休み明けがしんどい人へ長期休暇明けや月曜日の嫌な気持ちを消す方法9つをお伝えします

 

✔休み明けがしんどい

✔休み明けに仕事に行きたくない

✔月曜日が憂鬱だ

こんな悩みを解決します。

 

休みの日って一瞬で過ぎ去りますよね。

あなたは毎週月曜日に非常に憂うつな気持ちを抱えていないでしょうか?

 

長期休暇明けに会社に行くのがしんどく感じているならば、ぜひとも本記事を読み進めてください

 

本記事では休み明けのしんどさの原因について解説します。

また、休み明けのしんどさを軽くする具体的な方法についても紹介するのでぜひとも読み進めてください。

 

もしも、この記事を読んでいるのが、月曜日などの休み明けの朝であったとしても、すぐに使える対策を用意してあります!

 

本記事を読むことで休み明けのしんどいという思いから解放されることができますよ。

 

もしも毎日が辛すぎる場合は、「30歳でガンになるほどのストレスを抱えた私の心の痛みを消した方法」という記事も参考にしみてください。

 

関連記事

✔毎日が辛いあなたへ。心を軽くする方法をお伝えします。過酷なストレスから30歳でガンになった私の心の痛みを消した話。今日から使えます。

関連記事

毎日仕事でとても辛い思いをしているあなたへ。 この記事ではあなたの心を軽くする方法を体験談にもとづいて具体的に解説します。 会社での時間を「普通」に過ごせたら素敵だと思いませんか? そう、「普通」の状態でいいのです。 […]

 

ストレスが限界!という場合は、「大嫌いな上司に仕返しする方法!地獄に叩き落す禁断の復讐!注意、中毒性あり。」もご参照ください。

(禁断すぎる方法ですので、ご注意ください)

 

関連記事

✔大嫌いな上司に仕返しする方法!地獄に叩き落す禁断の復讐!注意、中毒性あり。

関連記事

ムカつく上司に仕返ししたい! この記事を読んでいるあなたはこんな風に考えていますね。 大嫌いな上司をあなたの思うままに屈服させることが出来たら素敵だと思いませんか?   この記事では、上司へのうっぷんを晴ら[…]

 

 

休み明けがしんどい理由

休み明けがしんどい原因についてお伝えします。

情報収集

しんどさを軽くするには「理由」について知ることが不可欠です。

これは認知療法と言い、原因を知ることで、人間は心理的な負担を軽くすることができるからです。

厚生労働省

 

休み明けがしんどい理由は、一言でいうと「休み」と「仕事」の落差(=ギャップ)によって起こります。

平日に仕事のある日と休日では生活リズムが違いますよね?

 

・精神的なギャップ

・肉体的なギャップ

 

このいずれかが「ストレス」となっており、それが「しんどい」という気持ちにつながっているのです。

ちなみに、日曜日(休日の最終日)の夕方から夜にかけて、次の日のことを考えて憂鬱になる現象をサザエさん症候群と言います。

サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日(月曜日)からまた通学や仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になること。日本における俗称である(後述するように、テレビアニメ『サザエさん』は日本国内の多くの地域で日曜日夕方に放映される)

出典:サザエさん症候群

 

本記事ではこのサザエさん症候群の影響を少なくするための方法について解説しております。

 

休み明けはしんどいと感じるのは普通

休み明けにしんどさを感じるのは「普通のこと」であるという点は重要です。

人間は「変化」に対してはストレスを感じます。

 

どれほど仕事が充実していたとしても、疲れは溜まっており休日は必要となります。

その休日と平日の切り替え時においては肉体も精神もストレスを感じることは普通なのです。

 

この認識をだまして

  • 自分は仕事が大好きだからストレスを感じない
  • 疲れたなどと言って自分を甘やかしてはいけない

 

このような考えは少々危険です。

肉体や精神の疲れに気づけなくなる恐れがあります。

 

「しんどい」というネガティブな感情を抱いてはいけないと感じてしまうと、余計に自分を追い込んでしまいます。

さきほどもお伝えしましたが、自分の気持ちを正しく認識することこそが、精神的な負担を軽くするうえでは重要なのです。

 

休み明けのしんどい原因を減らす方法

休み明けのしんどい原因を減らす方法についてお伝えします。

平日と休日のギャップを埋めるための考え方と行動です。

考え方について2つ、具体的な行動について7つお伝えします。

 

■考え方
  • 動と静のバランスを意識する
  • ゆったりするのはOK。ただしだらだらするのはNG

 

行動
  • 休み前にある程度仕事をこなしておく
  • 寝る時間はある程度均等にする
  • 暴飲暴食は避ける
  • 適度に運動する
  • 予定を詰め込みすぎない
  • 休日最終日はゆっくりする
  • 休み明けは仕事を軽くする

 

順番に解説します。

 

考え方①動と静のバランスを意識する

休み明けがしんどいときは「動」と「静」のバランスを意識した過ごし方を意識してください。

 

平日動き回るような仕事の場合に、休日も動き回ると肉体が休む暇がありません。

反対に、平日はデスクワーク中心で、休日も室内での趣味ばかりだと運動不足で不健康となります。

 

このバランスを意識しましょう。

  • 平日に「動く」仕事の場合は、休日は「静」で過ごす
  • 平日に「静」の仕事の場合は、休日は体を「動かす」

 

静とは、読書したり室内で映画をみたりした過ごし方です。

動とは軽く運動したり、出かけたりの過ごし方です。

 

静と動はどちらかだけに偏ると、体と心に負担がかかります。

平日の過ごし方とあわせて、バランスをとるようにしましょう。

 

特に長期休暇や連休の場合、静と動を組み合わせた休み方を意識してみください

 

考え方②ゆったりするのはOKだらだらするのはNG

休日をだらだらしすぎると平日とのギャップが大きくなりすぎるため、休み明けがしんどくなります。

だらだらと過ごすのはお勧めしません。

ただし、「体を休める」という意識のもとで、多少多めに寝るのはありです。

疲労を回復させるには「ゆったりする」ことは効果的だからです。

平日「動」が大きい場合は、バランスをとるために、ゆったりするべきでしょう。

そもそも休日ですので、「休む」ことが目的です。

「充実した休日」ではなくとも、疲れが取れれば休日としては十分すぎるほど目的を達成できています。

 

だらだらとゆったりの違いは「生活リズム」にあります。

休日に生活リズムを崩してしまうと、休み明けのギャップが大きくなりしんどいです。

 

ゆったりと休みつつも、生活リズムについてはある程度規則的に生活するようにしましょう。

 

行動①休み前にある程度仕事をこなしておく

休み明けのしんどいのギャップを小さくするための準備をしておきましょう。

 

具体的には、休みの前日にある程度仕事をこなしておくことです。

 

金曜日などの休前日はどうしても気持ちが浮かれて仕事を適当に終わらせがちになります。

しかし、休み明けに仕事を処理するのは自分です。

 

休みが終わるときに「休み明けにたくさん仕事がたまっている」と思い出すと憂鬱な気持ちが大きくなります。

 

これを防ぐために、可能な範囲で休みに入る前は踏ん張って、仕事をこなしておきましょう。

 

行動②寝る時間はある程度均等にする

休日は夜更かししがちですが、しんどい場合はできるだけ就寝時間は均等にしましょう。

 

睡眠は疲労回復に非常に重要な要素となります。

効率的な睡眠を得るためには、リズムを乱さないことが原則です。

 

先ほどもお伝えしましたが、生活リズムが乱れてしまうと、平日のギャップが大きくなり「しんどい」という気持ちが強くなります。

 

また、不規則な睡眠のせいで、肉体の疲労が回復されないと、さらに気持ちが落ち込みやすくなるでしょう。

できるだけ就寝時間は均一にするようにしてください。

 

行動③暴飲暴食は避ける

休み明けのしんどさを減らすには飲食も重要。

金曜日の夜や土曜日などの「休前日」はお酒を飲むことも多いでしょう。

私自身もお酒は大好きなためよく飲んでいます。

 

しかし、過度の暴飲暴食は避けましょう。

こちらも生活リズムを崩す要因となるからです。

 

過度の飲酒は睡眠を妨げます。

また、二日酔いで次の日にも影響が出る場合もあります。

内臓にも負担をかけるため、肉体的な疲労も持ち越してしまいます。

 

お酒を飲むこと自体は悪いことではありませんが、何事もほどほどに。

適量で楽しむようにしましょう。

 

行動④適度に運動する

軽く汗ばむ程度の運動をしてみましょう。

 

運動をすれば気持ちが前向きになれます。

 

ランニングにより、うつ病予防の効果があることは広く知られていますね。

散歩程度でも十分に効果があります。

目安としては一に20~30分程度歩けば十分です。

 

分割してもいいので、朝と夜など自分のやりやすいリズムで意識的に歩いてみましょう。

 

行動⑤予定を詰め込みすぎない

長期休暇などにありがちですが、予定をつめこみすぎないようにしましょう。

予定を詰め込みすぎると「静」と「動」のバランスが「動」に大きく偏ることになります。

 

旅行に行く方も多いでしょうが、予定を詰め込みすぎて、へろへろになったという経験はありませんか?

 

予定を詰め込みすぎてしまうと、体を休める暇がなくなってしまいます。

欲張りすぎずにほどほどに留めておきましょう。

 

 

行動⑥休日の最終日はゆっくり過ごす

予定の詰め込みと関連しますが、特に休日最終日はゆったりと過ごすようにしてください。

 

何度も言いますが、休み明けのしんどいという気持ちは「ギャップ」から生まれます。

 

サザエさん症候群に陥るのは、夕方に突然翌日の仕事を考えるためです。

これを防ぐために、最終日の午前中や昼頃から徐々に気持ちを翌日に向けていきましょう。

 

ゆったりと気持ちをむけていくことで、精神的なギャップを小さくして、「しんどさ」を軽減することができます。

 

行動⑦休み明けは仕事を一気にこなさない

休み明けの仕事の仕方についても工夫しましょう。

休み明けにたくさん仕事があると考えると、気持ちが落ち込みますよね?

これを防ぐために、休み明けは「少しだけ仕事をする」ようにしてください。

 

休み明けは「試運転」という位置づけでいましょう。

フル稼働するのではなく、軽めにエンジンをかけるイメージです。

 

翌日にまわせる仕事は翌日以降にまわし、早めの時間に帰宅するようにしてください。

 

月曜日の朝のしんどいをすぐ消す方法

この記事を読んでいるのが、休み明け(月曜日)の朝の場合、すでに休み中や休み前の対策は実践できませんよね?

そんなあなたのために、休み明けの朝でも実践できる対策についても紹介いたします。

(これまでお伝えした方法は、ブックマークしておいて、次回以降に利用いただければと思います。)

 

即効性のある方法

・通勤時にスマホを見ない

・通勤時に多めに歩く、階段を利用する

・日光を意識的にあびる

・仕事を始める前に少し掃除する

・単純作業に没頭する

 

順番に解説します

 

即効①通勤時にスマホを見ない

通勤時のスマホを控えるようにしましょう。

通勤中にこの記事を読んでいる場合は、読み終わったら閉じてください(笑)

 

現代は非常に情報のあふれた時代です。

仕事中も電子機器に触れて、多くの情報を処理することになります。

脳が休むことなくエネルギーを使っている状態です。

 

休ませるには、意図的に情報をカットして休息をとる必要があります。

 

スマホをいじってしまうと朝の段階から脳が疲れてしまい、仕事へ向かう気持ちが一層しんどくなってしまいます。

仕事が始まるまでは、脳のエネルギーを温存するようにしましょう。

 

窓の外を見たり、目を閉じたり、できるだけ脳に負担をかけないようしましょう。

 

即効②通勤時に多めに歩く、階段を利用する

先ほどもお伝えしましたが、軽めの運動を行うことで気持ちを前向きにすることができます。

 

通勤時を利用して運動を行うようにしましょう。

 

特に「歩行」がおススメです。

歩くことで、血行が良くなります。

 

  • 一駅多めに歩く
  • エスカレーターではなく階段を利用

 

これらの工夫で十分効果があります。

無理のない範囲で体を動かすことを意識しましょう。

 

即効③日光を意識的にあびる

日光を意識的に浴びるようにしましょう

 

日光をあびると気持ちが前向きになる「セロトニン」という物質が脳内に分泌されます。

 

セロトニンとはストレスに対して効能のある脳内物質です。

出典:セロトニンの分泌が及ぼす効果

 

直接の日光でなくても曇りや雨での天候でも大丈夫です。

通勤時の運動と組み合わせて、意識的に「外に出ている時間」を多めにとるようにしてください。

 

即効④仕事を始める前に少し掃除をする

仕事に取り掛かる前に、少し掃除をしましょう。

 

掃除は、心に対してよい影響があります。

きれいな空間にいると自然と心が穏やかになり、汚い空間にいると心が乱れますよね?

 

自身の机の上や引き出しを軽く掃除しましょう。

いらないものを捨てることで、フレッシュな気持ちで仕事に取り組むことができるようになります。

 

即効⑤単純作業に没頭する

休み明けに仕事の取り掛かりには単純作業に没頭しましょう。

人間の脳はシングルタスクのため、一度に一つのことしか考えることができないようになっています。

よって、単純作業に没頭してしまえば、「しんどい」という気持ちが入り込む余地がなくなります。

 

「朝の時間は脳が活発に動くの、難しい仕事をしよう」という意見をよく聞きますが、それはもう少し元気な時にしておきましょう(笑)

人間はロボットではありませんので、気持ちは非常に重要です。

 

休み明けのしんどいときは、まずは気持ちを乗せることを優先した働き方をしていけば十分です。

 

休み明けがしんどい~まとめ

休み明けがしんどいときの対処法をお伝えしました。

今回紹介した方法を実践すれば、休み明けのしんどさを大幅に減らすことが出来ますよ!

 

メリハリつけた働き方をしていきましょう。

 

もしも毎日が辛すぎる場合は、「30歳でガンになるほどのストレスを抱えた私の心の痛みを消した方法」という記事も参考にしみてください。

 

関連記事

✔毎日が辛いあなたへ。心を軽くする方法をお伝えします。過酷なストレスから30歳でガンになった私の心の痛みを消した話。今日から使えます。

関連記事

毎日仕事でとても辛い思いをしているあなたへ。 この記事ではあなたの心を軽くする方法を体験談にもとづいて具体的に解説します。 会社での時間を「普通」に過ごせたら素敵だと思いませんか? そう、「普通」の状態でいいのです。 […]

 

ストレスが限界!という場合は、「大嫌いな上司に仕返しする方法!地獄に叩き落す禁断の復讐!注意、中毒性あり。」もご参照ください。

(禁断すぎる方法ですので、ご注意ください)

 

関連記事

✔大嫌いな上司に仕返しする方法!地獄に叩き落す禁断の復讐!注意、中毒性あり。

関連記事

ムカつく上司に仕返ししたい! この記事を読んでいるあなたはこんな風に考えていますね。 大嫌いな上司をあなたの思うままに屈服させることが出来たら素敵だと思いませんか?   この記事では、上司へのうっぷんを晴ら[…]

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

おすすめ記事

✔大嫌いな上司に仕返しする方法!地獄に叩き落す禁断の復讐!注意、中毒性あり。

関連記事

ムカつく上司に仕返ししたい! この記事を読んでいるあなたはこんな風に考えていますね。 大嫌いな上司をあなたの思うままに屈服させることが出来たら素敵だと思いませんか?   この記事では、上司へのうっぷんを晴ら[…]

最新情報をチェックしよう!