毎日残業はおかしい!確実に定時退社をする方法【対策4つ】

 

・毎日残業はおかしいと思う

・毎日残業していて疲れた

・残業しない方法を知りたい

 

こんな風に考えていませんか?

 

毎日残業していると疲れますよね。

 

自分は定時で帰りたいと思っているのに、周囲が残業しているせいで帰りにくいと考えていませんか?

 

結論をお伝えすると、毎日残業という状況はおかしいです。

疑問を感じるあなたは正常ですので安心してください。

 

私はかつて毎月残業100時間越えが当たり前のブラック企業に勤めておりました。

平日は深夜まで働き土日も仕事をするのが当たり前の毎日です。

どう考えても異常ですよね。

 

しかし、ブラック企業に勤めていると感覚がマヒしてしまい、異常と感じることができなくなっていました。

周囲もやっているのだから自分も頑張らなくてはなどという風に考えていたくらいです。

本記事では、毎日残業がおかしいと思うあなたが正常である理由と、具体的に定時退社するための方法をお伝えします。

本記事を読むことで残業が毎日の日々から抜け出して、定時退社することができるようになりますよ!

 

✔記事の内容

・毎日残業が発生する理由

・毎日残業する危険性

・定時退社する方法

 

 

【おかしい】なぜ毎日残業が発生するのか

なぜ、毎日残業が発生するのかを詳しく考えていきましょう。

 

〇毎日残業が発生する理由

・人が足りていない

・配置がうまくいっていない

・仕組みになっていない

・必要なインフラが整っていない

・時間配分が非効率

・残業を当たり前という社風

 

順番に解説します。

 

毎日残業の理由①人が足りていない

人手が足りないと毎日残業が発生しやすくなります。

 

業務量に対して少ない人員で仕事をこなしていると、必然的に一人一人の労働時間が長くなるからです。

会社側が労働の負荷を正しく把握しておらず、必要な人材が配置されていないのが原因です。

 

あるいは、利益をあげるために「人件費」削減を目的として、人が補充されないなどの事情もあるでしょう。

いずれにしても、人手が足りないと残業が発生しやすくなります。

 

サッカーでは11人、野球では9人というように必要な人員がいるのが当然です。

人が足りていない状況は明らかに異常と言えます。

 

 

毎日残業の理由②配置がうまくいっていない

人の配置がうまくいかない場合も業務効率が落ちて労働時間が長くなります。

同じ人材であっても、配置によってパフォーマンスは大きく変わります。

 

会社が適切に人材を配置しなければ、どれだけ有能な人を集めても仕事を終わらせることができません。

 

たとえば将棋がわかりやすいのではないでしょうか。

同じ戦力で戦っても「指しての力量」(=誰をどこに動かすかの配置)により大きく力の開きが出てきますよね。

 

仕事においては、この指し手は会社です。

指し手がポンコツの場合は、どれだけ有能な社員を集めても効率よく仕事をまわすことができず、残業が発生してしまうことになります。

 

毎日残業の理由③仕組みになっていない

「仕組み化」されていないことも労働時間を増やす原因となりえます。

「仕組み化」とは、同じ仕事を誰がやってもこなせるようにすることです。

 

誰でも最初の作業は非常に苦労します。

しかし、会社は組織であるため、誰かがやった仕事を経験として共有することができます。

誰かの経験を水平展開することにより、一度経験した仕事を手戻りなく素早くこなすことで会社としても成長していくといえるでしょう。

 

この「仕組み化」がされていない場合は、同じようなことを何度も繰り返すことになります。

結果、労働効率が落ちて、残業時間が増える原因となるのです。

 

毎日残業の理由④必要インフラが整っていない

設備投資などをケチって必要インフラが整っていない場合も業務効率は落ちます。

たとえば私の前の会社では、15年ほど前のパソコンを使用していました。

 

理由は新しいものに買い替える費用が「もったいない」からです。

申請をしても、まともに承認されることはありませんでした。

 

最新のパソコンであれば、簡単にできるようなことも、非常に時間をかけて効率悪く作業していたのです。

 

他にも例えば、

・営業マンに車を支給しない

・サービスマンに必要な工具を渡さない

・ソフトをいつまでも更新しない

必要な設備を導入せずに、精神論で物事の解決を図る傾向がありました(苦笑)

経費削減は無能でもできます。

必要な経費を投入しない会社は経営者が無能な証拠です。

 

 

毎日残業の理由⑤時間配分が非効率

時間配分が非効率な場合も生産性が落ちます。

 

代表的な例でいえば会議がわかりやすいのではないでしょうか。

 

会議は賛否両論あります。

会議自体は必ずしも無駄とは言えません

 

しかし、「効率が悪いために無駄な会議が多い」のが現実です。

何のためにやっているかわからない会議に長い時間を割いて、肝心な仕事にまわせる時間がなくなってしまっていないでしょうか。

同じ時間であっても必要なものに時間をつかしなければ、終わる仕事も終わらせることができなくなるのはある意味当たり前と言えます。

 

毎日残業の理由⑥残業があたり前という意識

会社全体で毎日残業が当たり前という空気がある場合、残業時間が長くなります。

個人的には、この社風が要因としては一番大きいと思います。

時代の流れとしては、残業時間を減らせという風に動いていますが、組織に根付いた社風というのは簡単に変わらないというのが実情ではないでしょうか?

 

特に昔からの大企業などはそうでしょう。

・残業している人が偉い、頑張っている

・残業しない人はサボっている

 

このような考えが会社全体にある場合は、働き方改革がなかなか進んでいきません。

方針としては、残業を減らす仕組みを導入しますが、実態が伴っておらず、むしろ目に見えない残業が増えていくという事態も起こっています。

 

【おかしい】毎日残業する危険性

続いて、毎日残業する生活の危険性をお伝えします。

 

毎日残業する生活は非常に危険です。

たくさんのものを失っていき、「社畜」にされてしまいます。

 

・家族や友人の時間を失う

・仕事以外知らないため人間性を失う

・仕事ができない人間になる

・病気になる危険性がある

 

順番に解説していきます。

 

毎日残業の危険性①家族や友人の時間を失う

毎日残業すると家族や友人との時間を失います。

会社でいる時間が長くなるので、仕事以外の時間を失うのは当然と言えますね。

 

例えば、毎日残業3時間の生活をする場合、通勤や支度の時間を考えると時間はほとんど残りません。

 

また、せっかくの休日も平日の仕事の疲れを癒すためだけに費やすことになるでしょう。

 

関連記事:毎日残業3時間の生活

家族や友人と接する時間は減っていき、会社への依存度が加速度的に高まっていきます。

 

毎日残業の危険性②人間性を失う

毎日残業をすると人間性を失います。

なぜなら仕事しかやることが無くなるからですね。

 

当然のことですが、人生は仕事だけが全てではありません。

人間的に成長するためにはたくさんの経験をする必要があります。

・本を読む

・おいしいものを食べる

・旅行に行く

こういった日常の積み重ねが人生を豊かにし、あなた自身の心の成長のための栄養となります。

これらの時間を失うことは、人間性を失い会社専属ロボット(社畜)に近づいていくといえるでしょう。

 

毎日残業の危険性③仕事ができない人間になる

毎日残業していると、仕事ができない人間になります。

悩んでる人
悩んでる人
たくさん働いているから、仕事はできるようになるのでは?

こう考えるかもしれませんが、これは間違いです。

なぜなら、長く働く=たくさん働いているわけではないからです。

 

毎日残業して長く働いているのは、だらだらだと働いているにすぎません。

手際よく働くために段取りを重視する努力を放棄していると言えます。

これが習慣化してしまうと、「ただ時間をすごすだけ」の人間になり、確実に仕事はできなくなります。

 

毎日残業の危険性④病気になる危険

毎日残業していると病気になる危険性が高まります。

長時間労働は、肉体的な疲労が高まり、精神的にもストレスが溜まるからですね。

 

引用:厚生労働省「長時間労働削減に向けた取り組み」

引用:厚生労働省「過労死防止にむけた取り組み」

引用:厚生労働省「過重労働による健康被害を防ぐために」

 

しかも、恐ろしいことに病気はある日突然やってきます。

長期間で蓄積された疲労やストレスが、病気という形で吹き出すのです。

 

体も心も大きな病気になると、取り返しがつかない可能性があります。

病気になってからは遅いのです。

自分の身は自分で守らなくてはいけません。

 

 

 

【対策!】定時退社する方法

定時退社する方法をお伝えします。

冒頭でお伝えしたとおり、私は毎月残業100時間越えのブラック企業に勤めておりました。

 

しかし、その精神的ストレス肉体的ストレスから実際に大きな病気を経験し、働き方を考えるようになります。

以後、自分を大事にした働き方をするようになり、定時退社をするようになりました。

私の経験から生み出した定時退社の方法をお伝えします。

 

定時退社する方法

・いい人をやめる

・必要最低限の仕事しかしない

・基本的に全て断る

・転職する

順番に解説していきます。

 

 

定時退社する方法①いい人を辞める

定時退社するためにはいい人をやめましょう。

 

会社でいい人は「都合のいい人」にされてしまいます。

いい人を辞めるのは勇気がいりますよね。

 

どうしても、他人の反応が気になってしまい、自分の心に正直に生きられないということは誰しも経験があることだと思います。

私もそうでした。

 

いい人を辞めるためには、「嫌われる勇気」を読みましょう。

この本を読めば、自分の感情に素直に生きられることができるようになります。

 

定時退社する方法②必要最低限のことしかしない

定時退社するためには、仕事の量を減らす必要があります。

 

そのためには、必要最低限のことしかしないようにしましょう。

仕事の質を明らかにさげるのです。

・誰でもできるような簡単な仕事しかしない

・コピペを多用する

・制限時間いっぱいまで時間をつかう

 

残業が無限にある会社では、仕事をすればするほど仕事を回されてしまいます。

仕事の質を下げれば、自然と仕事が回ってこないようになります。

 

仕事の質を下げて、自分の身を守るようにしてください。

 

関連記事:毎日定時退社する方法

定時退社する方法③あらゆることを断る

定時退社するには基本的にすべてのことを断りましょう。

どれほど簡単な仕事であっても依頼を断るのです。

 

目的は仕事を、減らすためです。

普段から「ノーという人」という印象を与えておけば、あなたに依頼するときに「どうせ断られるだろう」と思わせることができます。

結果的に、どうしても引き受けなければいけないことであっても、可能な限り抵抗してください。

 

ものすごく嫌な顔をして、恩着せがましく仕事をしてあげるのです。

確実にあなたのもとに仕事が来ないようになってきます。

 

 

定時退社する方法④転職する

定時退社するには残業の少ない会社へ転職してしまいましょう。

ここまで紹介した方法をとるには、それなりのエネルギーを使います。

 

会社全体が、残業が当たり前という中で、自分だけが違う行動をとることになるためです。

しかし、そもそも残業のない会社に転職してしまえば、何もエネルギーを使うことなく自然と定時退社することができるようになります。

 

私もかつては残業100時間越えの企業に勤めていましたが、現在は残業が全くない会社に転職しました。

現在の会社では残業が当たり前であったとしても、他の会社に行けばがらりと世界が変わる可能性もあるということを忘れないでください。

 

・毎月100時間以上の残業、

・毎日怒鳴り散らされる、

・クレーム処理でストレスフル

 

会社に行きたくなさ過ぎて、毎日泣いていました。

そんな私ですが現在は非常に充実した日々を過ごしています。

 

・年収があがりすぎるほどあがった

・人間関係が良好になった

・残業がなくなった

 

ブラック企業とは真逆の環境で働いております。

転職した過去の自分に感謝でいっぱいです。

あなたがかつての私のように苦しんでいるのであれば、ぜひ一度転職を検討してみてください。

 

「何をすればいいかわからない」というかたはとりあえずリクルートエージェントに登録しておけばよいです。

 

登録は5分で完了します。

都合の良い日で面談を設定すれば、その日以降いつでも求人に応募することができるようになりますよ

 

たくさんの求人を眺めていれば、それだけでストレスが解消していきます。

この気持ちよさはぜひとも一度体験していただきたいです。

 

思い立ったが吉日。

今日のこの5分の動作があなたを救うことになるかもしれません。

 

私自身もリクルートエージェントを通じて2回の転職を経験していますが、転職するごとに生活満足度は大幅に上がっています。

 

【リクルートエージェント】

✔業界最大手

✔20万件を超える非公開求人

✔手厚いサポート

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

何をすればよいかわからないという場合も大丈夫。

転職活動の基本から業界の動向など「これでもか」というほどの情報を教えてくれます。

 

また完全無料で利用できるという点も大きなメリットです。

とりあえず登録だけしておいて、情報を無料でおいしくいただくという活用方法は特におススメです。

 

勧誘の電話なども一切ありません。

 

希望求人に対して通知設定が可能です。

私のお勧めの利用方法は、希望求人にだけ通知アラートを設定しておいて放置することです。

あとはときどき暇つぶしに求人検索するだけで十分すぎるほどの情報が得られます。

 

 

転職に関しての情報を手に入れておけば、今の仕事に対しての働き方も変わってきますよ!

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

 

 

また、自身の「自分の適性」「市場価値」を把握しておくことは非常にお勧めです。

 

ミイダスの「コンピテンシー診断」を活用すれば、質問に答えるだけで「適正年収」「向いている仕事」を教えてくれます。

 

【コンピテンシー診断】


✔登録無料で利用可能です。

✔2分で登録完了します。

✔100個以上の質問からあなたの性格を教えてくれます。

✔普通に性格診断として活用してみても面白いレベルです。私もときどき診断して遊んでいます。

完全無料で利用できます


 

Webで登録すればすぐに利用できるので、活用しないデメリットはありません。

登録は2分で完了します。

 

コンピテンシー診断とは?

質問に答えるだけで、あなたの持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司のタイプや部下のタイプなどが分かる適性テストです。

※ミイダスに本会員登録した後に無料で受験することができます。

引用元:ミイダス

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

 

 

 

毎日残業がおかしい~まとめ~

毎日残業がおかしいことについてお伝えしました。

 

・残業がないのが当たり前

・毎日残業が発生するのは会社が環境を整えていないから

・定時退社するのは当然のこと。堂々と定時退社しよう

 

残業が当たり前のように発生するのは会社として、何らかの問題を抱えています。

まともな組織ならば、残業が発生しないように対処をおこないます。

 

対策を実行していない、もしくは形だけ残業を減らそうとしてサービス残業が横行している現状です。

残念ながら、組織を変えることはできません。

 

また過去についても帰ることは不可能です。

現状、残業が当たり前の会社にいる場合は、会社に期待しても残業が減ることはないでしょう。

変えることができない部分にフォーカスして、ストレスを貯めることは前向きと言えません。

変えることができるのは、あなた自身、そして未来だけです。

 

そして、未来を変えるために必要なことは行動です。

嘆いているだけでは何も変えることはできません。

あなた自身の行動は変えることができます。

 

自分の身は自分で守るようにしましょう。

私は毎日定時退社するようになってから、人生は圧倒的に豊かになりました。

そして、定時退社をすることで人生について向き合うことができるようになり、転職という選択をしたのです。

 

人生の満足度はさらに大幅に上がりました。

あなたもできることから、行動する勇気を持ってください。

 

少しずつ確実に人生を豊かにしていくことができます。

あなたの人生はあなたのものです。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの貴重なお時間をいただけたことに感謝いたします!

 

 

 

 

>>無料でコンピテンシー診断を受診する

 

>>無料でキャリア相談する 

無料登録(公式サイト)はこちら

 

最新情報をチェックしよう!