の危険性について知りましょう。

危険性を知ることで、社畜になりたくないという思いをより強くすることができるからです。

 

私の体験ベースで社畜の危険性についてお伝えします。

結論をお伝えすると、社畜の状態は非常に危険です。

心も体もボロボロになり、人として大事なものを失います。

 

しかも、全てを犠牲にして会社に捧げているにも関わらず、いざとなれば会社からは使い捨てられてしまいます。

 

社畜の危険性

・友人関係を失う

・家族との時間を失う

・理不尽に数十年も耐える必要がある

・今の会社がなくなると生きていけなくなる

・体を壊す可能性が高い

 

順番に解説していきます。

 

社畜の危険性①友人関係を失う

社畜になると友人関係を失います。

これは会社と家の往復しかできなくなるためです。

 

また、仕事で疲れ切っているため、行動を起こす気力がなくなります。

私も社畜時代はずっと寝て過ごしておりました。

 

社会人になると、新しく友人をつくるのは難しいというのは体験的に実感しているのではないでしょうか?

その分、昔の友人がさらに貴重になるわけですが、その昔の友人との関係もどんどん失っていくことになります。

 

 

社畜の危険性②家族との時間を失う

社畜になると家族との時間を失います。

社畜は朝早くに家をでて、夜遅くに帰宅する生活です。

さらに休日にも当たり前のように仕事をします。

 

むしろ休日は「誰にも邪魔されずに仕事ができる日」と本気で考える傾向があります(社畜あるある)

 

精神的にも余裕がなくなるため、「家族と一緒にすごす」ということが当たり前でなくなるのです。

 

普通に考えれば、仕事よりも家族を大事にするべきですが、社畜は当然にように家族を後回しにします。

 

 

社畜の危険性③理不尽な要求に何十年も耐える

社畜は会社にすれば非常に都合の良い人間です。

安い給料で、何でもいうことを聞いてくれる奴隷だからです。

 

会社の都合でなんでも動いてくれます。

・上司からのめちゃくちゃな指示

・誰のためかわからない仕事

・安い給料

・いきなりの転勤

 

あなたの人生の設計を無視した要求を押し付けられ続けます。

こんな日々が数十年も続くのが社畜なのです。

 

 

社畜の危険性④今の会社がなくなると生きていけない可能性がある

 

現代は非常に移り変わりの激しい時代です。

会社がずっと残っている保証はありません。

 

社畜を生み出すような会社は倒産する危険性を抱えています。

移り変わりの激しい現代についていけていないためです。

 

もしも会社が倒産した場合、社畜にとっては最悪です。

 

今の会社に飼いならされすぎているため、他の場所で生きていく方法がわからないという危険性があります。

 

想像するだけで身震いするような悲惨な未来が待っているのです。

 

 

社畜の危険性⑤体を壊す可能性が高い

社畜になると体を壊す可能性が非常に高いです。

長時間の労働と過剰なストレスで生活が不規則になるからですね。

 

実際に私も30歳の若さで大きな病気を経験しました(ガン)。

医学的には要因不明とされていますが、日々の過酷な労働が関係しているのは間違いないでしょう。

現在は無事に完治して後遺症なく生活できていますが、発見が遅れていれば死んでいた可能性があります。

 

他にもたとえば、精神に大きなダメージを受けてしまうと、もとの生活にもどれなくなるかもしれません。

お金は失っても取り戻すことができます。

しかし、健康は取り戻すことができません。

 

健康は何ものにも代えがたい富なのです。

 

 

一番の危険性は、会社は何も保証してくれないということ

 

ここまで社畜の危険性をお伝えしてきましたが一番の危険性は、会社はいざとなれば何もしてくれないということです。

 

あなたが、会社のためにすべてを犠牲にしているにもかかわらず、いざとなれば簡単に使い捨てられます。

いつでも替えの利く「コマ」でしかないためです。

 

あなたの人生を会社が守ってくれるということはあり得ない

このことを、今一度心に刻み込んでください。

 

 

 

社畜になりたくない!社畜になりやすい人の特徴

社畜になりやすい人の特徴をお伝えします。

一言でお伝えすると、「仕事ができて、真面目で責任感の強い優しい人」ほど社畜になりやすいです。

 

社畜になりやすい人の特徴

・仕事ができる

・自己評価が低い

・まじめで責任感が強い

・優しい

 

順番に解説します。

 

 

社畜の特徴①仕事ができる

社畜になりやすい人は仕事ができます。

これは仕事ができるから、仕事を振られてしまうためです。

 

無能な人は仕事を振られません。

 

仕事は有能な人のところにあつまります。

会社からすれば、同じ給料でたくさんの仕事をこなしてくれる人は非常にありがたい存在ですね。

誰が何と言おうとこの事実は変わりません。

 

 

社畜の特徴②自己評価が低い

 

社畜になりやすい人は自己評価が低いという特徴があります。

仕事ができるにもかかわらず、「自分なんてまだまだだ」と考えてしまうのです。

もっと頑張らなくてはいけないと考えて、自分を追い込んでしまいます。

結果、誰よりも有能で誰よりも仕事をしているにも関わらず、さらに頑張ろうと考え、いつまでも報われない日々が続くのです。

 

しかも、社畜を生み出すようなブラック企業ではパワハラ発言が日常茶飯事的に行われます。

有能なあなたを正当に評価せずパワハラ上司が理不尽な叱責をしているのではないでしょうか?

結果、自己評価が奪われるという負のサイクルに陥っているのです。

 

 

社畜の特徴③まじめで責任感が強い

 

真面目で責任感が強い人は社畜になりやすいと言えます。

周囲の理不尽に対しても誠実に対応しようとするためです。

 

いい加減な人は、いい加減な対応をします。

真面目で責任感の強い人は、上司や顧客からの依頼に対して、何とか実現しようと頑張ります。

本来はとても好ましい性質ですが、ブラック企業ではこれを食い物になされてしまうのです。

 

結果、会社に都合の良いように振り回されてしまいます。

 

 

社畜の特徴④優しい

 

優しい人は社畜になりやすいです。

これは、仕事を押し付ける側の視点で考えればわかります。

同じ仕事を頼むにしても、毎回ごねる人よりも、頼みやすい人に仕事を押し付けたいと考えますよね。

 

理不尽な要求に対しても優しいあなたは懸命に応えようとしていないでしょうか?

会社はあなたの優しさに付け込んでいると言えます。

 

 

社畜になりたくない!社畜にならないための方法

社畜にならないための方法をお伝えします。

すでにお伝えしたように、社畜とは会社に依存しきってしまっている状態です。

逆に言うと、会社への依存心を減らしていけば社畜から抜け出せると言えます。

 

・会社への依存心を減らす→会社の交流を減らす

・会社の外の世界をしる→外の世界に知見を広げる

 

もと社畜であった私の体験をもとに具体的な行動を紹介します。

実践することで確実に社畜から脱出することができるようになりますよ。

 

脱社畜の方法

・仕事を断る

・会社の人と交流をたつ

・社外の人と交流する

・本を読む

・転職する

 

順番に解説します。

 

社畜にならない方法①仕事を断る

 

社畜にならないためには仕事を断りましょう

ここまでお伝えしたように、あなたは仕事ができてまじめで優しい人です。

そのあなたの有能なさを会社は都合よく使っている状況と言えます。

 

そんな会社のためにあなたが自分を犠牲にする必要はありません。

 

まじめなあなたは仕事を断ることに猛烈な抵抗を覚えることでしょう。

しかし、自分を大事にする勇気をもってください。

あなたの人生はあなたのものです。

あなたを大事にしないブラック企業のために生きる必要はありません。

 

あらゆる手段を使って仕事を断るようにしてください。

 

関連記事:仕事を断る方法

 

 

社畜にならない方法②会社の人と交流をたつ

 

会社の人との交流をたちましょう。

 

具体的にはイベントごとはすべて不参加を通しましょう。

ブラック企業はイベントごとが多い傾向にあります。

飲み会、バーベキュー、運動会、キャンプ、社員旅行・・・(苦笑)

 

こういったイベントに参加してしまうと、ただでさえ少ない業務以外の時間が奪われてしまいます。

 

しかもイベントに参加することで、会社の人との交流が強固になってしまいます。

 

社畜にならないためには、会社への依存心を減らす必要があります。

業務外での交流は徹底的に排除するようにしてください。

 

 

 

社畜にならない方法③社外の人と交流する

社外の人と積極的に交流しましょう。

目的は会社の外の世界を知るためです。

今の会社が全てではありません。

他者の話を聞くと世の中には本当にいろんな世界があることがわかります。

 

新しいコミュニティでなくても構いません。

昔の友人と連絡をとってみるのもよいでしょう。

 

先ほどもお伝えしたように、社畜は視野狭窄になりがちです。

 

今の会社のことしか知らないがゆえに、会社に逆らうことができない状態になっています。

 

少しずつで良いので、会社以外の世界を知るようにしていきましょう。

会社の常識が世間の非常識ということがわかれば、堂々と生きることができるようになります。

 

 

 

社畜にならない方法④本を読む

読書はおすすめです。

読書をすることで、視野が広がります。

社畜に必要なのは、「いろんな可能性がある」ということに気づくことです。

 

その目的のためには読書は最適といえるでしょう。

日本は本が安く手に入ります。

ジャンルは何でも構いません。

興味があり、読みやすそうな本をとにかく買って読んでみましょう。

 

本は、他人がものすごい労力をかけて手に入れたノウハウを簡単に共有することのできる最強のツールです。

 

 

社畜にならない方法⑤転職する

 

社畜にならないための究極の方法は転職することです。

社畜を生み出すような会社はまちがいなくブラック企業です。

ろくな会社ではありません。

見切りをつけて他の会社に行きましょう。

 

私自身も、ブラック企業に勤めていた経験があります

・毎月100時間以上の残業、

・毎日怒鳴り散らされる、

・クレーム処理でストレスフル

 

会社に飼われている社畜でした。

ある日、勇気を振り絞って登録したリクルートエージェントが私の人生を大きく変えてくれました。

 

・年収があがりすぎるほどあがった

・人間関係が良好になった

・残業がなくなった

 

当時から考えると夢のような環境で働いています。

 

もう間違っても社畜とは言えません(笑)

あなたがかつての私のように苦しんでいるのであれば、ぜひ一度転職を検討してみてください。

 

「何をすればいいかわからない」というかたはとりあえずリクルートエージェントに登録しておけばよいです。

 

登録は5分で完了します。

都合の良い日で面談を設定すれば、その日以降いつでも求人に応募することができるようになりますよ

 

たくさんの求人を眺めていれば、それだけでストレスが解消していきます。

この気持ちよさはぜひとも一度体験していただきたいです。

 

思い立ったが吉日。

今日のこの5分の動作があなたを救うことになるかもしれません。

 

私自身もリクルートエージェントを通じて2回の転職を経験していますが、転職するごとに生活満足度は大幅に上がっています。

 

【リクルートエージェント】

✔業界最大手

✔20万件を超える非公開求人

✔手厚いサポート

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

何をすればよいかわからないという場合も大丈夫。

転職活動の基本から業界の動向など「これでもか」というほどの情報を教えてくれます。

 

また完全無料で利用できるという点も大きなメリットです。

とりあえず登録だけしておいて、情報を無料でおいしくいただくという活用方法は特におススメです。

 

勧誘の電話なども一切ありません。

 

希望求人に対して通知設定が可能です。

私のお勧めの利用方法は、希望求人にだけ通知アラートを設定しておいて放置することです。

あとはときどき暇つぶしに求人検索するだけで十分すぎるほどの情報が得られます。

 

 

転職に関しての情報を手に入れておけば、今の仕事に対しての働き方も変わってきますよ!

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

また、自身の「自分の適性」「市場価値」を把握しておくことは非常にお勧めです。

 

ミイダスの「コンピテンシー診断」を活用すれば、質問に答えるだけで「適正年収」「向いている仕事」を教えてくれます。

 

【コンピテンシー診断】

✔登録無料で利用可能です。 

✔2分で登録完了します。

✔100個以上の質問からあなたの性格を教えてくれます。

✔普通に性格診断として活用してみても面白いレベルです。私もときどき診断して遊んでいます。

完全無料で利用できます

 

Webで登録すればすぐに利用できるので、活用しないデメリットはありません。

登録は2分で完了します。

 

コンピテンシー診断とは?

質問に答えるだけで、あなたの持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司のタイプや部下のタイプなどが分かる適性テストです。

※ミイダスに本会員登録した後に無料で受験することができます。

引用元:ミイダス

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

 

 

社畜になりたくないなら~まとめ~

社畜の危険性、社畜になりやすい人の特徴をお伝えしました。

 

再度お伝えしますが、社畜になりやすい人は実は非常に有能な人なのです。

仕事ができるうえに、人間的にもまじめで優しく誰からも好かれます。

 

あなた自身は自己評価が下がっているため、今はそのように考えられないかもしれません。

 

これは今のあなたの会社がブラック企業だからです。

 

ブラック企業は本当に恐ろしいところです。

ブラック企業と気づかせないことで、あなたという素晴らしい人材を都合よく使いつぶそうとしています。

 

そんな会社に都合よく使われる必要はありません。

 

あなたはあなたの人生をあなたらしく生きるべきなのです。

 

私もかつてブラック企業につとめていたときは、会社に必死で尽くそうと考えていました。

 

しかし、会社に必死で尽くしても得るものは何もありません。

 

健康を失い、何かあった時には簡単に切り捨てられます。

 

社畜だった日々から抜け出すことができた今は本当に幸せをかみしめています。

むしろ一度社畜だった日々を知っているからこそ、今をさらに幸せと感じられています。

 

あなたも今は辛い社畜の日々かもしれません。

しかし、社畜から脱出することができれば、間違いなく幸せを感じることができます。

 

あなたの人生を取り戻すためにできることから少しずつ始めていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝いたします!

 

 

 

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

最新情報をチェックしよう!