サラリーマンのたかがみの部屋です。

【対処法】「働きたくない」は「甘えではない」たった1つの理由【ブラック企業】

 

悩んでる人
悩んでる人

・今の職場がしんどい

・働きたくない

・甘えていると叱られるのが辛い

こんな風に考えていませんか?

 

 

✔記事の内容

・働きたくない気持ちは甘えでない理由

・働きたくない気持ちの原因

・働きたくない気持ちの対処法

 

結論をお伝えすると、働きたくないという気持ちは甘えではありません。

あなたの心の声のSOSだからです。

 

働きたくないというあなたの気持ちを大事にしてください。

 

私自身も、働きたくないという気持ちを無視してブラック企業で働き続けた経験があります。

残業150時間越え、クレーム処理の仕事、パワハラ上司というブラック要素の役満状態の会社でした。

甘えてはいけないと自分を鼓舞して無理して働いていたのです。

結果、あまりのストレスから30歳でガンを経験しました。

 

 

あなたが今、働きたくないという気持ちを押し殺して無理に働いているのはかつての私と同じです。

非常に危険な状況と言えます。

甘えてはいけないと自分を責める必要はありません。

 

すぐに今の職場を離れる行動をおこしましょう。

 

私も行動を起こしたことで、今は病気も完治しストレスフリーで働けています。

 

私が取った具体的な行動についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

 

本記事を読むことで、会社と自分は対等ということに気づくことができます。

嫌な職場で我慢して働き続ける必要がなくなりますよ。

 

 

働きたくない気持ちは甘えではない

まずお伝えしたいことが、「働きたくない気持ちは甘えではない」ということです。

 

あなたは今、仕事を辛いと感じていますよね。

 

 

これは心のSOSです。

あなたの心は生まれたときから、あなたと一緒にいます。

誰よりもあなたについてよく知っているのです。

 

 

その心が「働きたくない」と叫んでいる。

 

そんな辛い状態で働き続けては、必ず心と体を壊すことになります。

 

これこそ働きたくない気持ちが甘えではない、唯一無二の理由です。

 

日本では我慢することを美徳とする風習がありますが、何よりも大事なのはあなた自身です。

 

あなたをそこまで追い詰めている環境に問題があります。

あなた自身を責めるのはやめ、自分を大事にした働き方をしていきましょう。

\登録無料/
5分で登録完了

 

働きたくない気持ちの原因

 

働きたくない気持ちが出てくる理由について解説します。

結論を言うと、今の仕事内容と職場があなたに合っていないのが原因です。

 

・仕事内容があっていない

・労働環境が悪い

・職場の人間関係が悪い

 

順番に解説します。

 

働きたくない気持ちは甘えでない①仕事内容

 

働きたくない気持ちが出てくるのは、仕事内容があっていないからです。

ある人にとっては楽に感じる仕事でも、別の人には辛く感じるということがあります。

人間にはそれぞれ適性があるためです。

 

例:

人と話すのが好きなAさん

コツコツと事務作業が好きなBさん

 

この場合Aさんは営業職、Bさんは事務職が向いているでしょう。

 

自分に向いている仕事ならば、それほど苦痛に感じずに働くことができます。

しかし、逆にした場合は非常に苦痛を感じることになります。

 

これらは仕事の相性の問題であり、能力の差ではありません。

 

よって、仕事があっていないことで働きたくないと感じるのは甘えではないのです。

 

 

働きたくない気持ちは甘えではない②労働環境があっていない

 

働きたくない2つ目の原因は労働環境です。

労働環境が快適と感じられない場合は、働きたくない気持ちが強くなります。

 

たとえば私は残業時間が少ないところで働きたいと考えています。

残業時間が多い環境で働くと「苦しい」と感じるからです。

 

しかし、人によっては

鬼上司
鬼上司

仕事の時間が苦痛にならない

いくらでも会社にいてやるぜ!

こんな人もいるでしょう。

 

(私には理解できない感覚ですが・・・・)

 

残業時間以外にも下記のような要素があります。

・給料

・休暇の多さ

・責任の重さ

 

これらが自分にとって最適な状態でないときに、人は働きたくないという気持ちが強く感じるようになります。

 

 

働きたくない気持ちは甘えではない③人間関係

 

3つめの理由は人間関係の問題です。

 

仕事内容や待遇が満足いくものでも、人間関係が劣悪の場合は働きたくなくなります。

あなたは職場のパワハラおじさんやうざいお局さんに悩まされていませんか。

 

働かない無能な先輩、生意気な後輩、セクハラ、パワハラ、モラハラ・・・・

 

一緒に働く人が、嫌な人だと労働も辛く感じるのは当然です。

 

私も以前は、劣悪な人間関係のもとで働いておりました。

 

上司はマネジメントしないクズ

仕事をおしつける同僚

日々怒声が鳴り響くオフィス

派遣社員の誰かは毎日泣いている

 

働きたくないという気持ちが湧き上がってきて当然だったと思います。

 

 

働きたくない気持ちの対処法

 

働きたくない気持ちに対する対処法をお伝えします。

 

結論としては、別の場所で働くしかありません。

 

理由は周囲を変えることは不可能だからです。

これまでお伝えした

・仕事内容

・労働環境

・人間関係

 

これらをあなただけの力で変えるのは不可能と断言します。

 

残された解決策は2つです。

・あなた自身が変わる

・あなたが別の場所に動く

 

 

あなた自身を変えることはお勧めしません。

あなたはあなたらしく生きるべきだからです。

 

他の誰かために、あなたを変えるのは、他人の人生を生きることになります。

 

あなたの人生を犠牲にしてまで、あなたを変える必要はないのです。

 

 

私もかつては周囲を変えよう、自分を変えようと、もがいていた時期がありました。

しかし全て徒労に終わり、自身がガンになるという経験をして、ようやく悟ったわけです。

 

 

あなた自身を変えることにエネルギーを使うくらいなら、別の環境へ移ることにエネルギーを使うほうが100倍前向きです。

 

働く場所を変えるための行動をとりましょう。

 

働く場所を変える方法は、「社内で仕事を変える」「社外で仕事を変える」に分けられます。

 

・休む

・相談する

 

・転職する

 

 

順番に解説します。

 

 

働きたくない気持ちの対処法①休む

 

仕事を変えたいならば、会社を休みましょう。

働きたくないという気持ちを抱えたまま、働くことは非常に負担がかかります。

無理を続けていては、体も心も壊してしまうためです。

 

ゆっくりと休めて回復を図りましょう。

 

休むことには、もう一つ目的があります。

それは、あなたが限界まで来ているということを会社に伝えることです。

 

社内で環境を変えるには「異動」が必要になります。

 

たかがみ
たかがみ

異動をするには、決裁者に「異動させたほうがいい」と判断させる必要がありますね?

あなたが今の職場で働くことで限界まで来ているということを伝えなければいけません。

 

休めば記録として残ります。

 

異動できる可能性をあげることができるのです。

 

 

働きたくない気持ちの対処法②相談する

 

働きたくないときは、社内で影響力のある人に相談をしましょう。

 

社内で環境を変えるには「異動」が必要になるとお伝えしました。

繰り返しますが、異動するためには、決裁者に異動の必要性を訴えなければいけません。

 

そのために有効なのは相談です。

相談先

・産業医

・人事部

・倫理相談窓口

 

 

先輩や上司に相談してもあまり効果的とは言えません。

産業医や倫理相談窓口が有効です。

 

なぜなら、これらの窓口は影響力を持っているためです。

あなたの部門の部長に対して、助言をすることができます。

 

影響力のある人へ、あなたの今の気持ちを正直に打ち明けましょう。

環境を変えてもらえる可能性が高まります。

 

 

働きたくない気持ちの対処法③転職する

 

今の環境で働きたくないときは、社外で仕事を変えてしまいましょう。

転職することです。

 

悩んでる人
悩んでる人
転職ってハードル高いよ!?

 

私もそう考えていました。

実はこの方法が一番簡単な解決策になります。

 

転職活動は自分の行動で結果を変えることができるからです。

 

社内で環境を変えるには異動が必要とお伝えしました。

異動はあなたの力だけでは不可能です。

異動の流れ

あなたが訴える

→決裁権のある誰かが動く

→人事異動が発生する

 

社内の事情により成功確率は大きく左右されます。

場合によっては、異動まで半年から一年以上かかることもあるでしょう。

 

今の状況で1年以上働くのは辛いですよね。

 

転職の場合は、あなたが能動的に希望の企業に応募できます。

しかも何社でも応募できます。

 

最短1か月で内定が出る可能性は十分です。

 

たかがみ
たかがみ
1か月ならば、会社を休んでいるうちに内定が出る可能性さえありますよね?

 

しかも、内定が出ても気に入らなければ「断る」という選択肢も持つことができます。

あなたの行動が結果に反映されやすいのです。

 

私もスーパーブラック企業に勤めていた時は、転職にハードルの高さを感じておりました。

 

しかし、なんとなくリクルートエージェントに登録したある日から私の人生は大きく好転し始めたのです。

 

また、やってから気づいたのですが、転職活動自体にはリスクが一切ありません。

 

内定が出たときに、よい条件でなければ転職しなければいいだけだからです。

 

私自身も5社から内定を獲得し、好条件の会社を選びました。

30代で年収は1000万円を超えています。

 

労働環境、人間関係ともに最高の環境です。

 

行動を起こして本当に良かったと思います。

 

繰り返しになりますが、周囲を変えることは不可能です。

唯一変えられるのが自分の行動となります。

 

私は自分の環境を変えるための行動に全エネルギーを注ぎこみました。

 

結果、転職活動が最適であるとの結論に至りました。

 

行動を起こした過去の自分に本当に感謝です。

 

ちなみに私が転職活動に利用したのはリクルートエージェントでした。

 

リクルートエージェントは転職活動において登録必須です。

・業界最大の求人

・蓄積されたノウハウ

・親切なサポート

 

私も初めての転職は不安でいっぱいでしたが、リクルートエージェントが全て不安を解消してくれました。

\登録無料/
5分で登録完了

 

 

働きたくない気持ちは甘えではない~まとめ~

 

働きたくない気持ちは甘えではないことをお伝えしました。

 

今の環境があっていないため、働きたくないという気持ちが生じているのです。

 

今の会社があなたに対して、最適な環境を提供できていないのが原因と言えます。

 

ブラック企業は話をすり替えて、精神論に持ち込みます。

 

鬼上司
鬼上司
甘えるな!もっと努力しろ。

これは何の解決にもなりません。

 

仕組みの力で解決を図らない会社は構造上問題を抱えていると言えます。

 

会社とあなたは対等の立場です。

あなたが提供した労働力で会社は潤っています。

 

会社は給料だけでなく、あなたに対して最適な環境を与える義務があるのです。

 

会社で働かせていただいているのではなく、あなたも会社を選ぶことができます。

 

私もかつては、会社のために頑張ろうと考えていましたが、今は違います。

 

自分に合った環境で働くほうが、自分にとっても会社にとってもお客様にとってもよい結果が得られると気づいたためです。

 

 

無理して働き続けるといつか必ずダメージを受けます。

 

痛覚のあるうちに行動をしましょう。

 

私の場合は最初の一歩はリクルートエージェントに登録することでした。

登録に使った時間は5分程度です。

 

人生を変える5分だったと言えます。

 

あなたもこれからの5分が人生を大きく変えることになるかもしれません。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

あなたの心を軽くすることができたならば、これ以上の幸せはございません。

\登録無料/
5分で登録完了
最新情報をチェックしよう!