休みの日に仕事の連絡を無視しても怒られない方法10選!ストレスを激減!

 

休みの日にも仕事の連絡が来るのが辛い

連絡を無視したいけど、無視すると怒られた

仕事の人間関係のせいで、休みの日でも連絡を無視できない

 

こんな悩みを解決します。

 

休みの日は仕事のことは忘れて切り替えたいですよね。

この記事では休みの日の仕事の連絡について解説しています。

 

頭ではわかってるけど・・・・

仕事の連絡を無視したいけど、怒られる。

人間関係の都合で連絡を無視することが出来ない・・・・。

 

そんなあなたでも大丈夫

 

この記事では、休みの日の仕事の連絡を無視する方法について、精神論ではなく「仕組み」でお伝えします。

読むことで、まったく苦労をせず自然に、休みの日の連絡の対応をしなくて良くなりますよ!

しかも具体的ですぐに実践できる方法を厳選してあります。

 

記事を書いている私はスーパーブラック企業にいました。

家にいようが、土日だろうが、お盆でも年末年始でも会社から仕事の連絡が来ます。

まったく心休まる時間がない状況

あまりのストレスに30歳でガンを経験したほどです。

関連記事:30歳でガン!スーパーブラック企業体験談

関連記事

この記事は私のスーパーブラック企業の体験談です! ブラック企業で悩んでいるあなたの心を軽くすることができます。   この世からブラック企業は消えてなくなれ! ブラック企業の経営者は地獄へ落ちろ!  […]

 

現在は休みの日に仕事の連絡はまったくありません。

本記事では、そのノウハウを余すことなく紹介します。

 

さらにスーパーブラック企業のストレスフルな状況を生き抜くために編み出した必殺技

「ストレスを激減させる方法」についても記事の後半で紹介します。

ストレスなく働ける環境は最高です。

実践することで、あなたもストレスなく働けるようになりますよ!

楽しみにしていてくださいね。

 

ちなみに「休みの日に仕事のことを考えない方法」という記事も参照ください

 

✔おススメ記事

 

休みの日に仕事の連絡をするのは法律上アウト!

まず基本的な部分を理解しておきましょう。

休みの日に仕事の連絡をしてくるのは、法律上アウトです。

 

会社は従業員を働かせるには賃金を払わなくてはいけません。

たとえ5分ほどの電話対応であっても、無給は違法となります。

参照:厚生労働省

※管理職は例外となる場合があります。

 

休みの日の連絡は、法律上アウト!

よって無視しても構いません。

 

とはいえ、「職場の人間関係」や「仕事が回らない」といった理由で、なし崩し的に電話に出ているのがあなたの現状ではないでしょうか?

 

私も経験したことがあるのでわかります。

休みの日の上司からの連絡を無視したら、怒鳴り散らされたこともあります・・・・。

普通に考えれば、上司に非があるのですが、なかなか現実は厳しいものです。

 

「法律上は」と言いながら、なかなか難しいところがありますよね。

 

休みの日に仕事の連絡が来る理由

繰り返しますが、法律上は休みの日に仕事の連絡はアウトです。

しかしまだまだ実際には、なし崩し的に対応を求められるのが現状です。

 

なぜ休みの日に連絡が来るのか?

原因について解説します。

原因を把握することで、対策が効果的になるので、きちんと理解しておきましょう。

対策については、この次に紹介しますよ!

あせらずに順番に読み進めてくださいね。

 

休みの日に仕事の連絡が来る理由①取引先からの連絡

 

休みの日の仕事の連絡で多いのは、「お客様」関係

つまり取引先です。

 

あなたの会社が休みであっても取引先は稼働している場合があります。

取引先が絡む場合は、急ぎで対応しろと言われることは多いですよね。

 

  • 取引先から連絡が会社に入る→あなたしかわからない→あなたに連絡が入る
  • 取引先から直接あなたに連絡が入る

 

会社によって休日は違います。

あなたの会社が土日祝日休みであっても、取引先が稼働している場合は連絡してくることもあるでしょう。

あるいは、あなたが土日仕事・平日休みの勤務体系の場合に、取引先から連絡が来ることもあります。

 

どんな会社にとっても、取引先は重要です。

取引先があって初めてビジネスが成立するからです。

よってあなたが取引先と連絡窓口になっている場合、「取引先のため」という名目で、休みの日に対応を求められる事象が発生しやすくなります。

 

休みの日に仕事の連絡が来る理由②上司がやばいやつ

 

続いては上司がヤバいパターンです。

仕事においては上司との関係が非常に重要。

上司によって会社員生活の満足度は大きく変わります。

・仕事

・人間関係

 

職場の悩みは大きくこの2つに集約されます。

上司は両方に密接に関わるためです。

 

まともな上司であれば、休みの日に仕事の連絡はしません。

しかしやばい上司の場合は、普通に連絡してきます。

しかも仕事の連絡に対応しなければ、ブチギレ

私の実体験ですが、あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

上司がヤバいやつの場合は、部下の休みに仕事の連絡することを何とも思っていません。

この場合は、ある意味対策は簡単です。

上司さえ封じ込めれば、連絡は無くなります。

上司を黙らせましょう。

 

後ほど、やばい上司を思い通りに操る方法をお伝えします。

簡単にできて効果抜群です。

あなたはやばい上司に振り回されて、不満が溜まっていますよね?

この記事を最後まで読むことで、上司をあなたの言いなりにさせることが出来ますよ。

 

休みの日に仕事の連絡が来る理由③年中無休で稼働している仕事

 

仕事内容によって、休みの日に連絡が来やすくなります。

具体的には「24時間365日交代制で稼働している仕事」です。

 

世間的には活動オフである夜間や休日であっても、働いている人はいます。

 

従業員は交代で勤務しますが、会社は動いているため常に「誰か」が働いている状況となります。

日常通りの稼働ならば、問題ないでしょう。

日常の業務はマニュアル化されており、いる人間で対応可能だからです。

 

しかし予想外のトラブルが発生し、現場の人間だけで対応できないという状況があります。

この場合は休みの人や帰宅している人に連絡がいく可能性が高まります。

 

特にあなたのように「仕事ができる人」ほど、突発的な対応の相談が多いです。

仕事のできない人に相談しても解決しないので当然と言えば当然。

「仕事は出来る人のところに集まる」の言葉がありますが、休みの日まで相談を受けるのは、あなたにとって負担になります。

 

このような事象は、会社が「仕組み」で解決すべきです。

突発的なトラブルの発生で、休みの人に連絡がいくのは、会社が「仕組み化」せずに、現場の従業員に丸投げしている証拠と言えます。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法

休みの日の仕事の連絡を無視する方法をお伝えします。

原因を把握したところで、いよいよ実行のフェーズに移りましょう。

全て私が実際に試した厳選された10の方法です。

 

あなたの今の状況に合わせて有効そうなものを試してくださいね。

この対策の次には、「仕事のストレスを減らす方法」を紹介します。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法①会社用電話を置いて帰る

 

あなたが会社用の携帯電話を支給されている場合は、家に持ち帰らないようにしましょう。

電話を会社に置いて帰ることです。

 

携帯電話は24時間365日どこでも連絡をとれてしまうツールです。

非常に便利な反面、休みの日も仕事の連絡に振り回されやすくなります。

 

会社用の携帯電話に対応したせいで、休日が消えてなくなった

あなたも一度はこの経験があるはずです。

 

しかしかかってきた着信を無視するのは、それはそれで精神的にきついです。

・大事な電話かもしれない

・おりかえさなくては・・・

頭の中で残り続けるからです。

 

よって、そもそも「対応できない状況」を強制的に作り上げましょう。

会社においておけば、他の誰かが着信に出て対応してくれる可能性もあります。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法②個人の連絡先を教えない

 

少々ドライな方法ですが、会社の人には個人の連絡先を教えないようにしてください。

仕事用の携帯電話を置いて帰っても、個人用の携帯電話に連絡がくることがあります。

これでは余計にストレスを溜めてしまいます。

連絡先を知らなければ、強制的にシャットアウトが可能です。

 

そもそも個人携帯に仕事の連絡をしてくるやつは「やばい人」です。

仕事以外で絶対に関わらないようにしましょう。

 

特に防ぐべきは電話番号とラインです。

この2つを教えなければ、ほとんどの連絡は防ぐことが出来ます。

どうしても教える必要がある場合は、電話番号とライン以外を伝えるようにしてください。

 

すでに広まってしまっている場合は、機会を見て連絡先を変えるようにしましょう。

おススメは一時的に2台持つことです。

プライベート用に新規で1台を契約して、友人との連絡をそちらに移行します。

しばらく様子をみて移行が終わったと判断出来たら、古いほうを解約しましょう。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法③キャラを定着させる

 

結構重要なのが、あなたのキャラクターです。

職場の人に「休みの日だけど、あの人なら対応してくれるだろう」と思わせると、連絡が来やすくなります。

この逆を目指しましょう。

 

あなたは真面目で非常に責任感の強い人です。

だからこそ休日であっても自分を犠牲にして、親身に対応しようと悩んでいます。

 

この性格には誇りをもってください。

非常に素晴らしいことです。

 

キャラクターを定着させるといっても、性格を無理に変える必要はありません。

性格を変えることは、心に非常に負担をかけてしまうので、おすすめしません。

 

重要なのは「考え方・行動」です。

性格が同じであっても、考え方や行動は変えることが出来ます。

 

ほんの少しずつの考え方・行動の積み重ねが、キャラクターを定着させるのです。

 

具体的には「オンとオフを切り替える」キャラクターの定着を目指します。

 

・プライベートを重視している言動

・仕事以外では付き合わない

 

普段から可能な範囲で実行してください。

例えば会社の飲み会などを断るようにしましょう。

繰り返すことで、「休みの日に連絡しても無駄だな」と思わせることができます。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法④休日は仕事をしない

 

そもそも論ですが、休日には仕事をしないようにしてください。

新型コロナの影響もあり、リモートワークの環境が急速に発達しました。

いつでもどこでも「仕事ができる」環境と言えます。

 

便利な反面、意図的に「仕事をしない」意識を持たないと、いつまでも仕事することになりかねません。

あなたも休みの日に仕事をしているのではないでしょうか?

 

たとえばメールチェックをしたり、資料作りの準備をしたり・・・。

休みの日に家で「ちょっとした仕事」を持ち帰って対応していないでしょうか

 

仕事をしてしまうことで、仕事が増えることがあります。

そもそも仕事には終わりがありません。

仕事を終わらせると、別の仕事を振られます。

今の仕事も「気づく」ことで、さらに作業量や対応事項が増えることがあります。

 

これを防ぐために、「休みの日は仕事をしない」を徹底するようにしましょう

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法⑤会社は必ず回る

 

休みの日の連絡を対応してしまうあなたは優しくてまじめな人です。

自分が対応しなくては困るから

この思いで自分を後回しにして、対応しています。

 

そんなあなたに伝えたいのは、「会社よりもあなた自身を大事にしてほしい」です。

会社は組織で動いています。

 

たとえば偉大な経営者の一人であるアップルのスティーブ・ジョブズ。

彼がいなくてもアップルは周っています。

 

あなたの職場も異動や退職により、誰かがいなくなっても回ってきたはずです。

会社においては、「代わり」は必ずいます。

 

しかしあなた自身の代わりは世界中どこにもいません。

 

会社のためにあなたを犠牲にする必要はまったくない

このことを常に忘れないようにしてください。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法⑥社内の人事部に密告する

 

現在の状況を社内の相談窓口に連絡してみましょう。

冒頭でお伝えしたように、休みの日に仕事の連絡をするのは法律的には「アウト」となります。

 

同じ会社であっても部署により働き方はかなり違います。

仕事内容が違うためです。

 

つまりあなたの部署では「休みの日に仕事の連絡が来るのが当たり前」でも、他の部署はそうとは限りません。

 

近年は特に「働き方改革」を進めようと、どの会社も必死になっています。

他の部署では、「建て前」ではなく、本当に改革が進んでいるケースもあります。

私も自分の部署では、休日に連絡がきまくっていましたが、他の部署では連絡は完全になく、取り締まる動きがありました。

 

この場合は、あなたの現状を訴えることとで、会社の中で改善を図ってくれる可能性はあります。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法⑦外部機関に相談する

 

会社の中で相談が難しい場合は、外部機関へ相談しましょう。

内部での改善が難しくても、外部の介入があれば改革が進むというのは良くある話です。

 

特に「対外的な評価」を気にしている会社の場合は効果抜群

情報が発達している現代では、あっという間に拡散されます。

「不払い労働をさせている」という評価をつけられることを、会社は何より恐れているのです。

 

外部機関へ相談する際に、重要になるのは「記録」です。

第三者があとから見て「休日に連絡が来ている」ことがわかることが重要です。

 

電話の場合は着信履歴が残るため、あなたの勤務実績と照らし合わせれば休みの日に連絡が来る客観的な記録となります。

可能ならば同僚と協力して、複数人の記録を集めましょう。

 

外部機関の力を使えば、会社も必死に対応し、状況が一気に改善するかもしれません。

とはいえ、外部機関に相談するのはなかなかハードルの高さを感じますよね?

私もそうでした。

その場合は、記録を集めたうえで「このままなら外部機関に相談する」と匂わせてください。

会社が恐れるのは、「社外からの評価」です。

実際に外部機関に相談しなくても、「相談するかも」と思わせれば、必死になります。

あなたの状況が改善される可能性は十分にあるでしょう。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法⑧異動する

 

会社には異動があります。

異動も有効な手段です。

同じ会社でも、職場が変われば状況が大幅に改善される可能性は大いにあります。

 

私も異動したことにより劇的に仕事の負荷が減ったことがあります。

 

異動先の仕事内容が「休みの日に仕事の連絡がない部署」ならば、一気に解決です。

異動については会社都合で起こることが一般的。

しかし実は狙って異動を起こすことは可能です。

 

私は実際に狙って異動したことがあります。

関連記事:狙って異動を起こす方法

関連記事

  ・仕事の人間関係がヤバい ・異動したい   こんなあなたにおススメです。   この記事では、会社の中で狙って異動を起こす方法を解説しています。   私は狙っ[…]

異動を狙って起こす方法は、想像以上にハードルが低いのです。

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法⑨上司を異動させる

 

こちらも異動に関する対策です。

あなたではなく他者を異動させるという手段です。

たとえば上司。

上司が変われば職場の雰囲気はがらりと変わります。

 

自分ではなく他者を異動させることについても、狙って起こすことは可能です。

私は実際に嫌いな上司を異動させたことがあります。

 

友人にも教えたところ、成功したので再現性も十分でしょう。

 

上司の人生をめちゃくちゃにできる可能性があります。

悪用厳禁でお願いします。

 

関連記事:嫌いな上司を異動させる方法

関連記事

  ・上司が嫌いだ ・上司と離れたい ・上司を異動させたい   あなたのこんな悩みを解決します。   ✔この記事の内容 嫌いな上司を異動させる方法を解説しています! […]

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法⑩上司を服従させる

 

最後の手段は上司を服従させることです。

上司を味方につければ状況は大幅に改善します。

 

上司はあなたよりも強い裁量があるからです。

裁量:自分で判断できる仕事の範囲

 

あなたには難しくても、上司の権限ならば簡単に解決できることも多いでしょう。

例えば上司が「休日に連絡するな」と職場に徹底してくれれば、一気に解決する可能性もあります。

上司自身がヤバいやつの場合は、上司からの連絡もなくなり一石二鳥です。

 

上司を服従させることはできるわけない

普通に考えればそう思いますよね?

しかし簡単な方法で、上司を服従させることはできます。

この次に詳細に解説します。

 

仕事のストレスをなくす方法

休みの日に仕事の連絡に対応しなくていい理由と無視する方法をお伝えしました。

実践すれば休みの日と仕事をきっちりと分けることが出来ますよ。

 

しかし実はもっと簡単で確実な方法があります。

それは「上司を思い通りに操る」です。

 

上司はあなたよりも権限を与えられています。

上司が、あなたの要望通りに動くようになれば職場でのストレスは一気になくなるでしょう。

 

そんな方法あるのかいな

と思うのは当然ですが、実はあります。

 

しかも信じられないくらい簡単な方法です。

 

もったいぶらずに教えると、「リクルートエージェントに登録だけしておく」です。

この方法を使えば、上司をあなたの思い通りに動かすことが出来るようになります。

登録は5分で完了し、余計な勧誘もありません。

 

登録して転職をちらつかせる

 

リクルートエージェントは転職業界の最大手です。

名前を聞けば、だれもが転職を連想しますよね。

 

リクルートエージェントに登録して、転職をチラつかせてみてください。

求人検索画面を見せると効果的です。

 

上司からすると、部下が退職すると評価が下がります。

 

あなたが転職をチラつかせれば、上司はビビりまくり。

あなたの言うことに逆らえなくなります。

 

・休みに日は仕事の対応をしないこと

・休みの日に仕事の連絡をしてこないように

・上司だけでなく同僚からの連絡もシャットアウトさせる

 

上司に伝えましょう。

私はこの方法を開発してから、休みの日の仕事の連絡は完全になくなりました。

 

今までも転職や退職を口に出してきたけど、意味がなかった!

会社に対しての不満は、誰もが一度は上司に言っていますよね。

しかしまとも相手にされなくて悔しい気持ちをすることも多いです。

 

これは上司が本気にしていないからです。

上司はあなた以外にも複数の部下を相手にしています。

 

不満を抱えている部下の中には、「やめたい」という部下は多くいます。

言い方は悪いですが、一人一人をまともに相手にしている暇はありません。

 

あなたの周りにも、口だけで「やめる」と言っている人はいませんか?

私の経験上、こういう人はやめません(笑)

 

上司に「本気でやめるかもしれない」と思わせる必要があるのです。

 

そのために必要な行動がリクルートエージェントへの登録です。

登録しただけで本気を見せられるのか?

その答えは、登録した後に使えるようになる「求人検索システム」にあります。

リクルートエージェントの場合は、登録した後には10万件を超える求人検索システムにいつでもアクセスできるようになります。

 

このシステムはスマホで操作できます。

いつでも企業に応募できる状況というわけです。

 

さらにいつでも求人票や応募した実績を画面で表示できます。

これらを見せれば、「本気で辞めるかもしれない」と誰もが思うでしょう。

 

上司に「転職するかも」と思わせたあとの会社員生活はめちゃめちゃ快適です。

 

理不尽な要求を断れる

残業をまったくしない

気に入らない仕事はやらない

自分のやりたい放題です

 

ストレスを完全になくすことができるため、同じ会社であっても信じられないくらい快適性があがります。

関連記事:【体験談】リクルートエージェントに登録だけしたら、ストレスがなくなった

関連記事

  会社でのストレスがやばい! 今すぐに何とかする方法をしりたい!   こんな悩みを解決します。   長い時間を過ごす会社で強いストレスを受けると辛いですよね。   […]

 

登録するにはどうしたらよい?

 

リクルートエージェントは登録までもスムーズです。

Webの登録は5分で完了。

そのあとは、都合のいい日にエージェントと面談すれば、いつでも10万件を超える求人システムにアクセスできるようになります。

エージェントとの面談はあなたの都合のいい日にオンラインで実施できます。

 

さらに公式に「相談だけでもOK」の記載があります。

面談の場で、仕事や上司に対しての悩みを相談してみてください。

エージェントはプロ

多くの人の仕事の悩みと接してきた経験があります。

思いもよらない可能性が見つかる場合があります。

関連記事:リクルートエージェントのメリットとデメリットまとめ

関連記事

  ・転職エージェントが怖い ・転職エージェントの登録の仕方が知りたい ・転職エージェントのメリットとデメリットが知りたい   こんな悩みを解決します。   最近の転職活動では[…]

 

面談修了後はいつでも10万件をこえる求人システムにアクセスできます。

これをながめることも、精神的に非常にいいです。

>>リクルートエージェントに登録する(公式サイトへ) 

 

休みの日の仕事の連絡を無視する方法!まとめ

休みの日の仕事の連絡を対応しなくてもいい理由と無視する方法をお伝えしました。

 

休みの日に仕事の対応を求めるのはおかしいことです。

あなたが対応しなくても、会社が対応するのは当然です。

 

本日お伝えしたテクニックを使えば、少しずつ縛られる時間が無くなっていきますよ!

自分を大事にした働き方をしてくださいね。

 

ストレスが限界!一刻も早く何とかしたい!

その場合は、リクルートエージェントに登録して転職をチラつかせてください。

 

上司をあなたの思い通りに操ることが出来るようになります。

効果は休みの日の仕事の連絡を無視できるだけに終わりません。

「上司の評価」を人質に取っている状況です。

 

上司は完全にあなたの言いなり。

求人検索画面を見せれば、やりたい放題の会社員生活が待っています。

 

エージェントと面談が終われば、いつでも求人画面を呼び出すことが出来るようになります。

Webでできるので、あなたの都合の良い最短の日を選んで指定すれば、その日から上司への主導権をにぎることができますよ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

>>リクルートエージェントに無料相談する(公式サイトへ) 

 

最新情報をチェックしよう!